MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

京都近郊の11月上旬から色づく穴場の紅葉おすすめスポット18選

※2019年の紅葉は色づきが遅めなので、本記事紹介スポットは11月中旬でも見頃です。
かつては11月中旬頃が見頃だった京都の紅葉ですが、地球温暖化の影響で、近年は京都の紅葉は11月下旬にピークを迎えることが多くなりました。
せっかく京都まで来ても、11月上旬だと京都中心部の紅葉はまだほんのり色づく程度です。
そこで、11月上旬に既に見頃を迎えている京都近郊のおすすめの穴場スポットを18ヶ所紹介します。
京都でも穴場スポットなら込み合うこともありません。
京都の紅葉といえば大混雑というイメージをひっくり返しましょう!

 

 

東山や嵐山など京都市内の平野部で早めに色づく紅葉穴場スポットの紹介はこちら 

media.mk-group.co.jp

洛北

京都盆地の北側には、標高600m~800m程度の丹波高原(京都北山)が京都から日本海まで延々と続きます。その山あいには盆地が点在しています。
標高が高く、京都市よりも北にあるだけあって穴場では紅葉も京都市内よりもかなり早めに色づきを迎えます。

11月上旬から見頃を迎える京都の隠れ里にある穴場の紅葉をぜひ訪れてほしいです。

① 標高848mの比叡山にある「延暦寺」〈左京区+大津市〉

延暦寺

根本中堂前 11月3日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

標高848mの比叡山の山頂付近に広がる延暦寺は、紅葉も京都市内より早くに見ごろを迎える穴場です。
標高660m付近に広がる東塔(とうどう)のあたりは、京都市内よりも単純計算で約4℃低いことになります。
延暦寺では、京都市内より20日近く早く季節が進んでいるのと同じなので、11月上旬に紅葉の見頃を迎える穴場です。

京都でいうと愛宕神社のある愛宕山よりは低いですが、観光地の紅葉スポットとしては京都でも最速の穴場スポットなのです。
しかも11月上旬に見頃を迎えるという紅葉の色づきが早いだけではなく、京都市内よりも寒暖の差が厳しいのもあって、京都市内よりも赤く色づいたモミジが出迎えてくれます。

延暦寺の紅葉

根本中道前 11月6日 撮影:MKタクシー

仏教のいろんな宗派の有名な宗祖たちも、延暦寺で厳しい修行に明け暮れつつ美しい紅葉を愉しんだことでしょう。
京都側からでも大津側からでもケーブルなどアクセスが可能。
ハイキングがてら自分の足でも登ることもできる穴場です。
11月上旬に早めの京都の紅葉名所を味わうなら、気軽にドライブがてら東塔・西塔(さいとう)・横川(よかわ)の三塔全てを回ることができるタクシーを利用するのもおすすめです。

穴場度 C

日本全国に8万近くあるという仏教寺院のなかでも、屈指の知名度を誇る比叡山延暦寺を穴場というのは少し無理があるかもしれません。
しかし、京都の紅葉特集などで延暦寺が取り上げられることは案外少なく、紅葉スポットとしてはやや穴場です。
11月初めに紅葉を見たいなら延暦寺がベストです。

延暦寺

元山大師堂(横川) 11月12日 撮影:MKタクシー
拝観情報

古文で単に「山」と言えば比叡山を指したほど、京都と関わりが深いお寺です。
京都だけではなく全国的に長く大きな勢力を誇りましたが、1571年織田信長の焼き討ちにあいほとんどの建物を焼失しました。
現在の伽藍はそれ以降に再建されたものです。
現在は京都市と大津市にまたがる広い寺域は東塔、西塔、横川の三つに別れています。
中枢である東塔の根本中堂には最澄以来1200年間一度も絶やすことなく守られてきた「不滅の法灯」が灯っています。

延暦寺

奥比叡ドライブウェイ 11月12日 撮影:MKタクシー
拝観時間
(東塔)
3月~11月 8:30~16:30(受付は30分前まで)
12月    9:00~16:00
1月~2月  9:00~16:30
拝観時間
(西塔・横川)
3月~11月 9:00~16:00(受付は30分前まで)
12月    9:30~15:30
1月~2月  9:30~16:00
拝観料 700円
TEL 077-578-0001
住所 滋賀県大津市坂本本町4220

公式HPはこちら

② 桜と紅葉が同時に楽しめる「実光院」〈左京区〉

紅葉おすすめポイント

実光院の紅葉

契心園 11月4日 撮影:MKタクシー

京都の隠れ里として知られる大原の里は紅葉の穴場でもあります。
特に京都を訪れる女性の一人旅で人気が高い紅葉スポットです。
京都よりも北にある大原は、気温が京都より低いため、紅葉も11月上旬から見頃を迎えはじめます。
大原には有名な紅葉スポットもたくさんありますが、中でも京都市内よりもかなり早めに見頃を迎える穴場が実光院です。

実光院

契心園 11月10日 撮影:MKタクシー

実光院といえは、紅葉だけではなく秋に咲く「不断桜」も有名です。
秋に咲く桜はそれほど珍しくはありませんが、紅葉と並べて観賞することを前提として配置されているのが実光院の庭園です。
桜と紅葉の夢の競演を心ゆくまで味わいましょう。

