インスタ映えで人気急上昇中!京都の穴場紅葉スポット「柳谷観音楊谷寺」

観光
インスタ映えで人気急上昇中!京都の穴場紅葉スポット「柳谷観音楊谷寺」

京都西山の山中にある柳谷観音楊谷寺。古くから篤い信仰を集めてきたお寺です。
これまであまり知られていませんでしたが、今、紅葉の美しさで人気急上昇中の大注目寺院です。
特に柳谷観音楊谷の上書院から見た眺めは紅葉シーズンの絶景はインスタ映えすると大評判です。

MKトラベルなら、紅葉の柳谷観音楊谷寺をもっと楽しむ方法があるんです。
アクセス困難な柳谷観音楊谷寺まで乗合タクシーで格安に往復できるプランのあるので、必見です!

MKの観光貸切タクシーの詳細・ご予約はこちら

 

柳谷観音楊谷寺について

柳谷観音楊谷寺の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

 

柳谷観音楊谷寺とは

柳谷観音楊谷寺(やなぎだにかんのん ようこくじ)は、806年開創と伝わる古刹です。
空海が猿の眼病を直す不思議な湧き水を発見し、「独鈷水(おこうずい)」として広めたのがはじまりです。
柳谷観音楊谷は眼病平癒の寺院として、広く信仰を集めるようになりました。

柳谷観音楊谷寺・手水鉢の紅葉 2018年12月4日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺・手水鉢の紅葉 2018年12月4日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷は天皇家とも縁が深い格式高い寺院でもあります。
江戸時代の霊元天皇の眼病が独鈷水で治癒しました。

柳谷観音楊谷は秋の紅葉だけではなく、5千株のアジサイが咲く初夏など、四季折々の景観が人気を集めています。
2004年からは善峯寺、光明寺と並んで「西山三山」が立ち上げられ、三ヶ寺を結ぶ西山古道が復活するなど今注目の寺院です。

1887年刊行 石山旭山編「京都名所案内図会」 出典:国立国会図書館デジタルコレクション

1887年刊行 石山旭山編「京都名所案内図会」 出典:国立国会図書館デジタルコレクション

 

柳谷観音楊谷へのアクセス

シャトルバス

毎月17日の縁日のみ阪急「西山天王山」、JR「長岡京」より、柳谷観音楊谷寺までシャトルバスが運行されます。
紅葉ウィーク期間中は柳谷観音楊谷寺までシャトルバスが運行される年もありますが、2021年は11月17日(水)のみの運行です。

タクシー

阪急「西山天王山」より約10分
阪急「長岡天神」より約15分
JR「長岡京」より約15分

路線バス

阪急バス「奥海印寺」より柳谷観音楊谷寺まで徒歩40分

ハイキング

JR「山崎」、阪急「大山崎」より柳谷観音楊谷寺までコースタイム2:10

MKトラベルの乗合タクシー

2021年は、MKトラベルの旅行商品として乗合タクシーでの送迎を行います。
おすすめです。

乗合タクシーによる送迎のみのプラン

乗合タクシーによる送迎と紅葉ライトアップ「浄土の光」拝観プラン

柳谷観音楊谷寺・門前からの紅葉 色づきはじめ 2021年11月3日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺・門前からの紅葉 色づきはじめ 2021年11月3日 撮影:MKタクシー

 

柳谷観音楊谷寺の関連記事

 

 

MKの観光貸切タクシーの詳細・ご予約はこちら

 

柳谷観音楊谷寺の美しい紅葉

柳谷観音楊谷寺・参道の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺・参道の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

まずは、紅葉シーズンの柳谷観音楊谷寺の普通の楽しみ方を紹介します。
普通に見に行っても、十分素晴らしい紅葉を味わえます。

 

特別公開・上書院のインスタ映えする紅葉

柳谷観音楊谷寺・上書院の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺・上書院の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺で最も人気なのが、上書院(かみしょいん)から見る紅葉です。
上書院は、かつて皇族など特別な人しか入室できなかったお茶室です。
2015年に一般公開が始まったばかりです。

柳谷観音楊谷寺でも特別なお部屋とあって、通常一般公開は、毎月17日の縁日のみです。
しかし、紅葉ウィーク期間中(2021年は11月13日(土)~12月5日(日))は、毎日特別特別公開されます。
上書院の拝観には、共通券(入山料(700円)+上書院特別拝観料(800円))として1,500円が必要ですが、是非見てほしい、インスタ映えする紅葉の絶景が広がります。

