MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

紅葉の落ち葉アートに超穴場スポット!亀岡の紅葉おすすめスポット6選

f:id:mk_taxi:20191115084629j:plain

京都市の西にある亀岡は、丹波国の国府が置かれ、古代以来丹波の中心地でした。
今も歴史ある古刹や古社で美しい紅葉を楽しむことができます。
混雑する京都市内とは異なり、穴場揃いの亀岡では混み合うことも稀です。
紅葉ライトアップもゆったりと楽しむことができます。

亀岡では、散った紅葉を使った「落ち葉アート」が盛んです。
2017年からは亀岡市主催で「かめおか落ち葉アートコンテスト」というフォトコンテストが開催されています。
早いところでは11月上旬から見頃を迎える亀岡の紅葉スポットを6ヶ所紹介します。

 

亀岡の紅葉おすすめスポット6選

① 出雲大神宮(いずもだいじんぐう) 

出雲大神宮の落葉アート

落ち葉アート「鳥と犬」 11月12日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

亀岡を代表する紅葉の名所としても知られますが、紅葉そのものよりも有名なのが、紅葉の落ち葉で描かれた「落ち葉アート」。
近年は出雲大神宮だけではなく、いろんな亀岡の寺社が落ち葉アートで売り出しています。
見頃は11月中旬~下旬ごろです。落ち葉アートはもう少し長期間楽しむことができます。

出雲大神宮の落葉アート

落ち葉アート「子ども」 11月16日 撮影:MKタクシー

イチョウの黄葉あるいはモミジの紅葉を使っての単色のシンプルな作品だけでなく、赤や黄、茶色などの葉を組み合わせたカラー作品まで、多彩な落ち葉アートが出雲大神宮の境内を彩ります。
形もハート形などシンプルなものから、顔の表情まであらわしたものまで、多彩です。
早朝に出雲大神宮を訪れると、売店の方々がほうきで巧みに落ち葉アートを作っているところを見ることができます。

2019年は11月15日(金)~17日(日)に紅葉ライトアップも行われます。

出雲大神宮の落葉アート

落ち葉アート「犬」 12月3日 撮影:MKタクシー
拝観情報

1,300年の歴史を誇る丹波国一之宮である出雲大神宮。
あの有名な出雲大社も、出雲大神宮から分霊して創建されたともいわれるほどの古社です。
今も縁結びの神様として亀岡市民のみならず、広く信仰を集めています。

出雲大神宮の落葉アート

落ち葉アート「ハート」 12月4日 撮影:MKタクシー
拝観時間 日中随時
拝観料 境内自由
TEL 0771-24-7799
住所 亀岡市千歳町出雲無番地
アクセス JR「亀岡」から京都交通バス「出雲神社前」で下車すぐ

紅葉ライトアップについて

開催時間 11月15日(金)~17日(日)
開催時間 17:00~20:00
拝観料 境内自由

出雲大神宮公式HP

 

② 神蔵寺(じんぞうじ)

神蔵寺

神蔵寺 11月4日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

最近、亀岡の紅葉スポットとして人気上昇中の神蔵寺。
主役は何といっても森の京都「天上の木40選」に選ばれている樹齢400年のモミジの大木です。
天上の木40選のなかでも、美しく紅葉するモミジの木はここと京丹波町の酒治志神社(すじしじんじゃ)だけです。

神蔵寺

神蔵寺 11月7日 撮影:MKタクシー

実は神蔵寺では紅葉のライトアップは10年以上前から行われています。
京都市内だとライトアップともなると拝観料が1,000円以上というのも珍しくありませんが、亀岡では300円と良心的でお得感があります。
2019年は、11月7日(木)~14日(木)に開催されます。

見頃はやや早めで11月上旬~中旬ごろです。

神蔵寺の紅葉

神蔵寺 11月9日 撮影:MKタクシー
拝観情報

782年に最澄が開いたと伝えられる古刹で、かつては26もの塔頭を擁する大寺院でした。
鵺(ぬえ)退治で知られる源頼政が平家追討の兵を挙げたときに呼応しましたが、敗れて一時は衰微しました。
13世紀に再建されましたが、明智光秀の丹波平定で再び焼亡しました。
今の神蔵寺は、亀山藩主の庇護を受けて復興したものです。

西国薬師霊場の第43番札所になっています。

神蔵寺

神蔵寺 11月11日 撮影:MKタクシー
拝観時間 9:00~17:00
拝観料 300円
TEL 0771-23-5537
住所 亀岡市稗田野町佐伯岩谷ノ内院ノ芝60
アクセス 京都縦貫道「亀岡IC」から車で10分

紅葉ライトアップについて

開催時間 11月7日(木)~14日(木)
開催時間 18:00~21:00
拝観料 300円

公式HPはこちら

 

③ 鍬山神社(くわやまじんじゃ)