穴場度 B

紅葉で知られる大原のなかでも、実光院は三千院や寂光院ほど有名ではない、比較的穴場なお寺です。
三千院では人が多くてゆっくりと紅葉を楽しめないときでも、実光院ならそれほど混み合うことはありません。

実光院

契心園 11月13日 撮影:MKタクシー

拝観情報

隣接する勝林院の子院として、宝泉院などとともに創建されました。
客殿の南側には滝や心字池を中心とした池泉観賞式の契心園(けいしんえん)が広がり、客殿の西側には旧理覚院の池泉回遊式庭園があります。
庭園に植えられた不断桜は、秋から春まで断えることなく咲き続ける桜で、秋には桜と紅葉を同時に楽しむことができます。

実光院

契心園 11月13日 撮影:MKタクシー
拝観時間 9:00~16:00(11月は~16:30まで)
拝観料 700円(抹茶・菓子付き)
TEL 075-744-2537
住所 京都市左京区大原勝林院町187
アクセス 京都バス「大原」バス停から徒歩10分

公式HPはこちら

③ 桂川源流部の修験道場「峰定寺(ぶじょうじ)」〈左京区〉

峰定寺の紅葉

美山荘前 11月6日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

桂川の源流近くから別れた寺谷川の清流を遡った先にある大悲山峰定寺。
山あいにあるだけあって、11月上旬から中旬にかけて見頃を迎えます。
仁王門の周囲の紅葉や、寺谷川の渓流沿いの紅葉が美しく染まります。

峰定寺の紅葉

仁王門 11月10日 撮影:MKタクシー

峰定寺から歩いて片道30分のところに、高さ日本一の花背の三本杉があります。
古くから峰定寺のお神木として大切にされてきた大木ですが、2017年11月に日本一の高さであることが判明しました。
三本杉のうち、東幹が日本一の62.3m、北西幹が2位の60.7m、西幹が57.2mもの高さを誇ります。

穴場度 A

いちおう京都市内なのですが、とにかくアクセスが厳しいです。
京都の北の端という感のある鞍馬からさらに20kmも奥という、かなりの奥地です。
公共交通機関で行こうとすると、1日4本しかないバスに乗り、バス停から30分も歩かなければたどり着けません。

その割には駐車場に多くの自動車がとまっていますが、半分以上は料理旅館の美山荘のお客様です。
もとは峰定寺の宿坊として建てられた美山荘は、宿泊が1日4組限定の高級旅館です。
食事のみも可能で、摘草(つみくさ)料理と称し、季節の草花や旬の野菜や川魚を取り入れたものです。
ランチでも15,000円~と、気軽に行けるところではありませんが、多くの文化人に愛されて来た料亭です。

峰定寺の紅葉

寺谷川 11月10日 撮影:MKタクシー
拝観情報

聖護院を総本山とする本山修験宗の寺院です。
12世紀ごろ創建とされ、当時の仏像が今に伝わります。
古くから修験道場として知られ、南の大峯山に対し「北大峯」と呼称されてました。
その後いったん衰微しますが、江戸時代に入って復興しました。

峰定寺の紅葉

峰定寺 11月15日 撮影:MKタクシー
拝観時間 9:00~16:00(12月~3月へ冬季休業)
拝観料 500円
住所 京都市左京区花背原地町772
アクセス 鞍馬から車で20km


洛西

京都からひと山越えた清滝川の渓谷沿いや、京都盆地の西に連なる山々の山腹にある寺社の紅葉が、京都市内より一足早く11月上旬から色づきはじめます。

④ 古くからの紅葉名所である「高雄(たかお)」〈右京区〉

高雄

西明寺前の高雄橋 11月4日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

京都から御経坂峠(みきょうざかとうげ)を超えて山間部に入ったところに広がる別天地の紅葉スポットが高雄です。
山に囲まれている穴場だけあって、京都市内より一足早く11月上旬には紅葉を見ることができます。
清滝川の渓流沿いには、眼下の美しい清流には赤く染まったモミジが覆いかぶさるように映え、見上げると頭上を覆った紅葉のところどころから青空がのぞくという、京都市内では見られない景色を楽しむことができます。

高雄の紅葉

もみぢ橋 11月4日 撮影:MKタクシー


高雄は京都でも古くから知られた紅葉の景勝地なので、今回紹介するスポットの中では、穴場感は低めです。
それでも、京都市内の紅葉シーズンピークの有名紅葉スポットと比べると混雑度はかなり低いので、11月上旬の京都ならぜひ訪れて欲しい紅葉スポットです。

穴場度 C

高雄と言えば、天下に知られた紅葉の名所でとても穴場ではありません。
しかし、オーバーツーリズムが表面化しつつある京都では、観光客の分散化のために誘客を取り組むべき地域として高雄も選ばれています。
新しい紅葉スポットが次々と誕生する京都にあって、相対的に高雄の注目度が突出したものではなくなり、やや穴場化しているのは事実です。

