MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

夏の京都観光で訪れたい蓮(ハス)が美しいおすすめスポット12選

f:id:mk_taxi:20200720161931j:plain

京都が最も暑くなる7月から8月の夏場に見頃を迎えるのが蓮の花です。
暑い夏ではありますが、早朝はかなり過ごしやすい時間帯です。
そんな夏の早朝にこそ楽しみたいのが、蓮の花です。
京都にある蓮のおすすめスポットを12ヶ所、一挙紹介します。
7月中旬から8月中旬にかけての夏場、京都各所で蓮の花が見頃を迎えます。

 

 

蓮(ハス)とは

相国寺 見頃 2018年7月29日 撮影:MKタクシー

相国寺 見頃 2018年7月29日 撮影:MKタクシー

ハス科ハス属の水生植物です。
見た目の似た水生植物であるスイレン(睡蓮)とあわせてロータスと称されますが、系統的にはかなり遠縁であることが判明しています。

蓮はインド原産ともされますが、人間の活動に伴い古くから世界中に広がっており、詳細は不明です。
日本でも古代から蓮の花の記録が残っています。
南北アメリカ大陸には、ハスとは別種で黄色い花を咲かせるキバナバス(黄花蓮)が自生しています。

四季彩の丘 蓮 見頃 2018年8月4日 撮影:MKタクシー

京都府立植物園 見頃 2018年8月4日 撮影:MKタクシー

肥大した蓮の地下茎は、レンコン(蓮根)として日本や中国では食用とされています。
蓮には多数の品種があり、大きく観賞用の花蓮(ハナハス)と、レンコン採取用の食用蓮に分かれます。

蓮は古くから聖なる花とされてきました。特に仏教においては仏像が蓮の花を模した蓮台に乗っていることからもわかるように、特別扱いされてきました。

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

① 法金剛院(ほうこんごういん)<右京区>

法金剛院 蓮とアジサイ 2019年6月30日 撮影:MKタクシー

法金剛院 蓮とアジサイ 2019年6月30日 撮影:MKタクシー

法金剛院とは

京都の西郊にある双ヶ岡(ならびがおか)の東麓にたたずむ、平安時代初めに創建の寺院です。
双岡大臣とも称された貴族の清原夏野の山荘だったところが、のちに寺院へと改められました。

庭園にある青女の滝(せいじょのたき)は、日本最古の人造の滝といわれます。
平安時代の貴重な庭園の遺構として、国の特別名勝に指定されています。 

法金剛院の蓮 2019年7月10日 撮影:MKタクシー

法金剛院の蓮 2019年7月10日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

法金剛院は「関西花の寺二十五ヵ所」の第13番霊場にも選ばれ、「花の寺」とも言われます。
付近の地名である花園も法金剛院に由来するとされています。
春は待賢門院桜、秋には紅葉が有名ですが、中でも有名なのが夏は蓮(ハス)です。

京都を代表する蓮の名所として知られ、7月半ばの蓮の開花期間に行われる早朝拝観は京都の風物詩です。
わざわざ蓮のために夏の早朝から開門してくれる寺院は、京都でも法金剛院くらいです。
蓮の花が最も美しい夏の早朝に見ることができる、おすすめのスポットです。 

f:id:mk_taxi:20190710141853j:plain

礼堂前の蓮 2017年7月26日 撮影:MKタクシー

拝観情報

観蓮会 7月11日(土)~8月2日(日)
2020年の場合。
開園時間 9:00~16:00
7:00~16:00(観蓮会期間)
受付はいずれも15:30まで
2020年は7:30開門
拝観料 500円(2020年は400円)
TEL 075-461-9428
住所 京都市右京区扇野町49
アクセス JR「花園」より徒歩3分