鍬山神社

鍬山神社 11月7日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

京都より紅葉が早めの亀岡でも、特に早めに見頃を迎えるのが鍬山神社です。
亀岡の中心部から南へ3km弱、のどかな田園風景を抜けた先あります。
普段から地元の神様として七五三などで賑わう鍬山神社ですが、紅葉シーズンは多くの観光客が集まります。
といっても京都市内の有名紅葉スポットと比べると、ほとんど混み合うことはなく、自分のペースでゆったり楽しむことができます。

鍬山神社の紅葉

鍬山神社 11月11日 撮影:MKタクシー

鍬山神社の境内には1,000本ともいわれるモミジとドウダンツツジにより、上も下も真っ赤に染まります。
昼間もきれいですが、ライトアップも幻想的です。
2019年は11月8日(金)~10日(日) の17:00~20:00にライトアップが行われます。
見頃は早めで11月上旬~中旬ごろです。

鍬山神社

鍬山神社11月11日 撮影:MKタクシー
拝観情報

亀岡盆地を作ったという伝説のある大己貴命(おおなむちのみこと)を祭神として祀っています。
大己貴命が保津峡を開削して、元は湖だった亀岡盆地から水を抜き、今の亀岡が誕生したと伝わります。
亀岡中心部の産土神として信仰を集め、毎年10月23日~25日に盛大に行われる「亀岡祭」は、鍬山神社の大祭です。

鍬山神社

ライトアップ 11月12日 撮影:MKタクシー
拝観時間 8:00~17:00(11/8~10は20:00まで)
拝観料 300円(紅葉期間のみ)
TEL 0771-22-1023
住所 亀岡市上矢田町上垣内22-2
アクセス 京都縦貫道「篠IC」から車で10分

紅葉ライトアップについて

開催時間 11月8日(金)~10日(日)
開催時間 17:00~20:00
拝観料 300円

鍬山神社公式HP

 

④ 苗秀寺(みょうしゅうじ)

紅葉おすすめポイント

苗秀寺の紅葉

苗秀寺 11月9日 撮影:MKタクシー

亀岡市街と京都の奥座敷である湯ノ花温泉をつなぐ道の傍らに、隠れた紅葉穴場スポットがあります。
苗秀寺を出てすぐの道路はそれなりに通行量もあるのに、知られざる紅葉スポットなのは不思議な気もします。
亀岡の中でも鍬山神社の並んで色づくのが早く、11月上旬ごろから紅葉を楽しむことができます。

苗秀寺 11月9日 撮影:MKタクシー

苗秀寺の境内に入ると、石で出来たモダンなデザインの山門が出迎えてくれます。
山門をくぐると、一段高いところにある本堂へと続く参道になります。
この参道が、紅葉シーズンにはモミジのトンネルとなり、見ごたえ十分です。

苗秀寺の紅葉

苗秀寺 11月9日 撮影:MKタクシー

もうひとつのおすすめポイントは、紅葉で彩られた参道の脇に何気無く置かれた手水鉢です。
普通に歩いているとあることすら気づかずに通り過ぎてしまいかねないのですが、この手水鉢の中に見たことがない絶景があります。
そこには、紅葉がまるで宝石箱のように映っているのです。
多くの人がスルーしてしまうところですが、苗秀寺を訪れた際は絶対に見逃してほしくない絶景です。

見頃は早めで、11月上旬~中旬ごろです。

拝観情報

ちょっとした難読寺名ですが、これは「叢林(そうりん)の霊苗永く無窮に秀る」という語に由来します。
奈良時代創建ともいわれますが、明智光秀の焼打ちにあい資料を失ったため、はっきりしたことはわかっていません。

苗秀寺の紅葉

苗秀寺 11月9日 撮影:MKタクシー
拝観時間 日中随時
拝観料 境内自由
TEL 0771-22-0811
住所 亀岡市薭田野町佐伯大門47
アクセス 京都縦貫道「亀岡IC」から車で10分

 

⑤ 積善寺(しゃくぜんじ)

積善寺の紅葉

裏参道 11月9日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

亀岡にある、超穴場の紅葉スポットです。
どれくらい穴場かというと、グーグルマップの口コミがわずか2件しか登録されていません。しかも紅葉については言及されていません。
同じく亀岡の穴場として紹介されることの多い、近くの苗秀寺が15件、神蔵寺が58件の登録があるのと比べるとより穴場具合が際立ちます。 

積善寺の紅葉

参道 11月9日 撮影:MKタクシー

積善寺の紅葉の魅力は、境内へと向かう杉木立の参道です。
杉の合間にあるモミジが美しく紅葉します。
雨上がりだと石段が散紅葉で赤く染められます。

同じ丘の南斜面にある苗秀寺と比べ、北斜面にある積善寺は日当たりが良い分、直線距離でほんの500mの距離にありながら、紅葉の色づきが10日ほど遅れます。
見頃は遅めで、11月中旬~下旬ごろです。