高雄

もみぢ橋 11月9日 撮影:MKタクシー
見学情報

古くから京都を代表する紅葉の名所「三尾(さんび)」のひとつとされてきた高雄。
栂尾(とがのお)・槇尾(まきのお)と並んで今も美しい紅葉を楽しむことができます。
後述の高雄の神護寺のほか、槇尾の西明寺(さいみょうじ)、栂尾の高山寺などの紅葉スポットが連なり、京都市内ほどではありませんが、紅葉シーズンには多くの人々でにぎわいます。

高雄

清滝渓谷 11月10日 撮影:MKタクシー
アクセス 西日本JRバスで「京都」からバスで約50分

公式HPはこちら

⑤ 400段の石段の先に広がる紅葉の絶景「神護寺」〈右京区〉

神護寺

金堂前 10月30日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

京都を代表する紅葉の名所・三尾の中でも特に色付きが早く11月上旬に見頃を迎えるのが、400段の階段を登った先の標高200m付近に広がる神護寺です。
清滝川のV字渓谷が作った急坂にある階段の途中もたくさんの紅葉スポットがあるので、楽しみながら登ることができます。
がんばって登りきって見る穴場の紅葉は、よりいっそう美しく感じられることでしょう。

神護寺

楼門 11月9日 撮影:MKタクシー

楼門前や金堂への階段前、金堂から見下ろす景色、かわらけ投げか眺める渓谷美と、紅葉のおすすめスポットが境内にたくさんあります。
高雄の清滝川沿いと違い、からっとした明るい紅葉を楽しむことができます。

穴場度 C

高雄の中心である神護寺も穴場とは言いにくいところではあります。
しかし、400段の階段という大きな壁があり、比較的境内も広いため、紅葉トップシーズンでもそれほど混雑を感じるところではありません。

神護寺

神護寺 11月13日 撮影:MKタクシー
拝観情報

神護寺の紅葉

茶店 11月15日 撮影:MKタクシー


京都で"もみじ"といえば高雄の神護寺というほど、秋は真っ赤な紅葉で境内が彩られます。
平安時代初期、唐から帰国して京都を拠点とした空海が14年間住持し、真言宗(密教)の基礎をかため、教えを広めました。
平安前期、鎌倉期の国宝や重要文化財指定の宝物を多数所蔵しています。
楼門に至るまでの400段の石段を上るのは少し大変ですが、境内奥の地蔵院の庭からは渓谷の絶景がひろがり、厄除けの「かわらけ投げ」が出来ます。
素焼きの皿を谷に向かって思いっきり投げると気分爽快です。

拝観時間 8:00~16:00
拝観料 600円
TEL 075-861-1769
住所 京都市右京区梅ヶ畑高雄町5番地
アクセス 西日本JRバス「山城高雄」バス停から徒歩で20分

公式HPはこちら

⑥ 清滝川のV字渓谷を彩る紅葉が美しい「清滝」〈右京区〉

清滝

清滝 11月4日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

京都の渓谷美といえば保津峡が有名ですが、保津峡を流れる桂川の支流である清滝川の渓谷美の紅葉も見事です。
清滝川は、京都の茶室や庭園には欠かせない北山杉で知られる中川などから高雄を経由し、保津峡で桂川と合流します。
今回紹介するのは、清滝から桂川合流部まで下流部の穴場です。

清滝の紅葉

清滝 11月4日 撮影:MKタクシー

高雄から清滝までは「錦雲渓(きんうんけい)」と称され、錦のような美しい紅葉を楽しめる穴場です。
さらに下流の清滝から桂川の保津峡への合流部までは「金鈴峡(きんれいきょう)」と称され、黄金色に輝く紅葉を楽しめる穴場です。
錦雲渓も金鈴峡も車道は通っていませんが、渓谷沿いに遊歩道の東海自然歩道が通っており、ハイキングがてら穴場の紅葉狩りが楽しめます。
そこまで足をのばさずとも、清滝付近だけでも紅葉の渓谷美を味わうことができます。

はるばる京都の嵐山嵯峨野エリアに来てみたけど、紅葉にはちょっと早かったという場合は、穴場の清滝まで足をのばしてみてはいかがでしょうか。

穴場度 A

清滝川上流の高雄とは異なり、それほど観光客が集まるわけではない穴場です。
愛宕山登山や清滝川沿いの東海自然歩道を歩くハイカーの方が目立つ、観光スポットとしては穴場なところです。

清滝

錦雲渓 11月4日 撮影:MKタクシー
見学情報

愛宕山にある火伏りの神様である愛宕神社への登山口にあるのが清滝です。
かつては愛宕山への参詣者で賑わう門前町であり、戦前までは京都でも有名な夏の避暑地で一種のリゾート地でした。
嵐山からは戦前に嵐山と清滝とをつないだ愛宕山鉄道の廃線跡を利用した清滝トンネルを通ってアクセスします。

初夏にはホタルが飛び交い、秋には11月上旬から紅葉が美しく色づく、京都でも自然にあふれた穴場です。

清滝

金鈴峡 11月15日 撮影:MKタクシー
アクセス JR「嵯峨嵐山」から3.5km

⑦ 京都盆地を背景とした紅葉の「善峯寺(よしみねでら)」〈西京区〉

善峰寺

阿弥陀堂 11月3日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

京都西山・釈迦岳山腹の標高300m付近の高所に位置するため、京都市内より単純計算で10日ほど早く、11月上旬から紅葉が見頃を迎えます。
京都市内より紅葉の色づきが早いだけではなく、素晴らしい眺めが楽しめるのが善峯寺の紅葉の魅力です。