2021年の紅葉ウィーク期間中の上書院拝観は事前予約制です。
こちらからWEB予約してください。

柳谷観音楊谷寺・上書院の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺・上書院の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺の上書院は、その名のとおり上に位置する書院です。
一階に相当する平地部分に通常の書院があり、二階に相当する向かい側の斜面上に格式高い上書院があるという構成です。
このような書院の配置は、他にほとんど例がないのではないでしょうか。

目の前には江戸時代中期に作庭された京都府指定名勝の「浄土苑」が広がります。
山の斜面という立地を巧みに利用し、石組や灯籠、植栽などを利用した枯山水庭園です。
柳谷観音楊谷寺の書院は通年拝観できます。

柳谷観音楊谷寺・書院の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺・書院の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺の書院前庭として作庭された浄土苑は、一階の書院から座って眺める座観式庭園です。
書院に座って眺める浄土苑もまた見事です。額縁のように切り取られた景色は、まるで一幅の絵画のようでインスタ映えするします。
山の斜面を生かして築いた滝石組を組み、十三仏を象徴した立石が据えられています。立石が十三の仏を表すという造りがよく分かります。
池中には飛び石や亀島が配されています。築山式の美しい枯山水庭園です。
その築山奥の上方に見えるのが、紅葉ウィーク期間に特別公開される上書院です。

江戸時代中期から末期の特徴をよく残す庭園として、1987年に京都府の名勝に指定されました。

柳谷観音楊谷寺・上書院の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺・上書院の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

向かい側の上書院からみると、書院から見たのとはまた全く異なる庭園に見えます。
柳谷観音楊谷寺の上書院奥から見た浄土苑は、紅葉と屋根が見えます。
背の高いモミジの木が美しく紅葉した部分が手に取るような位置で見ることができます。
普通は下から見上げるモミジをこのような角度で見ることはありません。

しかもモミジの奥にはいずれも京都府登録文化財である、17世紀末に建てられた本堂と庫裏(くり)の堂々たる屋根が見えます。
柳谷観音楊谷寺の上書院でしか見られないインスタ映えする紅葉の絶景です。

柳谷観音楊谷寺・上書院の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺・上書院の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

上書院の窓近くで立ち上がり、斜め下を見下ろすとまた違った紅葉の景色が見えます。
浄土苑の築山を見下ろす景色となります。

柳谷観音楊谷寺の上書院は、映画「日本のいちばん長い日(2015)」のロケ地としても使用されました。
映画のクライマックスである、主人公・阿南惟幾(あなみこれちか)の最期のシーンに登場しています。
この作品で2016年日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を受賞した、役所広司の名演が光るシーンです。自らの命と引き換えに日本を破滅から救ったのです。
役所広司さんが、上書院に泊まらせて欲しいと言ったというエピソードもあります。

柳谷観音楊谷寺がロケ地となったのを機に、縁日以外にも上書院の特別公開が行われるようになりました。
まだ知名度はあまり高くありませんが、インスタ映えするとして口コミで人気急上昇中です。

柳谷観音楊谷寺・浄土苑の紅葉 色づきはじめ 2016年11月5日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺・浄土苑の紅葉 色づきはじめ 2016年11月5日 撮影:MKタクシー

 

紅葉の花手水

柳谷観音楊谷寺・花手水の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺・花手水の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺が最近人気な理由のもう一つは、インスタ映えする花手水(はなちょうず)です。
浄土苑にある手水鉢には、四季おりおりの美しい花が行けられており、インスタ映えするとして大人気です。
上書院の斜め下にある書院の縁側にあり、すぐ近くで見ることができます。
紅葉シーズンは、 緑から赤までのグラデーション上にモミジが並べられており、インスタ映えします。

柳谷観音楊谷寺の紅葉グラデーションの花手水 11月25日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺の紅葉グラデーションの花手水 11月25日 撮影:MKタクシー

お寺さん曰く
「お庭は京都府から名勝に指定されている文化財のため、新しい花を入れられません。彩りが欲しいと思っていたときにいただいたフラワーボックスがきっかけで思いつきました。山深い当院へお参りの皆さまが心穏やかになっていただければ」
とのことです。