公式ホームページ:法金剛院 | 関西花の寺 第一三番霊場

f:id:mk_taxi:20190710141917j:plain

礼堂前の蓮 2017年7月26日 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

② 大沢池(おおさわのいけ)<右京区>

大沢池 蓮 見頃 2018年7月28日 撮影:MKタクシー

大沢池 蓮 見頃 2018年7月28日 撮影:MKタクシー

大沢池とは

大覚寺の東側に広がる周囲約1kmの人工池です。
平安時代初期の離宮である嵯峨院の庭園遺構です。
巨勢金岡(こせのかなおか)の作庭と伝えられ、池に舟を浮かべて楽しむ池泉舟遊式庭園でした。
古くから京都を代表する観月の地として知られ、奈良の猿沢池、滋賀の石山寺と並び称されました。

池の北畔に残る「名古曽の滝」は、百人一首で歌われたことでも知られる国指定名勝です。

大沢池 蓮 見頃 2018年8月4日 撮影:MKタクシー

大沢池 蓮 見頃 2018年8月4日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

古くから景勝地として数々の歌にも詠まれて来た大沢池は、夏の京都でも最大の蓮スポットでもあります。
周囲1kmある大きな大沢池は、さすがに水面の全てが蓮で覆い尽くされているわけではありません。
それでも池の半ば近くを蓮が覆い、一斉に咲き誇る姿は、京都でも他に類を見ない壮観な景色です。
特に北側から北東側と南西側に多くの蓮が密生しており、満開の時期には芳しい香りが充満しています。

鉢植えの蓮も良いですが、本来の植生どおり夏の池に咲く姿は自然の美を感じます。
本来、大沢池は舟で楽しむ池泉舟遊式庭園です。一度舟から蓮の花を楽しんでみたいものです。
見頃は7月上旬~8月上旬ごろです。

大沢池 蓮 見頃 2019年7月7日 撮影:MKタクシー

大沢池 蓮 見頃 2019年7月7日 撮影:MKタクシー

拝観情報

拝観時間 9:00~17:00(受付は16:30)
拝観料
(諸堂エリア)
大人  500円
小中高 300円
拝観料※
(大沢池エリア)
大人  300円
小中高 100円
TEL 075-871-0071
住所 京都市右京区嵯峨大沢町4
アクセス JR「嵯峨嵐山」より徒歩20分

※2020年3月16日から大沢池エリアも通年有料化されました。

公式ホームページ:旧嵯峨御所 大本山 大覚寺

大沢池 蓮 見頃 2019年7月21日 撮影:MKタクシー

大沢池 蓮 見頃 2019年7月21日 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

③ 天龍寺(てんりゅうじ)<右京区>

放生池 蓮 咲き始め 2020年6月23日 撮影:MKタクシー

放生池 蓮 咲き始め 2020年6月23日 撮影:MKタクシー

天龍寺とは

鎌倉時代に離宮「亀山殿」があった風光明媚な地に、夢窓疎石を開山として1335年に創建されました。
開基である足利尊氏は、心ならずも敵対したまま京都から離れた吉野で亡くなった後醍醐天皇の菩提を弔うため、巨大な伽藍の寺院を築きました。
造営には、莫大な費用が必要とされました。費用を賄うために元との交易を行い、貿易船は「天龍寺船」と言われました。
京都五山の寺格が整えられると、京都五山の第一位として、室町幕府の厚い庇護を受けました。

夢窓疎石が作庭した「曹源池庭園」は名庭として知られ、特別名勝の第一号に指定されました。
1994年には世界文化遺産「古都京都の文化財」のひとつに指定されました。

放生池 蓮 五分咲き 2019年7月28日 撮影:MKタクシー

放生池 蓮 五分咲き 2019年7月28日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

曹源池庭園で知られる天龍寺ですが、蓮を楽しめるのは無料の前庭にある放生池(ほうじょうち)です。
放生池というのは、捕えた魚や鳥を逃がす放生会(ほうじょうえ)のための池ですが、今は放生会は行われていません。
この位置に池を設けるのは、禅宗寺院の典型的な伽藍配置です。
今回紹介している相国寺、東福寺以外にも同じく京都五山の建仁寺でも同じ位置に池が設けられており、蓮の花が植えられています。
夏になると、天龍寺の塔頭群やはるか愛宕山をバックに、放生池を埋め尽くす蓮が咲き乱れます。