善峰寺

多宝塔 11月11日 撮影:MKタクシー

境内は広く高低差も大きいため、同じ紅葉でも上の方からは境内を埋め尽くすモミジと、下に広がる京都盆地を同時に味わうことができます
夕方には西山の影になってしまうので、早い時間に訪れるのがおすすめです。
境内が広大なので、あまり混雑することのない穴場です。

お隣の三鈷寺(さんこじ)も紅葉が美しいおすすめの穴場スポットなので訪れてみましょう。

穴場度 B

かつては西山門跡と言われた名刹で、今も乙訓エリアでは粟生光明寺に次ぐ紅葉スポットなので、穴場感はやや低めです。
しかし、境内は広大なためあまり混雑することはありません。
他では見られない雄大な景色が見られる紅葉の美しさと、混雑度のアンバランスさで言えば、穴場といってもおかしくないでしょう。

善峰寺の紅葉

善峰寺 11月11日 撮影:MKタクシー
拝観情報

西国三十三所の第二十番札所として信仰を集める天台宗の有力な門跡寺院です。
応仁の乱の際に堂宇は兵火により焼失し、徳川五代将軍綱吉の生母である京都生まれの桂昌院の寄進により再建されました。

春は桜、初夏は紫陽花、秋は秋明菊が乱れ咲き、11月上旬からは紅葉が美しく色づき、四季折々の花が楽しめます。
樹齢600年といわれる遊龍の松(ゆうりゅうのまつ)は国の天然記念物に指定されています。

善峰寺

山門 11月11日 撮影:MKタクシー
拝観時間 8:00~17:00(受付は16:45まで)
拝観料 500円
TEL 075-331-0020
住所 京都市西京区大原野小塩町1372
アクセス 阪急「東向日駅」から阪急バスで30分

公式HPはこちら

 

丹波

京都府は山城、丹波、丹後の三ヶ国から構成されます。
そのうち中央にあるのが丹波の国。京都近郊の亀岡や園部、美山などの口丹波エリアには、いまだほとんど知られていない、11月上旬から楽しめる紅葉の穴場スポットがたくさん残されています。

京都とはまた一味違った穴場の紅葉を楽しみに行きましょう。

⑧ 日本の原風景が広がる「美山かやぶきの里」〈南丹市美山町〉

美山かやぶきの里

美山かやぶきの里 11月3日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

気象庁の観測データによると、美山の11月10日の平均気温平年値は10.4℃で、これは京都の11月24日に相当します。
つまり、美山では京都よりも2週間早く季節が進み、11月上旬から紅葉が見頃を迎えます。
京都でよく見られる寺社や自然景観の紅葉とは一味違う、秋色に染まった農山村の紅葉を満喫することができます。

穴場度 B

裏の山を超えたらもう福井県という、京都の端にあります。
最近は、京都駅なんかでも美山かやぶきの里を売り出すポスターやチラシも見かけるようになり、昔よりは穴場感は下がっています。
しかし、実際に行ったことがあるという人は案外少ないところです。

美山かやぶきの里

美山かやぶきの里 11月9日 撮影:MKタクシー
見学情報

南丹市美山町北村には38棟もの茅葺の建物が残り、1993年に京都府内で5件目になる重要伝統的建造物に指定されました。
川、田畑、山と茅葺(かやぶき)が織りなす景観は日本の原風景とも言われ、日本だけではなく、台湾を中心に海外の観光客からも人気を博しています。

美山かやぶきの里の紅葉

美山かやぶきの里遠望とMKタクシー 11月10日 撮影:MKタクシー


単に古民家が並んでいるだけではなく、今も多くの人が日常生活を過ごしているため、生活感があふれているのも魅力です。
地元産のそばや、地元産の原料から作られたスイーツなどもいただくことができます。
古民家を使った民宿などもあり、一度は泊まってみたいです。

美山かやぶきの里の紅葉

法明寺 11月10日 撮影:MKタクシー

 

⑨ ライトアップもある亀岡の穴場「神蔵寺(じんぞうじ)」〈亀岡市〉

神蔵寺

神蔵寺 11月4日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

京都の奥座敷として知られる湯の花温泉の近くにある穴場の紅葉の名所です。
2018年の台風21号により一部の木に影響が出ましたが、庫裏前の樹齢400年といわれるイロハモミジの大木は今も健在です。
穴場だけあって、11月上旬の見頃の時期でも京都近郊なのにそれほど混雑することはありません。

神蔵寺

神蔵寺 11月7日 撮影:MKタクシー

例年11月10日前後には紅葉ライトアップも行われています。
2019年は、11月7日(木)~14日(木)に開催されます。
一日だけですが、11月9日(土)には京都でも他に例のないであろうオペラの音楽ライブも行われます。

穴場度 A

近年までは本当に知る人ぞ知るスポットでしたが、最近は亀岡でも紅葉シーズンに売り出しを図っています。
そのため、亀岡では知名度も比較的高いですが、京都市ではまだ知る人も少ない穴場です。

