「森の京都」には紅葉の穴場がたくさん!秋の観光におすすめのスポット10選

観光
「森の京都」には紅葉の穴場がたくさん!秋の観光におすすめのスポット10選

京都には金閣・銀閣や祇園、清水寺に伏見稲荷大社など、有名な観光スポットがたくさん。
しかし京都市外にも歴史が深く見どころ満載のスポットがたくさん眠っていることはまだまだ知られていません。
今回ご紹介するのは「森の京都」。
京の都を飛び出して、自然豊かな京都の一面をご紹介します。

MKトラベルのホームページはこちら

 

 

「森の京都」って?

「森の京都」は、京都府中部の亀岡市、南丹市、京丹波町、綾部市、福知山市、京都市京北のことです。
かつての丹波国とほぼ一致します。
森林率が8割を超えるほどの森に恵まれ、美しい山々や清らかな川が流れる美しいエリアです。
京都市内とはまた異なる歴史を辿り、違った魅力にあふれています。
今も茅葺屋根や里山などが残され、日本の原風景として国内だけでなく海外からも注目を浴びています。

 

 

出雲大神宮<亀岡市>

出雲大神宮の紅葉 2017年11月12日 撮影:MKタクシー

出雲大神宮の紅葉 2017年11月12日 撮影:MKタクシー

1300年の歴史を誇る、日本一の縁結び神社!

京都府亀岡市にある出雲大神宮は、約1300年の歴史を持つ由緒正しき古社。
丹波国の一宮として、広く信仰を集めてきました。
御祭神として大国主命をお祀りし、京都最強の縁結びのご利益がいただけるパワースポットとして知られています。
出雲と言えば島根県の出雲大社が有名ですが、出雲大神宮では京都・亀岡の地から島根県の出雲大社に大国主命が遷られたと伝わっているのだそう。
そのため、出雲大神宮は「元出雲」とも呼ばれているんです。

落葉アート 2020年11月9日 撮影:MKタクシー

落ち葉アート 2020年11月9日 撮影:MKタクシー

出雲大神宮は縁結びのパワースポットとしてだけではなく、亀岡の紅葉名所としても有名です。
紅葉の散りはじめのシーズンには、境内の各地で「落ち葉アート」という落ち葉で作ったお絵描きが見られる遊び心も…。
ニコちゃん以外にも、他にもハートや動物など、訪れるタイミングによって色々な落ち葉アートが作られています。
どんなモチーフの落葉アートが見られるかは、出雲大神宮を訪れてみてのお楽しみ!

拝観情報

拝観時間 日中随時
拝観料 境内自由
TEL 0771-24-7799
住所 京都府亀岡市千歳町出雲無番地
アクセス 京阪京都交通バス「出雲神社前」より徒歩すぐ

公式ホームページ:日本一の縁結び 京都の縁結び神社 出雲大神宮

出雲大神宮の紅葉 2017年11月12日 撮影:MKタクシー

出雲大神宮の紅葉 2017年11月12日 撮影:MKタクシー

出雲大神宮の関連記事

 

 

鍬山神社<亀岡市>

鍬山神社の紅葉 2019年11月11日 撮影:MKタクシー

鍬山神社の紅葉 2019年11月11日 撮影:MKタクシー

亀岡で人気No.1紅葉スポットといえばここ!

京都市内で最も人気の紅葉の名所と言えば永観堂ですが、ここ鍬山神社(くわやまじんじゃ)は亀岡No.1の人気を誇る紅葉スポット。
境内一面に紅葉の大木が植えられていて、紅葉のシーズンにはどこを見ても燃えるような赤い紅葉で染まった風景が見られます。
小さな神社ながら視界一面に紅葉のフィルターがかかる風景は圧巻で、遠くから紅葉狩りに訪れる拝観者もいるほど。
京都のカメラマンにも定評のある、亀岡の紅葉名所です。