柳谷観音楊谷寺・花手水の紅葉 2021年11月3日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺・花手水の紅葉 2021年11月3日 撮影:MKタクシー

今や京都だけでなく日本中に広がった花手水ですが、発祥はここ柳谷観音楊谷寺です。
2017年にご住職の夫人の執事が手水鉢にアジサイを入れた写真をSNSにアップしたことが始まりです。
しばらくしてから花手水(はなちょうず)と呼ばれるようになり、人気に火が付きました。
年間を通して季節の花が生けられるようになりました。
手水鉢に花を入れるということ自体は決して突飛な発想ではなく、柳谷観音楊谷寺独自のものではありません。
いろいろなところで同じような花手水が行われてきたはずですが、「花手水」という名称でSNSで発信を始めたのは柳谷観音楊谷寺です。
モミジのグラデーションなど、発想がすごいですね。

柳谷観音楊谷寺・花手水の紅葉 見頃 2018年12月5日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺・花手水の紅葉 見頃 2018年12月5日 撮影:MKタクシー

花手水は、風や雨によってすぐに崩れてしまいます。
たまたま前日の風雨により、乱れてしまった花手水です。
これはこれで、とても美しい花手水です。

柳谷観音楊谷寺・花手水の紅葉 見頃 2018年12月5日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺・花手水の紅葉 見頃 2018年12月5日 撮影:MKタクシー

ちょうど、柳谷観音楊谷寺の方が乱れた手水鉢の復旧作業を始められたので、見守ってきました。
徐々に色が整っていき、鮮やかになる様子は見ていて楽しかったです。

 

MKの観光貸切タクシーの詳細・ご予約はこちら

 

境内の紅葉巡り

柳谷観音楊谷寺・奥之院の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺・奥之院の紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシーv

柳谷観音楊谷寺の紅葉と言えば、上書院と花手水が有名ですが、境内一円がインスタ映えする美しい紅葉で彩られます。
寒暖の差が大きい山間部にあるため、平地よりも鮮やかに色づいています。

柳谷観音楊谷寺・眼力稲荷の紅葉 見頃 2009年11月21日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺・眼力稲荷の紅葉 見頃 2009年11月21日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺の境内だけではなく、山全体が色づいているといった感じです。
時間帯によっても見える景色は全く異なります。
柳谷観音楊谷寺は概ね南に開けた地形に位置するため、天気が良いとモミジを透過した光のきらめきを楽しむことができます。

柳谷観音楊谷寺・奥之院の紅葉 見頃 2018年11月27日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺・奥之院の紅葉 見頃 2018年11月27日 撮影:MKタクシー

紅葉ウィーク期間中は、寺宝庫も特別公開されます。
2021年は、寺宝庫で天皇家下賜品が特別展示されています。

柳谷観音楊谷寺の水に映る紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺の水に映る紅葉 見頃 2017年11月17日 撮影:MKタクシー

 

限定の紅葉ライトアップ

6日間、各20名のみの限定行事

明るい時間帯も美しい紅葉ですが、柳谷観音楊谷寺では、紅葉ライトアップの行われています。
柳谷観音楊谷寺のライトアップは、事前申し込み制です。
新型コロナウイルス感染防止対策とは関係なく、開始当初より人数を限定した行事として行われてきました。
例年、たった6日だけの実施で、各回の定員は20名に限られています。
知る人ぞ知る柳谷観音楊谷寺のライトアップは、毎年あっという間に定員が埋まってしまう、まさに幻の紅葉ライトアップです。

 

拝観情報

柳谷観音楊谷寺は、長岡京から西山へと分け入った、標高240m付近の山中にあります。
毎月17日のみ阪急西山天王山駅とJR長岡京駅とを結ぶシャトルバスが運行されますが、17日以外はバスでのアクセスはできません。

柳谷観音楊谷寺の紅葉花手水 2018年12月5日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺の紅葉花手水 2018年12月5日 撮影:MKタクシー