神蔵寺の紅葉

神蔵寺 11月9日 撮影:MKタクシー
拝観情報

782年に最澄が開いたと伝えられる古刹で、かつては清和源氏が信仰する大寺院でしたが、以仁王(もちひとおう)の挙兵に組して破れ一時荒廃しました。
明智光秀の丹波平定でも焼亡しましたが、亀山藩主の庇護を受けて復興しました。

周囲には、他にも苗秀寺(みょうしゅうじ)や積善寺(しゃくぜんじ)など、神蔵寺を上回る亀岡の超超穴場の紅葉スポットもあるので、ともに訪れることをおすすめします。

神蔵寺

神蔵寺 11月11日 撮影:MKタクシー
拝観時間 9:00~17:00
拝観料 300円
TEL 0771-23-5537
住所 亀岡市稗田野町佐伯岩谷ノ内院ノ芝60
アクセス 京都縦貫道「亀岡IC」から車で10分

公式HPはこちら

⑩ 手水鉢の中に紅葉の宝石箱が隠れる「苗秀寺(みょうしゅうじ)」〈亀岡市〉

紅葉おすすめポイント

苗秀寺の紅葉

苗秀寺 11月9日 撮影:MKタクシー

1つ前に紹介した神蔵寺もじゅうぶん穴場ですが、神蔵寺のほど近くにはさらに穴場のお寺、苗秀寺があることを知る人は少ないでしょう。
山の南側にあり日当たりがよいためか、11月上旬から美しく色づき始めます。
苔むした参道の頭上は美しい紅葉で彩られ、絶景が味わえます。

苗秀寺の紅葉

苗秀寺 11月9日 撮影:MKタクシー

参道脇に何気無く置かれた手水鉢をふとのぞくと、そこには見たことのない絶景が広がっています。
頭上の紅葉がまるで宝石箱のように手水鉢に収まっている、不思議な光景が見られるのです。
今は知られざる光景ですが、そのうちインスタ映えスポットとして大人気になる可能性を秘めています。今は訪れる人も稀ですが。

穴場度 S

本記事で初めてのS評価です。
いちおう亀岡市観光協会のホームページにも掲載はありますが、紹介文は「曹洞宗の寺院。桜、ツバキなど季節の花が美しく、特に紅葉はもえるような朱色が印象的です。」のみです。
今はまだ、京都はおろか亀岡でも知る人の少ない超穴場スポットです。

苗秀寺の紅葉

苗秀寺 11月9日 撮影:MKタクシー
拝観情報

奈良時代創建とも伝わる曹洞宗の古刹です。
丹波地方の他の寺社と同じように、明智光秀の丹波侵攻時に焼打ちにされ、1625年に再建されました。
アショカ苑という大きめの霊園を運営しています。

苗秀寺 11月9日 撮影:MKタクシー
拝観時間 日中随時
拝観料 境内自由
TEL 0771-22-0811
住所 亀岡市薭田野町佐伯大門47
アクセス 京都縦貫道「亀岡IC」から車で10分

⑪ 亀岡の産土神で紅葉の名所である「鍬山神社(くわやまじんじゃ)」〈亀岡市〉

鍬山神社

鍬山神社 11月7日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

京都の西隣にある亀岡の中心部から、のどかな田園風景を抜けた先あるのが鍬山神社です。
境内には1,000本ともいうモミジに加えてドウダンツツジも数多く植えられており、上はイロハモミジ、下はドウダンツツジが視野の全てを真っ赤に彩ります。 

例年11月上旬にライトアップが行われ、2019年は11月8日(金)~10日(日) の17:00~20:00にライトアップが行われます。
京都市内でもこの時期からライトアップがはじめている寺社はありますが、紅葉はまだ色づきはじめくらいです。京都府で11月上旬にに美しい紅葉ライトアップを見ようと思ったら亀岡まで行きましょう。

穴場度 B

京都市では知る人は少ないという意味では穴場ですが、亀岡では知らない人は少ない紅葉スポットという意味では、それほど穴場ではありません。
亀岡で紅葉といえば、最初に名前があがるスポットです。

Aでも良かったのですが、最近は中国人や台湾人の姿も見かけるようになってきたので、Bにしておきます。
遠からず京都の紅葉穴場スポットは卒業してしまうかもしれません。

鍬山神社

鍬山神社11月11日 撮影:MKタクシー
拝観情報

709年創建といわれる古社です。祭神である大己貴命(おおなむちのみこと)が、保津峡を開削して湖であった亀岡盆地を陸地としたとき、開削に使用した鍬を山積みしたことに基づいて創建されたと伝えられています。
亀岡の旧城下町で10月23日~25日に山鉾巡行などが行われる亀岡祭は、鍬山神社の祭礼です。
亀岡を代表する紅葉の名所として地元では有名です。

鍬山神社

ライトアップ 11月12日 撮影:MKタクシー
拝観時間 8:00~17:00(11/8~10は20:00まで)
拝観料 300円(紅葉期間のみ)
TEL 0771-22-1023
住所 亀岡市上矢田町上垣内22-2
アクセス 京都縦貫道「篠IC」から車で10分