見頃は7月中旬~8月上旬ごろです。
放生池は、石橋で南北に分かれています。蓮の花は南側がやや開花が早く、北側はやや遅めです。

放生池 蓮 見頃 2019年7月28日 撮影:MKタクシー

放生池 蓮 見頃 2019年7月28日 撮影:MKタクシー

拝観情報

拝観時間 8:30~17:30
放生池のある前庭は境内自由エリア
拝観料 高校生以上:500円
小・中学生:300円
未就学児 :無料
放生池のある前庭は境内自由エリア
TEL 075-881-1235
住所 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
アクセス 嵐電「嵐山」よりすぐ

公式ホームページ:世界遺産|京都 嵯峨嵐山 臨済宗大本山 天龍寺 公式ホームページ

放生池 蓮 見頃 2018年8月4日 撮影:MKタクシー

放生池 蓮 見頃 2018年8月4日 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

④ 東本願寺(ひがしほんがんじ)<下京区>

淀姫 咲き始め 2019年7月2日 撮影:MKタクシー

淀姫 咲き始め 2019年7月2日 撮影:MKタクシー

東本願寺とは

正式には真宗本廟(ほんびょう)という、真宗大谷派の本山寺院です。
末寺は8,500ヶ寺といい、西本願寺と並んで日本でも有数の大教団の中心です。

境内には御影堂や阿弥陀堂など巨大な建造物がずらりと並んでいます。
1895年に再建された御影堂は、京都のみならず日本でも最大級の木造建築として知られます。
渡り廊下には、再建工事に使用した髪の毛を編み込んだ「毛綱」が展示されています。
2015年には、10年以上に及んだ御影堂と阿弥陀堂の修復工事が完成しました。

淀姫 五分咲き 2014年7月7日 撮影:MKタクシー

淀姫 五分咲き 2014年7月7日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

京都駅前すぐにある広大な東本願寺ですが、蓮が見られるのは境内ではなくすぐ南側の壁沿いにある周濠の中です。
それほど大きくはない周濠ですが、蓮の花が密生しています。
京都駅からすぐという交通至便なところにありながら、蓮の穴場として知る人ぞ知る存在です。

東本願寺の蓮は、淀城(伏見区)の堀の固有種である「淀姫」という品種です。
淀殿(茶々)に由来するのではなく、淀の産土神である與杼(よど)神社の別名である淀姫社、淀姫大明神に由来するのではないかと思われます。

東本願寺の蓮の花が見頃を迎えるのは、7月中旬~下旬ごろで、ちょうど祇園祭の宵山や山鉾巡行のころです。
2020年は宵山や山鉾巡行などの主たる行事はやっていませんが、例年は東本願寺の蓮を見てから祇園祭へと向かうことも多いです。
京都駅からもたった7分ですので、京都駅で空き時間ができたときには、蓮見物に是非訪ねてみてください。

淀姫 見頃 2016年7月16日 撮影:MKタクシー

淀姫 見頃 2016年7月16日 撮影:MKタクシー

拝観情報

拝観時間 3月~10月 5:50~17:30
11月~2月 6:20~16:30
南周濠は日中随時エリア
拝観料 境内自由
TEL 075-371-9181
住所 京都市下京区烏丸七条上ル
アクセス 地下鉄「五条」より徒歩5分
JR「京都」より徒歩7分

公式ホームページ:東本願寺

淀姫 見頃 2019年8月7日 撮影:MKタクシー

淀姫 見頃 2019年8月7日 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

⑤ 相国寺(しょうこくじ)<上京区>

放生池 蓮 咲き始め 2019年7月2日 撮影:MKタクシー

放生池 蓮 咲き始め 2019年7月2日 撮影:MKタクシー

相国寺とは

相国寺とは、開基である太政大臣(相国)の足利義満に由来します。
京都五山の第二位として高い格式を誇り、創建当初は高さ100mを超えるという巨大な七重大塔が聳えていました。
京都のシンボルとして知られる東寺五重塔の約2倍という、驚くべき高さです。
有名な金閣寺と銀閣寺も、相国寺の境外塔頭(けいがいたっちゅう)という位置づけにある、京都の仏教界でも重要な寺院です。