鍬山神社の紅葉 2020年11月12日 撮影:MKタクシー

鍬山神社の紅葉 2020年11月12日 撮影:MKタクシー

鍬山神社はJR亀岡駅からもやや離れており、街はずれにひっそりと佇む古社。
紅葉の人気スポットとは言え、アクセスのしづらいロケーションにあるため、見頃の時期でも境内は快適!
ハイシーズンは紅葉の風景をひとりじめ!…とはさすがに行きませんが、観光客で溢れることはありません。
京都市内の紅葉の名所と比べるとゆっくり拝観と散策をお楽しみいただけます。
京都市内から少し足を伸ばしてでも訪れてみてほしい、自信を持っておすすめできる観光スポットです。

拝観情報

拝観時間 日中随時
拝観料 300円 ※紅葉期間のみ
TEL 0771-22-1023
住所 京都府亀岡市上矢田町上垣内22-2
アクセス JR「亀岡」→コミュニティーバス「鍬山神社前」より徒歩すぐ

公式ホームページ:鍬山神社

鍬山神社の紅葉 2019年11月17日 撮影:MKタクシー

鍬山神社の紅葉 2019年11月17日 撮影:MKタクシー

鍬山神社の関連記事

 

 

神蔵寺<亀岡市>

神蔵寺の紅葉 2019年11月9日 撮影:MKタクシー

神蔵寺の紅葉 2019年11月9日 撮影:MKタクシー

モミジの大木が見事な亀岡の超穴場紅葉スポット!

京都市内に比べて、亀岡以北の森の京都エリアのお寺はどこでも比較的ゆっくりと紅葉が楽しめます。
中でもおすすめの紅葉穴場スポットがここ、神蔵寺(じんぞうじ)。
神蔵寺は源頼光や源頼政も篤く信仰したと言われ、源氏に所縁の深いお寺です。
かつては広大な境内を有した大寺院でした。
こちらも鍬山神社と同じくアクセスが難しい亀岡市街地のはずれにあることもあって、京都の紅葉ハイシーズンでもゆっくりと拝観することができます。

神蔵寺の紅葉 2019年11月15日 撮影:MKタクシー

神蔵寺の紅葉 2019年11月15日 撮影:MKタクシー

境内は広くはありませんが、その分紅葉の大木の存在感は抜群。
視界いっぱい紅葉で埋め尽くされるような、秋の絵になる風景がひとりじめできちゃいます!
とくに本堂の石段下にある紅葉は目を惹く一本。
こちらの下には床几台が設置されているので、少し足を休めてゆっくりと神蔵寺の秋の風景と静かな時間を楽しみましょう!

拝観情報

拝観時間 9:00~17:00
拝観料 500円
TEL 0771-23-5537
住所 京都府亀岡市稗田野町佐伯岩谷ノ内院ノ芝60
アクセス 京阪京都交通「グリーンハイツ口」より徒歩20分
亀岡ICより10分

公式ホームページ:神蔵寺

2017年11月12日 撮影:MKタクシー

2017年11月12日 撮影:MKタクシー

神蔵寺の関連記事

 

 

苗秀寺<亀岡市>

苗秀寺の紅葉 2020年11月16日 撮影:MKタクシー

苗秀寺の紅葉 2020年11月16日 撮影:MKタクシー

知る人ぞ知る、隠れた亀岡のもみじ寺

知る人ぞ知る、隠れた紅葉の穴場スポットをお探しならこちら、苗秀寺(みょうしゅうじ)へどうぞ。
苗秀寺の歴史は奈良時代にまで遡り、戦国時代にはかの明智光秀公による焼き討ちで焼失したこともあると伝えられています。
先ほど紹介した神蔵寺と1kmほどしか離れていないので、神蔵寺と苗秀寺は一緒に訪れるのがおすすめです。

手水鉢に浮かぶ紅葉 2019年11月15日 撮影:MKタクシー

手水鉢に浮かぶ紅葉 2019年11月15日 撮影:MKタクシー

苗秀寺では春は桜が、冬には椿が、そして秋には見事な紅葉が境内を彩ります。
参道では苔と散り紅葉のコントラストが美しく、古社の雰囲気満点の御手水には紅葉が浮かび反射する…そんなインスタ映え抜群の被写体もたくさん!
観光寺院ではないので、見頃の時期に訪れても苗秀寺の紅葉の風景を文字通りひとりじめできちゃうかも。

他にも珍しい石の山門や、お寺の周りに巡らされた石垣、鳥の像がとまっている鳥居、モダンな本堂などお寺自体も見どころ抜群なので、亀岡観光の際には要チェック!

