東寺弘法市が最も賑わう12月21日の「終い弘法」は京都の年末の風物詩

観光
東寺弘法市が最も賑わう12月21日の「終い弘法」は京都の年末の風物詩

京都の年末の風物詩といえば、12月21日に開催される東寺の「終い弘法(しまいこうぼう)」。
毎月21日に行なわれている弘法市ですが、一年間で最も賑わうのが終い弘法です。
終い弘法では、いつものように骨董品などを求める人に加え、正月準備の品を求める人も集まり、東寺の境内は寒さも吹き飛ぶくらいの大賑わいになります。
2021年の弘法市は新型コロナの影響で何度も中止を余儀なくされましたが、2021年12月21日(火)の終い弘法は無事開催されました。

2021年の終い弘法 2021年12月21日 撮影:MKタクシー

2021年の終い弘法は無事開催 2021年12月21日 撮影:MKタクシー

 

MKの観光貸切タクシーの詳細・ご予約はこちら

 

終い弘法に行ってみよう

金堂と御影堂にお参りを

金堂にお参り 2021年12月21日 撮影:MKタクシー

金堂にお参り 2021年12月21日 撮影:MKタクシー

弘法市に訪れたときは、できるだけ最初にお参りをしましょう。
東寺のご本尊である薬師如来がいらっしゃるのは、金堂(こんどう)です。立体曼荼羅で知られる講堂ではありません。
普段は有料エリアに入らないと金堂近くでお参りはできませんが、弘法市の日は講堂の正面まで開放されます。
一年の無事を感謝しましょう。

御影堂にお参り 2021年12月21日 撮影:MKタクシー

御影堂にお参り 2021年12月21日 撮影:MKタクシー

金堂だけでなく、弘法大師がおまつりされている御影堂にもお参りしましょう。御影堂も有料エリア外にあります。
毎月21日の御影供では、国宝の弘法大師象が開扉されています。
ぜひ堂内にあがって弘法大師様の遺徳にあやかりましょう。
堂内に上がれるのも毎月21日の御影供のみです。

 

お正月準備の品々が並ぶ

毎月20万人が訪れるという、京都でも最大級の縁日である東寺の弘法市ですが、ひときわ多くの人が訪れるのが12月21日開催の弘法市である「終い弘法(しまいこうぼう)」です。
年末年始を控えた終い弘法では、注連縄(しめなわ)、葉ボタンなどのお飾り、新巻鮭(あらまきじゃけ)など正月準備の品々が並びます。
京都だけではなく、日本中からたくさんの人が訪れます。

お正月飾り用の高野槇(こうやまき) 本坊前付近 2016年12月21日 撮影:MKタクシー

お正月飾り用の高野槇(こうやまき) 本坊前付近 2016年12月21日 撮影:MKタクシー

終い弘法では、唐辛子や漬物などの食品、衣料品、手作り品、骨董、植木、など、境内からはみ出るほどの多くの露店が出ます。
本当に多種多様なお店が並びます。雑然としながらも整然としているという不思議さです。

寅年グッズの露店 2021年12月21日 撮影:MKタクシー

寅年グッズの露店 2021年12月21日 撮影:MKタクシー

新年の十二支にまつわるグッズを集めた露店も毎年終い弘法に登場します。

終い弘法では、お正月関係の品々も多いですが、とにかく雑多なものがたくさん並びます。
珍しい日本の品物を目当てに探しに終い弘法に来る外国人観光客もたくさん訪れていました。
日本語はできなくても、身振り手振りだけでしっかりとコミュニケーションできているのが不思議です。
弘法市は掘り出し物を探すにはぴったりの骨董市です。