1984年に開館した境内にある承天閣(じょうてんかく)美術館は、伊藤若冲の作品などの所蔵で知られます。

放生池 蓮 五分咲き 2019年7月13日 撮影:MKタクシー

放生池 蓮 五分咲き 2019年7月13日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

相国寺で蓮の花が見られるのは、境内南側にある放生池(ほうじょうち)です。
別名功徳池とも、単に蓮池とも言われる池です。
池を渡る石橋は天界橋と言います。
天文20年(1551年)に京都の覇権を巡って三好長慶方が細川晴元方を破った相国寺の戦いが繰り広げられました。まさに石橋を挟んで激戦が繰り広げられたため、石橋の戦いとも言われています。
この戦いで相国寺の伽藍は炎上しました。

放生池では、池の中だけではなく周囲に鉢植えの蓮も並べられています。
普段はフェンスで放生池は囲まれていますが、蓮のシーズンはフェンスの一部を取り除いて蓮の花が見やすくなっています。
見頃は7月中旬~8月上旬ごろです。 

放生池 蓮 見頃 2018年7月29日 撮影:MKタクシー

放生池 蓮 見頃 2018年7月29日 撮影:MKタクシー

拝観情報

拝観期間 春と秋の特別拝観のみ
放生池のある前庭は境内自由エリア
TEL 075-231-0301
住所 京都市上京区相国寺門前町701
アクセス 地下鉄「今出川」より4分

公式ホームページ:相国寺 | 臨済宗相国寺派

放生池 蓮 見頃 2018年8月4日 撮影:MKタクシー

放生池 蓮 見頃 2018年8月4日 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

⑥ 東寺(とうじ)<南区>

東寺 蓮 咲き始め 2019年6月28日 撮影:MKタクシー

東寺 蓮 咲き始め 2019年6月28日 撮影:MKタクシー

東寺とは

正式には教王護国寺といい、平安京造営時から伽藍の位置が変わっていない寺院です。
823年に弘法大師空海へと与えられ、以後京都における真言宗の中心寺院として発展してきました。
京都のシンボルともいえる高さ55mの五重塔は、創建以来何度も焼失・倒壊しましたがその都度再建されました。
1644年再建の今の五重塔は五代目にあたります。

弘法大師の命日である毎月21日には「弘法市」という縁日が開かれます。
境内には京都中から集まった多くの骨董屋などが立ち並び、大いににぎわいます。

東寺 蓮 見頃 2019年7月26日 撮影:MKタクシー

東寺 蓮 見頃 2019年7月26日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

東寺で蓮が見られるのは、境内北東部にある宝蔵の周囲です。
校倉造(あぜくらづくり)の宝蔵は、東寺でも最古の建造物です。
蓮が見頃の時期には、周囲の駐車場ではかぐわしい香りが漂います。

見頃は7月中旬~8月中旬ごろです。
一重や八重の数品種ある蓮が比較的長期間にわたって咲きます。

東寺 蓮 見頃 2018年8月8日 撮影:MKタクシー

東寺 蓮 見頃 2018年8月8日 撮影:MKタクシー

拝観情報

拝観時間 開門/5:00~17:00
金堂・講堂/8:00~17:00(受付は16:30)
拝観料
(金堂・講堂)
大人   500円
高校生  400円
中学生以下300円
宝蔵の周囲は境内自由エリア
TEL 075-691-3325
住所 京都市南区九条町1番地
アクセス 近鉄京都線「東寺」より徒歩5分
市バス「東寺南門前」・「東寺東門前」より徒歩すぐ