タクシーだと、西山天王山駅から約10分、JR長岡京駅から約15分です。
車だと、京都縦貫道長岡京ICから約4km、新名神高槻ICから約10kmの道のりです。

天王山とポンポン山とを結ぶ人気ハイキングコースの途中にあるため、休憩がてら立ち寄るハイカーでも賑わいます。

2021年は、MKトラベルによる乗合タクシーでの送迎プランがおすすめです。

乗合タクシーによる送迎のみのプラン

乗合タクシーによる送迎と紅葉ライトアップ「浄土の光」拝観プラン

柳谷観音楊谷寺・浄土苑の散紅葉 2018年12月5日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺・浄土苑の散紅葉 2018年12月5日 撮影:MKタクシー

拝観時間 9:00~16:00(上書院と寺宝庫は15:00まで)
拝観料 入山料 700円
(柳谷観音紅葉ウィーク期間外は境内自由。2022年4月からは期間外も500円)
上書院拝観料 別途 800円
TEL 075-956-0017
住所 長岡京市浄土谷堂ノ谷2
紅葉ウィーク期間 2021年11月13(土)~12月5日(日)

ライトアップ(申込制)

柳谷観音楊谷寺では2018年から紅葉ライトアップが始まりました。
しかし、開催日は2021年の場合わずか6日間で、事前申込制の定員20名という狭き門です。

開催日 2021年11月20日(土)、21日(日)、23日(火・祝)、27日(土)、28日(日)、12月4日(土)
開催時間 16:45~17:45
拝観料 3,000円(限定御朱印付き)
定員 20名

柳谷観音楊谷寺の紅葉花手水 2018年12月5日 撮影:MKタクシー

柳谷観音楊谷寺の紅葉花手水 2018年12月5日 撮影:MKタクシー

 

MKの観光貸切タクシーの詳細・ご予約はこちら

 

MKトラベルで柳谷観音楊谷寺をもっと楽しむ方法

MKトラベルでは、柳谷観音楊谷寺に関連した様々なツアーを催行しています。

【京都府民割引対象】柳谷観音楊谷寺ライトアップ「浄土の光」拝観+シャトル便

MKトラベルでは、柳谷観音楊谷寺のライトアップ「浄土の光」と京都駅などからの乗合タクシーでの送迎付きツアーを催行しています。

柳谷観音楊谷寺のライトアップ「浄土の光」の寄進料+お土産込みで京都駅からなら8,000円/人、JR長岡京駅、阪急西山天王山駅からなら6,000円/人です。
これに京都府民割を適用することで、お支払い実額は京都駅から4,000円/人、長岡京駅・西山天王山駅から3,000円となり、しかもそれぞれ2,000円分/人のクーポンが発行されます。
京都駅からなら4,000円支払って2,000円のクーポンをもらえるので、実質2,000円です。
通常であればライトアップ「浄土の光」の寄進料だけでも3,000円かかるところが、実質2,000円で行けてしまいます。
長岡京駅・西山天王山駅からであれば、実質1,000円という破格の旅行商品です。

2021年11月20日(土)、21日(日)、23日(火)、27日(土)、28日(日)、12月4日(土)限定の催行です。

詳細はMKトラベルのホームページをご覧ください。

【柳谷観音 楊谷寺】紅葉ウイーク シャトル便

MKトラベルでは、柳谷観音楊谷寺と京都駅などとを結ぶ乗合タクシーでの送迎ツアーを催行しています。

2021年の柳谷観音楊谷寺の紅葉ウィークは、11月17日(水)の縁日のみ臨時のシャトルバスが運行されます。
11月17日(水)以外はシャトルバスでのアクセスはできません。
マイカーでのアクセスも可能ですが、細い山道のために運転に慣れない方にはあまりおすすめできません。

MKトラベルは、柳谷観音楊谷寺までの往復乗合タクシーを京都駅から5,000円、JR長岡京駅から2,600円、阪急西山天王山駅から2,400円で送迎します。
紅葉ウィーク期間中の2021年11月13日(土)~12月5日(日) は随時します。.