公式HPはこちら

⑫ 知られざる園部の穴場紅葉スポット「龍穏寺(りょうおんじ)」〈南丹市園部町〉

龍穏寺

山門 11月12日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

気象庁の観測データによると、園部の11月10日の平均気温平年値は10.7℃で、これは京都の11月22日に相当します。
つまり、園部では京都よりも2週間近く早く季節が進んでいるのです。11月上旬には早々と紅葉は見頃を迎えます。
園部でも郊外にある龍穏寺ではさらに紅葉の色づきが早めです。

山あいにある静かなお寺ですが、観光客というよりもカメラマンに知名度が高く、紅葉の時期には京都だけではなく各地からたくさんのカメラマンが集まります。
山門からのぞく真っ赤なモミジや、レッドカーペットとしか言いようのないモミジに覆われた参道、池に映る紅葉など撮影スポットがたっぷりあります。
撮影時はマナーを守って譲り合いの心を忘れずに。

穴場度 A

観光スポットとしてはかなりの穴場ですが、撮影スポットとしては知る人ぞ知るスポットです。
紅葉シーズン以外は訪れる人も稀なところですが、紅葉シーズンはカメラマンが多く集まってきます。

龍穏寺

参道 11月12日 撮影:MKタクシー
拝観情報

1509年に創建されたつ伝わる曹洞宗の寺院です。
旧船井郡の玉雲寺(ぎょくうんじ)、徳雲寺とならんで「船井の三うん寺」と称されます。「船井ごおり三十三ヶ所観音霊場」の第2番札所でもあります。

龍穏寺

山門 11月12日 撮影:MKタクシー
拝観時間 日中随時
拝観料 境内自由
住所 京都府南丹市園部町仁江甲溝畑1
アクセス JR「園部」から車で10分

⑬ 七色に映えると評される紅葉の「西光寺」〈南丹市八木〉

紅葉おすすめポイント

西光寺の紅葉

西光寺 11月9日 撮影:MKタクシー

今回紹介する京都近郊の穴場紅葉スポットのなかでも、最も知名度が低い超穴場スポットと思われるのが、この西光寺。
南丹市八木ではそれなりに有名な紅葉スポットのはずですが、紅葉が見頃を迎える11月上旬の週末でも、観光客はちらほらしか見かけません。実際に行ってみて紅葉の美しさと人の少なさのアンバランスにびっくりしました。
ここの秋の紅葉は「七色に映える」と表現されるように、赤、黄、オレンジ、緑などがみごとなグラデーションを作り上げており、実に見ごたえがある紅葉です。

西光寺

西光寺 11月12日 撮影:MKタクシー
穴場度 S

今のところ、紅葉シーズンでもそれほど人が集まるわけではない穴場です。
しかし、人里離れた山奥というわけではなく、山陰本線の駅からも歩いて15分でいけるところにあり、京都縦貫道の八木西ICからはわずか1kmの距離にあります。
意外とアクセス良好な紅葉の穴場スポットである西光寺は、いずれは人気が出ること間違いなしの穴場です。

西光寺

西光寺 11月12日 撮影:MKタクシー
拝観情報

 756年創建と伝わる南丹市内最古の寺院で、神護寺を再興した文覚上人が得度したところです。
8月20日,23日には六斎念仏踊りが催され、府の指定無形文化財にも指定されています。
旧船井郡の「船井ごおり三十三ヶ所観音霊場」の第21番札所でもあります。

西光寺

西光寺 11月12日 撮影:MKタクシー
拝観時間 日中随時
拝観料 境内自由
住所 京都府南丹市八木町美里中石谷9
アクセス JR「吉富」から徒歩で15分

 

南山城

京都府のうち、南半分の宇治川より南側は南山城と総称されます。
名だたる紅葉スポットがある宇治は、京都市内よりも色づきが遅いくらいです。
しかし、京都より南に位置する滋賀県信楽が関西でも有数の寒いエリアであることからも分かるとおり、南山城の山間部に点在する寺社は京都市内よりもかなり低温です。
11月上旬に紅葉が見頃を迎える、京都の南山城エリアにある穴場スポットを紹介します。

⑭ 色づくのはモミジだけではない「宇治市植物公園」〈宇治市〉

宇治市植物公園

秋のゾーン 10月20日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

紅葉といえば、イロハモミジをはじめとするカエデが代表格ですが、もちろんそれだけではありません。
多彩な植物が植えられている宇治市植物公園では、ヌマスギやサクラが一足早く見頃を迎えます。
宇治の中でも最後に開発された高台にあるので、紅葉の色づきも早めです。

11月上旬には菊花展も開催され、コスモスなども見頃を迎えています。
秋のゾーンのイロハモミジも次第に赤く色づき始めています。

隣接した太陽が丘公園でもフウ(楓)やケヤキ(欅)などの紅葉がいちはやく見頃を迎えています。

穴場度 B

京都府立植物園では、紅葉シーズンにはいろいろなイベントを行い、かなりの賑わいを見せますが、宇治市植物公園は紅葉シーズンでも混雑することはあまりありません。ほゆっくりと楽しめる穴場スポットです。