公式ホームページ:東寺 – 世界遺産 真言宗総本山 教王護国寺

弘法市 蓮 散り始め 2018年8月21日 撮影:MKタクシー

弘法市 蓮 散り始め 2018年8月21日 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

⑦ 京都府立植物園<左京区>

四季彩の丘 蓮 咲き始め 2019年6月13日 撮影:MKタクシー

四季彩の丘 蓮 咲き始め 2019年6月13日 撮影:MKタクシー

京都府立植物園とは

1924年に開園した日本でも最大級の規模の京都府が誇る植物園です。
戦後は進駐軍の住宅地として接収されました。1957年に返還されたときには貴重な植物もほとんどが失われていましたが、復興を果たしました。
園内は24ヘクタールと広大です。1992年完成の観覧温室や社叢林を撮り込んだ半木(なからぎ)の森、大芝生広場などがあります。
四季を通じて京都府民だけではなく、多くの入園者でにぎわっています。

あじさい園 蓮 五分咲き 2019年7月13日 撮影:MKタクシー

あじさい園 蓮 五分咲き 2019年7月13日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

日本最大級の植物園である京都府立植物園では、園内各所で蓮を見られます。
最も見ごたえがあるのは、園内北西部にある「四季彩の丘」です。
鉢植えにされた多彩な色や形をした蓮が、長期間にわたって順次開花していきます。
園内中央の半木の森にある「蓮池」では、池を埋め尽くすように蓮が咲き、見ごたえ十分です。
他にもあじさい園の池や植物展示場などで多彩な品種の蓮を見ることができます。

京都府立植物園で例年おすすめなのは、7月半ばに行われる「観蓮会―蓮を楽しむ3日間―」です。
早朝開園に加え、蓮の案内や碧筒杯体験、織花体験などが行われますが、2020年は新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、残念ながら観蓮会は中止となりました。

園内各所で多彩な品種の蓮が植えられているため、見頃は7月上旬~8月中旬ごろまで長く続きます。
2020年は行われませんが、例年8月初めに行われる変化朝顔展もかなりおすすめです。 

四季彩の丘 蓮 見頃 2018年8月4日 撮影:MKタクシー

四季彩の丘 蓮 見頃 2018年8月4日 撮影:MKタクシー

入園情報

休園日 12月28日~1月4日
入園時間 9:00~17:00(受付終了は16:00)
入園料 一般   :200円
高校生  :150円
中学生以下:無料
TEL 075-701-0141
住所 京都市左京区下鴨半木町
アクセス 地下鉄「北山」よりすぐ

公式ホームページ:京都府立植物園 Kyoto Botanical Gardens/京都府ホームページ

四季彩の丘 蓮 散り始め 2017年8月27日 撮影:MKタクシー

四季彩の丘 蓮 散り始め 2017年8月27日 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

⑧ 大蓮寺(だいれんじ)<左京区>

大蓮寺 蓮 咲き始め 2018年6月20日 撮影:MKタクシー

大蓮寺 蓮 咲き始め 2018年6月20日 撮影:MKタクシー

大蓮寺とは

江戸時代創建の寺院で、戦争中の1944年に京都で行われた強制疎開により、五条から現在地へと移転してきました。
古くから安産祈願の寺として京都市民から篤い信仰を集めています。
近年は、貧しい人々に走って安産の御札を配ってまわった「走り坊主」こと簱玄教(はた げんきょう)にちなみ、足腰健常のご利益でも人気を集めています。 

大蓮寺 蓮 見頃 2014年7月1日 撮影:MKタクシー

大蓮寺 蓮 見頃 2014年7月1日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

蓮と言えば池ですが、池がなくても鉢があればどこでも咲かせることができます。
比較的街中にある大蓮寺の境内は、池を作る敷地もありませんが、鉢植えの蓮によって50品種近くの蓮がずらりと並びます。
多彩な品種の蓮をすぐ目の前で楽しめるため、知る人ぞ知る京都の蓮スポットです。
こじんまりとした境内に、ところ狭しと咲き乱れる蓮が見事です。
大蓮寺という寺名にふさわしい蓮の名所です。