細はMKトラベルのホームページをご覧ください。

【京都府民割引対象】観光タクシーでめぐる京都西山・今年見逃せない紅葉の名所

MKトラベルが、大原野保勝会、京都市観光協会「とっておきの京都プロジェクト」とタイアップし企画したツアーです、
京都西山の柳谷観音楊谷寺、光明寺、大原野神社、善峯寺(よしみねでら)、金蔵寺(こんぞうじ)をタクシーで巡るという贅沢なツアーです。
しかも、昼食はホテル京都エミナースのレストランにて「花籠御膳」をご用意しています。

旅行代金は13,000円/人とまあまあしますが、京都府民割を適用することで、お支払い実額は8,000円/人でクーポン券が2,000円/人発行されます。
これだけの紅葉スポットをこの額で回れるのは、破格です。
柳谷観音楊谷寺はもちろん、紅葉で有名な光明寺、善峯寺に知る人ぞ知る紅葉穴場スポットである大原野神社と金蔵寺。いずれも劣らぬ素晴らしい紅葉が約束されています。
京都市内と異なり、それほど混雑することもなく、ゆっくりと楽しめることでしょう。

2021年11月20日(土)、21日(日)、23日(火・祝)~28日(日)限定の催行です。

詳細はMKトラベルのホームページをご覧ください。

柳谷観音 楊谷寺 押し花朱印体験ツアー

柳谷観音楊谷寺は、紅葉だけでなく「押し花朱印つくり」も人気を集めています。
一般向けに毎月17日の縁日のみ行われていますが、毎回即満席となってしまいます。

MKトラベルでは、縁日以外に毎月一日だけ、柳谷観音楊谷寺の上書院を特別に貸切して押し花のご朱印を作るツアーを催行しています。
MKトラベルのツアーでは、ハイヤーでの送迎や茶寮玉家の昼食付きで御朱印づくり体験ができます。
世界にひとつだけの押し花朱印を作ってみませんか?

旅行代金は11,600円/人です。
2021年はあと12月18日(土)限定の催行です。

詳細はMKトラベルのホームページをご覧ください。

押し花朱印

押し花朱印

 

柳谷観音楊谷寺 上書院特別公開 事前WEB予約

MKトラベルでは、柳谷観音楊谷寺の上書院特別公開の事前WEB予約を受け付けています(旅行商品ではありません)。

上書院事前WEB予約

1名1,500円(入山料含む)です。

詳細はMKトラベルのホームページをご覧ください。

【土日限定・早朝貸切】上書院WEB事前予約

土日祝限定で早朝貸切の事前予約も行っています。
8:30~9:00の上書院を貸切でゆったりと拝観することができます。

1組(1~4名)10,000円(入山料含む)です。

詳細はMKトラベルのホームページをご覧ください。

 

MKの観光貸切タクシーの詳細・ご予約はこちら

 

おわりに

京都を中心とするMKトラベルでは大手旅行社のパックツアーの販売だけでなく、様々な季節の自社ツアーをご提案しています。
中でも、柳谷観音楊谷寺を巡るオリジナルツアーを多数催行しています。

その他にも、MKトラベルでは、大手旅行社にはない、地域密着のユニークなオリジナルツアーを多数催行しています。
旅行ご検討、お手続きなどに関してはMKトラベルにご相談ください!

現在販売中のMKトラベルツアー一覧はこちら

 

MK観光タクシーもぜひご利用ください

京都にはたくさんの紅葉スポットがあるのでどこへ行こうか迷ってしまうこともあるかしれません。
MKの観光貸切タクシーなら、好みやご都合に合わせて効率よく京都の名所を回ることができます。
観光・おもてなしのプロといっしょに一味ちがう京都旅行を体験してみませんか?

MKの観光貸切タクシーの詳細・ご予約はこちら

 