拝観情報

拝観時間 日中随時
拝観料 境内自由
TEL 0771-22-0811
住所 京都府亀岡市薭田野町佐伯大門47
アクセス 京阪京都交通「上佐伯」より徒歩5分
亀岡ICより10分

亀岡市観光協会ホームページ:苗秀寺 – 亀岡市観光協会

苗秀寺の紅葉 2019年11月26日 撮影:MKタクシー

苗秀寺の紅葉 2019年11月26日 撮影:MKタクシー

苗秀寺の関連記事

 

 

龍穏寺<南丹市>

龍隠寺の紅葉 2019年11月27日 撮影:MKタクシー

龍穏寺の紅葉 2019年11月27日 撮影:MKタクシー

SNSでも話題沸騰!秋の情緒たっぷりのお寺

南丹市園部にある龍穏寺(りょうおんじ)の秋の風景が、京都のカメラ好きの間で話題沸騰中!
山門へと続く道に散り紅葉のレッドカーペットが敷かれる散りはじめの時期が特に人気なんです。
斜面一面が真っ赤に染まる風景はどこか妖艶さがあり、門の向こうは異世界に繋がっているような気がするほど。
和歌にも詠まれたような、まるで一枚の絵画のような、深い秋の情緒を感じさせる風景が見られます。

紅葉越しに見下ろす市街地 2017年11月12日 撮影:MKタクシー

紅葉越しに見下ろす市街地 2021年11月14日 撮影:MKタクシー

龍穏寺はその紅葉の風景の美しさがネット上で話題になり、秋の紅葉シーズンにはカメラを携えた拝観者がたくさん訪れるようになりました。
森の京都エリアには紅葉の穴場スポットは多いですが、ここでは人をフレームに入れずに風景写真を撮るのは難しくなっています。
しかし龍穏寺はもともと観光寺院ではありません。
訪れる際は拝観マナーを守って紅葉観賞を楽しみましょう。

拝観情報

拝観時間 日中随時
拝観料 境内自由
TEL 0771-62-0737
住所 京都府南丹市園部町仁江甲溝畑1
アクセス 京阪京都交通「船阪」より徒歩10分

龍穏寺の紅葉 2017年11月12日 撮影:MKタクシー

龍穏寺の紅葉 2017年11月12日 撮影:MKタクシー

龍隠寺の関連記事

 

 

生身天満宮<南丹市>

生身天満宮の紅葉 2020年11月18日 撮影:MKタクシー

生身天満宮の紅葉 2020年11月18日 撮影:MKタクシー

実は北野天満宮よりも古い!?日本最古の天満宮

学問の神様で知られる菅原道真公に所縁の神社と言えば、京都ではやっぱり総本宮の北野天満宮が有名。
しかし実は南丹市園部にある生身天満宮(いきみてんまんぐう)こそが、日本最古の天満宮と言われています。

生身天満宮は菅原道真公の存命中に創建された日本で唯一の神社です。
菅原氏の領地であった園部は、菅原道真公もたびたび訪れた所縁の地。
大宰府に左遷されてしまった菅原道真公を偲んで生祠としてお祀りしたため、生身天満宮と名づけられました。

生身天満宮の紅葉 2020年11月18日 撮影:MKタクシー

生身天満宮の紅葉 2020年11月18日 撮影:MKタクシー

地元の人たちから氏神として慕われる生身天満宮は紅葉の穴場スポット!
小さな境内が色とりどりの紅葉のグラデーションや銀杏の黄金色で染まります。
どこか懐かしさを感じる秋の風景に、通りがかりに思わず足を止めてしまう、そんな神社です。