開花は早めで、見頃は7月上旬~下旬ごろです。

大蓮寺 蓮 散り始め 2019年7月27日 撮影:MKタクシー

大蓮寺 蓮 散り始め 2019年7月27日 撮影:MKタクシー

拝観情報

拝観時間 9:00~16:30
拝観料 境内自由
TEL 075-771-0944
住所 京都市左京区東山二条西入1筋目下ル457
アクセス 地下鉄「東山」より徒歩6分

大蓮寺 蓮 終わり近し 2018年8月22日 撮影:MKタクシー

大蓮寺 蓮 終わり近し 2018年8月22日 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

⑨ 東福寺(とうふくじ)<東山区>

庫裏前 蓮 見頃 2013年6月27日 撮影:MKタクシー

庫裏前 蓮 見頃 2013年6月27日 撮影:MKタクシー

東福寺とは

「伽藍面(がらんづら)」と言われるとおり、巨大な建造物が立ち並ぶ寺院です。

東福寺といえば京都を代表する紅葉の名所として非常に有名です。宋から持ち帰った通天楓とも呼ばれる唐楓(トウカエデ)の鮮やかな紅葉が人気です。
京都五山の中では第四位とされますが、知名度ではおそらくナンバーワンです。

放生池 蓮 見頃 2018年8月3日 撮影:MKタクシー

放生池 蓮 見頃 2018年8月3日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

東福寺で蓮が見られるのは、境内の南側にある思遠池(しおんち)です。
思遠池は東福寺の名所である「東福寺十境」のひとつに選ばれています。
蓮のすぐ裏側にあるのが、禅宗寺院としては日本でも最古にして最大の三門です。
風格ある門を前に清らかな蓮の花が咲く姿は見事です。
普段は非公開ですが、定期的に京都非公開文化財公開で特別公開されます。

見頃は7月中旬から8月中旬ごろです。
放生池以外でも、庫裏前などで鉢植えの蓮を見られます。

放生池 蓮 見頃 2018年8月8日 撮影:MKタクシー

放生池 蓮 見頃 2018年8月8日 撮影:MKタクシー

拝観情報

拝観時間 4~10月
9:00~16:30(受付は16:00) 11月~12月第一日曜日
8:30~16:30(受付は16:00) 12月第一日曜日~3月
9:00~16:00(受付は15:30)
芙蓉の咲く南大門は日中随時エリア
拝観料

大人   400円
小中学生 300円
芙蓉の咲く南大門は境内自由エリア
TEL 075-561-0087
住所 京都市東山区本町15丁目778
アクセス 京阪「鳥羽街道」より徒歩7分
芙蓉の咲く南大門の場合

公式ホームページ:臨済宗大本山 東福寺 -日本最古の最大級の伽藍-

放生池 蓮 見頃 2018年8月15日 撮影:MKタクシー

放生池 蓮 見頃 2018年8月15日 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

⑩ 宇治市植物公園<宇治市>

宇治市植物公園 蓮 咲き始め 2020年6月20日 撮影:MKタクシー

宇治市植物公園 蓮 咲き始め 2020年6月20日 撮影:MKタクシー

宇治市植物公園とは

宇治南部の丘陵上に広がる約10ヘクタールの植物園です。
園内は春や秋など季節ごとのゾーンにわけられており、四季折々の景色を楽しむことができます。
春には桜のライトアップ、夏にはホタルの夜間開園や蓮の早朝開園が行われるなど、様々なイベントや展覧会が開かれます。