MKタクシーが提供する京都の紅葉情報

紅葉関連記事

MKメディアの紅葉関連記事を紹介

紅葉ランキング記事

MKの観光ドライバーに聞いた、京都の紅葉ライトアップおすすめスポットランキング

MKの観光ドライバーに聞いた、京都のベスト紅葉スポットランキング

京都の知られざる混雑しない紅葉穴場スポットを40箇所を紹介

時期別の紅葉おすすめスポット紹介記事

京都郊外や丹波・南山城などの11月上旬から見頃を迎える紅葉穴場スポットを18箇所紹介

京都市内にありがなら11月中旬から見頃を迎える紅葉穴場スポットを10箇所紹介

紅葉が終わりはじめる12月でもまだまだ見頃な京都の紅葉スポットを8箇所紹介

エリア別紅葉おすすめスポット紹介記事

京都で人気の嵐山嵯峨野エリアにある知られざる紅葉穴場スポット6箇所を紹介

京都で人気の嵐山嵯峨野エリアにある拝観料不要のお得な紅葉穴場スポット6箇所を紹介

京都で人気の嵐山嵯峨野エリアで人が少ない早朝から紅葉を楽しめるスポットを紹介

いつも混雑する京都・東山エリアにある知られざる紅葉穴場スポット6箇所を紹介

美山かやぶきの里や園部など南丹市にある穴場紅葉スポットを10箇所紹介

落ち葉アートが人気の穴場スポット揃いの亀岡にある紅葉スポットを6箇所紹介

京都第二の都市であるお茶で有名な宇治の穴場紅葉スポットを12箇所紹介

石清水八幡宮などで知られる八幡の知られざる穴場紅葉スポットを8箇所紹介

スポット別紅葉紹介記事

紅葉スポットとして大人気な東福寺の通天橋がどのように色づいて行くかを追跡

滋賀県高島市マキノの有名なメタセコイア並木の紅葉紹介記事​

 

モミジ以外の紅葉/黄葉紹介記事

実は紅葉も美しい真っ赤に染まる桜紅葉(さくらもみじ)の紹介記事

鮮やかな黄色が美しい京都のイチョウおすすめ黄葉スポットの紹介記事

紅葉関連動画

MKタクシーの公式YouTubeより、紅葉関連動画の紹介

https://www.youtube.com/c/MKofficial_ch

紅葉並木が美しい京都市西京区の桂坂を車で走った動画

車でしか見られない紅葉の大展望が美しい嵐山・高雄パークウェイを車で走った動画

かやぶき屋根が残る日本の原風景が広がる紅葉シーズンの「美山かやぶきの里」を車で走った動画

紅葉のライブ配信

MKタクシーの公式インスタグラムでは、「京都の今」を伝えるインスタライブの配信を行っています。
紅葉シーズンには、京都各地の紅葉をライブ中継します。
原則として毎週火曜日と木曜日のお昼12時15分頃から約30分配信します。
その他、夜間や土日祝の特別配信も予定しています。

MKタクシー公式インスタグラム:https://www.instagram.com/mktaxi.jp/

オンラインコミュニティ会員募集中

オンラインコミュニティ会員募集中

MKトラベルがおすすめする紅葉ツアー

MKトラベルでは、京都の紅葉を満喫できる様々なツアーをご用意しています。
京都府在住の方は、お得な京都府民割を利用できるツアーも多数あります。
観光貸切タクシーとは異なり、1人からお得にご利用いただけます(最少催行人数あり)。

紅葉タクシーツアー

「とっておきの京都プロジェクト」とタイアップした京都西山の選りすぐりの紅葉名所をタクシーで巡る欲張りなツアー

紅葉拝観+送迎シャトルプラン

東福寺・通天橋の夜間特別拝観を京都駅からの貸切タクシーで訪れるツアー

アクセス困難なハート型の窓で有名な正寿院(宇治田原町)の紅葉ライトアップ「観紅会」拝観と乗合タクシー送迎付きのプラン

アクセス困難な花手水で有名な柳谷観音楊谷寺(長岡京市)の紅葉ライトアップ「浄土の光」拝観(お土産付き)と乗合タクシー送迎付きのプラン

紅葉送迎シャトルプラン

アクセス困難な大原野神社(西京区)ライトアップの乗合タクシー送迎のみのプラン

くろ谷 金戒光明寺「秋の夜間拝観」の乗合タクシー送迎のみのプラン

アクセス困難な正寿院(宇治田原町)まで毎日運行する乗合タクシー送迎のみのプラン

アクセス困難な柳谷観音楊谷寺(長岡京市)まで毎日運行する乗合タクシー送迎のみのプラン

紅葉ミステリープラン

行き先は秘密の厳選した穴場紅葉スポットを午前に訪れるミステリーツアー

行き先は秘密の厳選した穴場紅葉スポットを午後に訪れるミステリーツアー

行き先は秘密の厳選した紅葉ライトアップスポットを訪れるミステリーツアー

その他

庭園デザイナー烏賀陽百合さんのガイドで貸切の「白龍園」を訪れるツアー

事前予約制の柳谷観音楊谷寺の上書院特別公開をWEB予約(ツアーではありません)

MKの観光貸切タクシーの詳細・ご予約はこちら

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

まだ知らない京都に出会う、
特別な旅行体験をラインナップ

MKタクシーでは様々な京都旅コンテンツを
ご用意しています。