宇治市植物公園

修景池 11月11日 撮影:MKタクシー
入園情報

1996年に開園したまだ歴史の浅い植物園です。
20万人に満たない人口でこの規模の植物園が維持できているのは驚くべきことです。
10haの園内には1,450種類もの植物が植えられています。
園内は春・夏・秋のゾーンに分かれ、四季を通じて多彩なイベント・展覧会が催されます。

宇治市植物公園

秋のゾーン 11月11日 撮影:MKタクシー
休園日 月曜日(祝日の場合は翌日)
入園時間 9:00~17:00(受付終了は16:00)
拝観料 大人:600円
小人:300円
幼児:無料
TEL 0774-39-9387
住所 京都府宇治市広野町八軒屋谷25-1
アクセス JR「宇治」よりバス
近鉄「大久保」よりバス

公式HPはこちら

⑮ ハート型の猪目窓で人気沸騰中の「正寿院」〈宇治田原町〉

京都府内ながら、ひとやま越えたら信楽という宇治田原の穴場紅葉スポットといえば、ハートの形をした猪目窓(いのめまど)が有名な正寿院。
もはや穴場でも何でもないくらいの人気スポットです。
11月上旬から見頃をむかえる紅葉の見どころは、やはりハートの窓から中からのぞく紅葉でしょう。
カエデやドウダンツツジが赤く色づきます。
見る角度によって、石灯籠が主役になったり、紅葉が主役になったりと変わっていkのを楽しむのもまた一興。
猪目窓がある客殿は2017年に完成したばかりで、猪目窓の奥にあるカエデもまだ小さな樹です。
成長に従って、見え方もずいぶん変わっていくことでしょう。
これからが楽しみです。

正寿院

正寿院 11月11日 撮影:MKタクシー

正寿院

正寿院 11月11日 撮影:MKタクシー

正寿院

猪目窓 11月11日 撮影:MKタクシー
穴場度 B

1年前ならA、3年前ならSがふさわしかったことでしょう。
数年後にはCになっているかもしれません。
それほど人気も知名度も急上昇中のお寺です。

正寿院の紅葉

本堂 11月11日 撮影:MKタクシー
拝観情報

宇治田原町のあと少しで滋賀県信楽という辺境の地にたたずむ正寿院。京都府内でもとても交通が不便なところですが、ハートの窓で知る人ぞ知る穴場の寺院があります。
2017年に客殿にハート形の猪目窓と花の天井画が完成してから、まだそれほどたっていませんが、今や若い女性を中心にたくさんの人が京都以外からも押し寄せています。
フォトジェニックなだけではなく、幸せを呼ぶスポットとして、京都だけではなく全国的に人気が高まっています。

正寿院の紅葉

天井画 11月11日 撮影:MKタクシー
拝観時間 9:00~16:30
拝観料 500円(お茶・菓子付き)
TEL 0774-88-3601
住所 京都府綴喜郡宇治田原町奥山田川上149
アクセス 京阪「宇治」より車で30分

公式HPはこちら

⑯ 百人一首の紅葉を詠んだ歌で有名な「猿丸神社」〈宇治田原町〉

猿丸神社

猿丸神社 11月11日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

百人一首には、紅葉を詠んだ和歌がいくつかありますが、中でも有名なのが、猿丸太夫の「奥山に もみぢふみわけ なく鹿の 声聞く時ぞ 秋はかなしき」。
国語の授業で暗唱したという人も多いでしょう。歌自体の意味が平易で皆の心に響くのも人気の一因でしょう。

猿丸神社の紅葉

猿丸神社 11月11日 撮影:MKタクシー


百人一首の歌に由来し、穴場の紅葉の名所としても整備が進められています。
猿丸太夫がいったいどこであの歌を詠んだのかはわかりません。猿丸太夫の時代には猿丸神社周辺の今の紅葉シーズンである11月上旬より早く紅葉が見頃だったのかもしれません。

穴場度 A

今はまだ宇治田原の奥にある穴場紅葉スポットです。
狛猿や猿顔絵馬などフォトジェニックな紅葉写真を撮ることができ、今後人気が上がっていくことでしょう

拝観情報

猿丸神社の紅葉

猿丸神社 11月11日 撮影:MKタクシー

京都府と滋賀県大津市との府県境付近にある、百人一首でも有名な猿丸太夫をまつる神社です。

三十六歌仙にも選ばれている猿丸太夫ですが、実は謎だらけの人物で、架空の人物だという説もあるくらいです。
そんな猿丸太夫を祭神として祀っているのが猿丸神社です。
猿丸太夫の墓が創建の由緒とされていますが、はっきりしたことはわかりません。

猿丸神社

猿顔絵馬 11月11日 撮影:MKタクシー
拝観時間 日中随時
拝観料 境内自由
TEL 0774-88-3782
住所 京都府綴喜郡宇治田原町禅定寺粽谷44
アクセス 京滋バイパス「笠取IC」より車で10分

公式HPはこちら

 