拝観情報

拝観時間 日中随時
拝観料 境内自由
TEL 0771-62-0535
住所 京都府南丹市園部町美園町1号67番地
アクセス JR「園部」より徒歩12分

公式ホームページ:日本最古の生身天満宮公式サイト

生身天満宮の紅葉 2020年11月18日 撮影:MKタクシー

生身天満宮の紅葉 2020年11月18日 撮影:MKタクシー

生身天満宮の関連記事

 

 

琴滝・玉雲寺<京丹波町>

玉雲寺の紅葉 2019年11月16日 撮影:MKタクシー

玉雲寺の紅葉 2019年11月16日 撮影:MKタクシー

京丹波の隠れたフォトジェニックスポット

玉雲寺は室町時代から戦国時代にかけて須知氏(しゅうちし)の城砦として使用されていた山の麓に建つお寺。
明智光秀の丹波攻略の侵攻により落城した際に一度焼失しましたが、その後光秀の手によって玉雲寺として再興されたという歴史があります。
京都観光ではあまり名前の挙がらない知る人ぞ知るスポットですが、明智光秀の激動の時代の足跡を辿るには欠かせません。
歴史ファンの方にはぜひ訪れてみてほしいお寺です。

琴滝 2021年11月14日 撮影:MKタクシー

琴滝 2021年11月14日 撮影:MKタクシー

近くにある名勝・琴滝と合わせて、玉雲寺は京丹波の紅葉の名所でもあります。
紅葉の絨毯が敷き詰められる時期の晩秋の風景には、この地にまつわるエピソードも相まってどこかもの悲しい気持ちにさせられます。
アクセスしづらいエリアかつロケーションなのもあって、秋の京都観光ハイシーズンでもほぼ貸切!
京都市内の名スポットにも負けない、フォトジェニックな紅葉を独り占めするならここ、玉雲寺がおすすめです。

拝観情報

拝観時間 日中随時
拝観料 境内自由
TEL 0771-82-0628
住所 京都府船井郡京丹波町市森滝見9
アクセス JR西日本バス「琴滝道」より徒歩15分
丹波ICより4分

 

 

 

山家城址<京都府綾部市>

山家城址の紅葉 2021年11月17日 撮影:MKタクシー

山家城址公園の紅葉 2021年11月17日 撮影:MKタクシー

明智光秀に攻め落とされた城址

山家城(やまがじょう)はかつて甲ヶ峰山の山頂に築かれた山城でしたが、山頂のお城は明智光秀に攻略されて廃城となりました。
今の山家城はその後山家藩主の谷氏によって築かれたお城で、山家城址公園として整備されています。
山家城址公園には焼失した陣屋の櫓門が復元されていて、2階は谷氏に関わる資料館になっています。
櫓門と紅葉のコラボレーションは、まるで戦国時代当時の秋の風景を見ているよう。

山家城址の紅葉 2019年11月16日 撮影:MKタクシー

山家城址の紅葉 2019年11月16日 撮影:MKタクシー

山家城址には当時のままの土塁や堀も残っているので、歴史上の人物もその目で見たであろう紅葉に思いを馳せてみよう!
高台にある城址からは、由良川や山家の町並みを見渡すことができます。
秋や冬の朝であれば、雲海も見られるかもしれません。
なお、公園内にある山家城資料館の見学には事前予約が必要なのでご注意。

甲ヶ峰山の山頂にあった城跡へは、公園横にある伊也神社から登ることができます。
案内板があるので安心ですが、舗装されて舗装されていない登山道になっているので、履き慣れた靴で訪れるのがおすすめ。

入園情報

入園時間 日中随時
入園料 無料
TEL 0773-46-0345(山家地区自治会連合会)
住所 京都府綾部市広瀬町上ノ町76
アクセス あやバス上林線「山家」より徒歩15分

綾部市観光協会ホームページ:山家城址公園 | 綾部市観光ガイド

 

 

丹州華観音寺<福知山市>

丹州華観音寺のあじさい 2018年6月19日 撮影:MKタクシー

丹州華観音寺のあじさい 2018年6月19日 撮影:MKタクシー

四季折々の草花が彩る花の寺

丹州華観音寺は名前の通り、丹波を代表する花の寺として知られるお寺です。
中でも特に人気なのが、初夏のあじさいの季節。
あじさいが咲き誇る境内の中を鶏が闊歩し、その光景はまるで伊藤若冲の絵のようだとSNSでも話題になりました。