宇治市植物公園 蓮 見頃 2019年7月15日 撮影:MKタクシー

宇治市植物公園 蓮 見頃 2019年7月15日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

宇治市植物公園には、かつて日本を代表する蓮の名所だった巨椋池(おぐらいけ)に由来する品種が多数保存されています。
かつて宇治市の西部から久御山町東部、伏見区南部にまたがっていた周囲16kmの巨大な巨椋池は、蓮の名所として知られました。
蓮の季節になると、蓮見舟からの蓮見物が名物でした。
しかし、食料増産のために干拓事業が行われ、1941年に巨椋池は消滅しました。
今も巨椋池に咲いていた蓮の品種の整理や保存が進められており、65品種が残されています。
宇治市植物公園では、それらの巨椋池にあった蓮の多くを収集・維持しています。
夏には修景池の西側や観覧温室前で、鉢植えの蓮が展示されます。

宇治市植物公園 観蓮会 五分咲き 2020年7月12日 撮影:MKタクシー

宇治市植物公園 観蓮会 五分咲き 2020年7月12日 撮影:MKタクシー

宇治市植物公園でおすすめなのが、毎年7月半ばに行われる「観蓮会」です。
法金剛院は「かんれんえ」ですが、宇治市植物公園は「かんれんかい」と読みます。

2020年は新型コロナウイルス感染防止対策のために、象鼻杯、蓮茶の呈茶、蓮ヨガ、蓮案内は中止となりました。
ただし観蓮会自体は開催され、例年通り7月11日(土)~12日(日)に7時からの早朝開園が行われました。
あわせて「巨椋池の蓮展」が6月27日(土)~7月26日(日)に、「蓮の写真展」が6月30日(火)~7月19日(日)に開催されます。

見頃は7月中旬~8月上旬ごろです。

宇治市植物公園 蓮 見頃 2017年7月16日 撮影:MKタクシー

宇治市植物公園 蓮 見頃 2017年7月16日 撮影:MKタクシー

入園情報

休園日 月曜日(祝日の場合は翌日)
入園時間 9:00~17:00(受付終了は16:00)
入園料 大人:600円
小人:300円
幼児:無料
TEL 0774-39-9387
住所 京都府宇治市広野町八軒屋谷25-1
アクセス JR「宇治」よりバス
近鉄「大久保」よりバス

公式ホームページ:宇治市植物公園(公式ホームページ)

宇治市植物公園 蓮 終わり近し 2019年9月30日 撮影:MKタクシー

宇治市植物公園 蓮 終わり近し 2019年9月30日 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

⑪ 三室戸寺(みむろとじ)<宇治市>

三室戸寺 蓮 咲き始め 2017年6月19日 撮影:MKタクシー

三室戸寺 蓮 咲き始め 2017年6月19日 撮影:MKタクシー

三室戸寺とは

三室戸山の山腹に広がる本山修験宗の別格本山寺院です。
西国三十三箇所の第10番札所で、四季を通じて多くの巡礼者が訪れます。
30年程前から「花の寺」として整備が進められており、毎年どんどん花が増えています。

三室戸寺 蓮 五分咲き 2016年6月21日 撮影:MKタクシー

三室戸寺 蓮 五分咲き 2016年6月21日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

「花の寺」とも言われる三室戸寺の真夏の主役は蓮の花です。
山腹の高台にある本堂前から三重塔前に約250鉢の鉢植えの蓮がずらりと並びます。
約100品種の蓮が一面に咲き誇る景色はまるで「浄土」のようです。

見頃は7月上旬~下旬ごろです。
7月上旬なら蓮だけでなくあじさいも同時に楽しめてお得です。


三室戸寺 蓮 五分咲き 2017年7月9日 撮影:MKタクシー

三室戸寺 蓮 五分咲き 2017年7月9日 撮影:MKタクシー

拝観情報

拝観時間 8:30~16:30(4月~10月)
8:30~16:00(11月~3月)
受付は30分前まで
拝観料 大人 500円
小人 300円
TEL 0774-21-2067
住所 宇治市莵道滋賀谷21
アクセス 京阪「三室戸」から徒歩15分