⑰ お茶だけでなく紅葉も美しい和束の「正法寺(しょうほうじ)」〈和束町〉

正法寺

正法寺 11月11日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

 「茶源郷」として知られる和束町(わづかちょう)にある京都の穴場紅葉スポットです。
お茶の花が咲く時期に、京都市内より一足早く紅葉が見頃を迎えます。
お茶を育てるの適した昼夜の寒暖差が大きい気候は、紅葉が色鮮やかに色づくのにも適しており、美しい紅葉を見ることができます。
そんな宇治茶で知られる京都のお茶どころの中心部にある正法寺は、南山城エリアを代表する穴場紅葉スポットのひとつです

紅葉が見ごろの時期である11月上旬に開催される「茶源郷まつり」も楽しみのひとつです。
2019年は11月2日(土)~3日(日・祝)に開催されます。

穴場度 A

和束随一の紅葉スポットではありますが、今のところ和束まで紅葉を見に行こうという人は少なく、穴場スポットです。
和束の中心部にも近く、もっと賑わっても良い気もするのですが、不思議です。

正法寺

正法寺 11月11日 撮影:MKタクシー
拝観情報

 744年に行基によって安積(あさか)親王の菩提を弔うために創建されたという古刹です
臨済宗永源寺派に属し、湖東の紅葉名所として知られる永源寺から多くのヤマモミジを移植し、和束を代表する紅葉スポットとして知られます

同名の「正法寺」という穴場紅葉スポットは大原野と八幡、東山にもありますが、いずれも「しょうぼうじ」と訓じます。和束だけが「しょうほうじ」です。

 

正法寺

正法寺 11月11日 撮影:MKタクシー
拝観時間 日中随時
拝観料 境内自由
TEL 0774-78-2834
住所 京都府相楽郡和束町南下河原71
アクセス 奈良交通「山の家」バス停より徒歩で5分

 

⑱ 紅葉を橋の上から見下ろせる「けいはんな記念公園 」〈精華町〉

けいはんな記念公園の紅葉

けいはんな記念公園 10月20日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

10月下旬になるとまず桂(カツラ)が色づきはじめ、紅葉谷のモミジもいち早く色づき始めます。
モミジが見頃を迎えるのは11月中旬ごろですが、11月上旬でも緑から赤へのグラデーションの紅葉を楽しむことができます。

けいはんな記念公園の紅葉

けいはんな記念公園 11月6日 撮影:MKタクシー

紅葉谷の紅葉は、下から眺めるだけではなく、観月橋からだと上から眺めることもできます。
ほぼ真下に広がるモミジという光景は、他ではなかなか見ることができないものです。

2019年は11月2日(土)〜11月24日(日)の金・土・日・祝には「紅葉ライトアップ~池に映るもみじの水鏡」が開催されます。

穴場度 B

地元の方々の間では大いに親しまれている公園ですが、観光スポットとしての知名度はそれほど高くはありません。
その大きな理由としては、近隣に他の紅葉スポットが少ない点が挙げられます。
奈良まで出るか、京田辺の酬恩庵一休寺や加茂の浄瑠璃寺あたりまで行かないとこれという紅葉スポットがありません。
紅葉スポットをはしごしたいと考えている人たちからすると、ルートから外れてしまうのでしょう。

けいはんな記念公園の紅葉

けいはんな記念公園 11月6日 撮影:MKタクシー
入園情報

京阪奈丘陵を中心に開発された学研都市で1995年に開園したのが「けいはんな記念公園」です。
もとからあった溜池の永谷池を生かし、観月橋を中心とした「水景園」は、現代の回遊式日本庭園として、京都の多くの作庭家、庭師が関わって作られました。
四季を通じて美しい公園です。

けいはんな記念公園の紅葉

けいはんな記念公園 11月19日 撮影:MKタクシー
休園日 12月28日~1月4日
入園時間 9:00~17:00(受付終了は16:30)
拝観料 一般:   200円
中学生以下:100円
TEL 0774-93-1200
住所 相楽郡精華町精華台6-1
アクセス JR「祝園」近鉄「新祝園」より2km

おわりに

京都の紅葉の見頃の時期は毎年変動します。紅葉の早い年と遅い年では、10日以上のずれがあります。
紅葉の見頃の時期にあわせて京都旅行の予定を組んでいたはずなのに、年によっては、まだあまり色づいていないなんてこともあります。

そんなときでも、MKタクシーの観光ドライバーであれば、今回紹介した11月上旬に見頃を迎える紅葉穴場スポットのように、京都市内よりも早く色づくスポットがたくさん引き出しに入っています。
定番の人気紅葉スポットはもちろん、あまり知られていない穴場紅葉スポットまで、紅葉の色づき具合にあわせて、ちょうど良い穴場紅葉スポットを効率よくご案内することができます。 

MKの観光貸切タクシーなら、京都の紅葉を心行くまで楽しむことができます。
観光・おもてなしのプロといっしょに一味ちがう京都旅行を体験してみませんか?

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

media.mk-group.co.jp

MKタクシーが提供する花と紅葉情報

リアルタイムな開花・見頃情報が知りたい方

リアルタイム開花速報花なび観光ドライバーを中心に年間約5,000件のリアルタイムな情報を提供中。
春夏秋冬を通じて全ての花に対応しています。

花・紅葉やスポットの情報が知りたい方

四季の花紅葉花・観光に関する情報をスポット・エリア別に提供中。
春夏秋冬を通じて50種以上の花に対応しています。