丹州華観音寺の紅葉 2021年11月17日 撮影:MKタクシー

丹州華観音寺の紅葉 2021年11月17日 撮影:MKタクシー

秋の花の寺では、境内のいたる所で立派な紅葉が見られます。
丹州華観音寺に足を踏み入れると、おおきな紅葉の木が頭上を覆います。
紅葉越しに降りそそぐ黄金色の木漏れ日がフォトジェニックポイントです。
また境内全体を秋色に染め上げるかのような紅葉の風景も見どころ。

丹州華観音寺は電車でのアクセスがしやすい上、どのシーズンでも比較的人が少なくゆっくりと楽しめる穴場スポットなので、森の京都エリアを観光するなら激推しのおすすめスポットです!

拝観情報

拝観時間 9:00~16:00
拝観料 400円
※あじさい期間のみ
TEL 0773-27-1618
住所 京都府福知山市観音寺1067
アクセス JR「石原」より徒歩15分

公式ホームページ:華觀音寺HP TOP

丹州華観音寺の紅葉 2021年11月17日 撮影:MKタクシー

丹州華観音寺の紅葉 2021年11月17日 撮影:MKタクシー

丹州華観音寺の関連記事

 

 

福知山城<福知山市>

福知山城の紅葉 2021年11月17日 撮影:MKタクシー

福知山城の紅葉 2021年11月17日 撮影:MKタクシー

光秀が築いた福知山を見守る城

最後にご紹介する森の京都の注目スポットは、福知山城です。
福知山城は丹波国を平定した明智光秀公によって築かれ、新たに城下町として現在の福知山が作られました。
明治時代に廃城となってから長らく天守は失われていましたが、市民からの寄付によって1986年に復興され、今では福知山市のシンボルとして親しまれています。

福知山城の紅葉 2021年11月17日 撮影:MKタクシー

福知山城の紅葉 2021年11月17日 撮影:MKタクシー

現在福知山城周辺は、福知山城公園として整備されています。
天守へと続く道程では、春には桜が咲き誇り、秋には鮮やかに紅葉し、そして夏には明智家の家紋の桔梗の花も…。
季節の草花と城郭のコラボレーションを眺めながらゆっくりと散策してみよう!

福知山城公園内にあるゆらのガーデンでは、城郭を眺めながらのお食事がお楽しみいただけますよ。
色んなジャンルの料理店がオープンしているので、訪問前はマストチェック!

入館情報

営業時間 9:00~17:00(16:30受付終了)
休館日 火曜日(祝日の場合は翌日)
12月28日~31日
1月4日~6日
入館料 大人:330円
小人:110円
TEL 0773-23-9564
住所 京都府福知山市字内記5番地
アクセス JR・京都丹後鉄道「福知山」より徒歩15分

公式ホームページ:【公式】福知山城 明智光秀が築いた城

 

 

おわりに

森の京都エリアはほとんどが山間部ということもあり、観光スポットを訪れるには公共交通を乗り継がなければならなかったり、最寄駅やバス停からかなり歩かなければならなかったり…。
京都市内観光のように一日に何スポットも巡るのは難しいのが事実。
せっかくの京都観光、せっかくならグルメやお土産も含めて森の京都の魅力を楽しんでほしい…
そんな気持ちからMKトラベルの森の京都エリアを巡るタクシー観光プランは生まれました!

今回ご用意したツアープランは2種類!
亀岡・南丹エリアと綾部・福知山エリアに分け、それぞれのおすすめスポットをタクシーで巡ります!
この秋は森の京都で、まだ見たことのない京都の魅力に触れてみませんか?

MKトラベルのホームページはこちら

森の京都の関連記事

MKトラベルの関連記事

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

まだ知らない京都に出会う、
特別な旅行体験をラインナップ

MKタクシーでは様々な京都旅コンテンツを
ご用意しています。