積善寺の紅葉

参道 11月11日 撮影:MKタクシー
拝観情報

積善寺創建の由緒等はっきりしたことはわかっていません。
菅原道真ゆかりの桜が道真公死去と同時に枯れたことから創建された桜天神を、1190年に積善寺境内へと遷座しました。
桜天神の境内には、桜の模様をした「桜石」があり、国の天然記念物に指定されています。

積善寺の紅葉

積善寺 11月11日 撮影:MKタクシー
拝観時間 日中随時
拝観料 境内自由
住所 亀岡市稗田野町柿花中道54
アクセス 京都縦貫道「亀岡IC」から車で10分

⑥ 穴太寺(あなおうじ)

穴太寺のイチョウ

樹齢400年の大銀杏 11月7日 撮影:MKタクシー
紅葉おすすめポイント

紅葉が特別にすばらしいわけではありませんが、亀岡で穴太寺を外すわけにはいきません。
境内には本堂前などところどころにモミジが色づき、京都府指定文化財の重厚な本堂に映えます。

穴太寺庭園の紅葉

庭園 11月9日 撮影:MKタクシー

そして本堂裏には、「亀岡の名木」にも選定されている、高さ19mの大銀杏が見事です。樹齢400年ともいう大木です。
江戸時代中期作庭の京都府指定名勝である庭園は、紅葉が主役ではありませんが、紅一点のように一本だけモミジが赤く染まっています。

見頃は11月上旬~中旬ごろです。

穴太寺の紅葉

穴太寺 11月16日 撮影:MKタクシー
拝観情報

705年開創と伝わる、亀岡屈指の古刹です。
平安時代には今昔物語の「身代わり観音」の舞台となりました。
西国三十三ヶ所霊場の第21番札所として、今も多くの参拝者が訪れています。

本堂内の釈迦涅槃像は「なで仏」といわれ、体の不調な部分と同じところを撫でると、調子がよくなるとされています。

穴太寺の紅葉

穴太寺 11月30日 撮影:MKタクシー
拝観時間 8:00~17:00
拝観料 500円(本堂・庭園)
TEL 0771-24-0809
住所 亀岡市曽我部町穴太東辻46
アクセス JR「亀岡」から京都交通バス「穴太口」から徒歩10分

おまけ かめおか霧のテラス

かめおか霧のテラスの雲海

かめおか霧のテラス 11月3日 撮影:MKタクシー

11月の亀岡といえば、紅葉だけではありません。
「霧の都」ともいわれる亀岡は、秋も深まると好天時は毎朝濃い霧に包まれます。
視界が悪くなったり洗濯物が乾きにくくなったりなど、地元では厄介もの扱いされることもある霧ですが、モノクロームで幻想的な風景を楽しませてもくれます。
2016年には、亀岡盆地を埋め尽くす雲海を眺望できるスポットとして「霧のテラス」が設置されました。
数ヶ所あった候補の中から、京都先端科学大学の裏にある竜ヶ尾山が選ばれました。
霧のテラスからは、美しい雲海の絶景を楽しむことができます。

かめおか霧のテラスの紅葉

かめおか霧のテラス 11月11日 撮影:MKタクシー

おわりに

京都府亀岡市の紅葉はいかがでしたでしょうか。
あらためて写真を見返しても、人の姿がほとんど写っていません。
これだけの美しい紅葉を、混雑することなく楽しめる穴場揃いです。
しかも、出雲大神宮、鍬山神社、神蔵寺では紅葉ライトアップも行われます。

MKタクシーでは、「亀岡特集~明智光秀公ゆかりの地編~」を2019年秋の観光タクシーモデルプランとして推しています。
今回紹介した神蔵寺、苗秀寺もコースに入っています。 

f:id:mk_taxi:20191114133744j:plain

MK京都紀行秋

もちろん、岩城(いわしろ)神社や谷性寺(こくしょうじ)、丹波亀山城跡を他の紅葉スポットと入れ替えたり、訪問地を追加するアレンジも可能です。

MKの観光貸切タクシーなら、京都や亀岡の紅葉を心行くまで楽しむことができます。
観光・おもてなしのプロといっしょに一味ちがう京都旅行を体験してみませんか?

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

media.mk-group.co.jp

MKタクシーが提供する花と紅葉情報

リアルタイムな開花・見頃情報が知りたい方

リアルタイム開花速報花なび観光ドライバーを中心に年間約5,000件のリアルタイムな情報を提供中。
春夏秋冬を通じて全ての花に対応しています。

花・紅葉やスポットの情報が知りたい方

四季の花紅葉花・観光に関する情報をスポット・エリア別に提供中。
春夏秋冬を通じて50種以上の花に対応しています。