公式ホームページ:京都・宇治 西国第十番札所 三室戸寺

三室戸寺 蓮 見頃 2008年7月15日 撮影:MKタクシー

三室戸寺 蓮 見頃 2008年7月15日 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

⑫ 長岡天満宮(ながおかてんまんぐう)<長岡京市>

八条ヶ池 蓮 咲き始め 2020年6月20日 撮影:MKタクシー

八条ヶ池 蓮 咲き始め 2020年6月20日 撮影:MKタクシー

長岡天満宮とは

菅原道真が無実の罪で大宰府へと左遷される途中、「我が魂長くこの地にとどまるべし」と言い残したことがはじまりと伝えられています。
1638年には桂離宮を作った八条宮智仁親王により、新たに溜池の八条ヶ池が築造されました。
八条ヶ池の中央を貫く参道には、樹齢百数十年というキリシマツツジが植えられています。
4月末から5月初めにかけて参道を真っ赤に彩ります。

八条ヶ池 蓮 咲き始め 2019年6月22日 撮影:MKタクシー

八条ヶ池 蓮 咲き始め 2019年6月22日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

長岡天満宮の東側にある八条ヶ池は、蓮だけでなく水生植物の宝庫です。
八条ヶ池の北東部にある水上橋の周囲では、多くの水生植物を楽しむことができます。
池の中では初夏からカキツバタ(杜若)、キショウブ(黄菖蒲)、コウホネ(河骨)、ハナショウブ(花菖蒲)、スイレン(睡蓮)などが、池の畦ではアヤメ(菖蒲)やハンゲショウ(ハンゲショウ)などが順次咲きます。
そして夏本番を迎えると、蓮が見頃を迎えます。

蓮の中には、長岡京市の友好都市である寧波市から贈られた紅蓮などもあります。
見頃は7月上旬~下旬ごろです。

八条ヶ池 蓮 咲き始め 2016年6月25日 撮影:MKタクシー

八条ヶ池 蓮 咲き始め 2016年6月25日 撮影:MKタクシー

拝観情報

拝観時間 日中随時
拝観料 境内自由
TEL 075-951-1025
住所 京都府長岡京市天神2丁目15-13
アクセス 阪急「長岡天神」より徒歩10分

公式ホームページ:長岡天満宮 | 学問の神様

八条ヶ池 蓮 五分咲き 2018年7月1日 撮影:MKタクシー

八条ヶ池 蓮 五分咲き 2018年7月1日 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

おわりに

蓮の花が見頃を迎えるのは、夏の真っ盛りです。
暑さで知られる京都だけあって、日中に電車やバスで回るのは大変です。
蓮が最も美しい早朝の時間帯だと、暑さはしのげても電車やバスでは間に合いません。
そんな京都の蓮を見に行くときに是非ご利用いただきたいのがタクシーです。

夏の京都は、春や秋とは違い、人の少ない時期です。だからこそ凛とした古都・京都の空気を感じていただけるでしょう。

MKの観光貸切タクシーなら、暑い時期でも比較的快適に京都を巡っていただけます。
アクセスしづらい場所でもタクシーにおまかせ!
観光・おもてなしのプロといっしょに一味ちがう京都旅行を体験してみませんか?

 

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

MKタクシーが提供する花情報

リアルタイムな開花・見頃情報が知りたい方

観光ドライバーを中心に年間約5,000件のリアルタイムな情報を提供中。
春夏秋冬を通じて全ての花に対応しています。

花・紅葉やスポットの情報が知りたい方

f:id:mk_taxi:20191219103407j:plain

花・観光に関する情報をスポット・エリア別に提供中。
春夏秋冬を通じて50種以上の花に対応しています。

京都の夏の花おすすめスポット記事 

紫陽花(アジサイ)<見頃:6月中旬~7月上旬>

桔梗(キキョウ)<見頃:6月下旬~10月上旬>

蓮(ハス)<見頃:7月中旬~8月中旬>

百日紅(サルスベリ)<見頃:7月下旬~9月上旬>

木槿(ムクゲ)<見頃:7月~8月>

芙蓉(フヨウ)<見頃:8月下旬~9月下旬>