五重塔前も大混雑 2016年12月21日 撮影:MKタクシー

五重塔前も大混雑 2016年12月21日 撮影:MKタクシー

寒空の下、五重塔をバックに勢いよく商いの声が交わされる終い弘法の光景は、まさに師走の風情です。
終い弘法ならではの景色です。

なお、終い弘法の行われる12月21日の京都の気温平年値は、最低気温3.0度、最高気温10.8度です。
時間ごとに見ると、7時は3.9度、10時6.9度、13時9.7度です。
まだ寒さに慣れていない時期だけあって、気温以上の寒さを感じます。
風があったら体感気温はさらに下がります。
特に朝早くから終い弘法に行く場合は、寒さ対策は万全にしましょう。

雪が積もることもある初弘法 2022年1月21日 撮影:MKタクシー

雪が積もることもある初弘法 2022年1月21日 撮影:MKタクシー

12月に行われる終い弘法では、1月の初弘法とは違ってめったに雪が積もることはありません。
21世紀では、2003年の12月21日に朝のうちだけ積雪1cmを記録したのが唯一の記録です。

お正月飾り用の千両 2016年12月21日 撮影:MKタクシー

お正月飾り用の千両 2016年12月21日 撮影:MKタクシー

 

何でも売っている終い弘法

弘法市では、普通の骨董店・古美術店では見かけない、「え、こんなものが」という品々がたくさん並びます。
特に出店数が多い終い弘法はなおされです。
一見するとガラクタにしか見えない品も、見る人によっては宝物なのです。

境外である九条通の歩道にも多くの露店が出店 南大門前 2007年12月21日 撮影:MKタクシー

境外である九条通の歩道にも多くの露店が出店 南大門前 2007年12月21日 撮影:MKタクシー

弘法市にはたくさんのお店があって何がどこにあるのかわからないかもしれませんが、ジャンル別に比較的まとまっており、まわりやすい配置になっています。
慣れてきたらだいたいどのあたりにどういう商品があるか分かってくるでしょう。
ざっくり言うと、金堂南側のもっとも開けたスペースには骨董品屋さんが集まります。
西側の灌頂院前から本坊、御影堂前までには、食べ物屋さんや食材屋さんが集まります。
金堂と講堂の西側は、衣類や古着のお店が集まります。
食堂周辺は比較的雑貨屋さんが多く見られます。
洛南会館前には、植木屋さんが集中しています。

古着が並ぶ露店 2021年12月21日 撮影:MKタクシー

古着が並ぶ露店 2021年12月21日 撮影:MKタクシー

弘法市に出店するお店も多少入れ替わりがありますが、ある程度は固定されています。
毎回出店しているお店は、基本的に同じ場所にお店が出店します。
新しいお店は、当日朝に場所を指定されるシステムになっているそうです。
お店の種類に応じて、場所を割り振っているのでしょう。

出店は随時受け付けられており、前日の20日に申し込めば空き状況によっては出店することもできます。
ただし、出店できるのは基本的にはお店を持っている人に限られています。
出店料は他の骨董市などよりは高めだそうです。

実際にどんな露店があるのか、2021年12月21日の終い弘法で境内をくまなく歩いてみました。
なお、境外の露店も多数ありますが、キリがないのでカウントしていません。
概ね3店舗くらい以上は確認できたお店は以下のとおりです。

骨董品 古物、古美術品、古道具、書画、古書
雑貨 手作り雑貨、やきもの、木工品、カバン、箸、工具刃物、アクセサリー、革製品、手ぬぐい・タオル、外国雑貨、縁起物
食品 各種乾物、漬物、ちりめん山椒、干し柿・干し芋、野菜、海産物、佃煮、果物・ドライフルーツ、豆、七味唐辛子、ハチミツ
フード たこ焼き、おでん、うどん、焼きそば、お好み焼き、たい焼き、大判焼き、どて焼き、中華点心
菓子 米菓、団子、飴
衣料品 着物、洋服、布地・帯、肌着、履物、帽子、糸
その他 植木・盆栽

正確にカウントしたわけではありませんが、概ね露店の数が多い順に並べています。
中でも数が多くて驚いたのは、ちりめん山椒と干し柿・干し芋です。
ちりめん山椒だけでも10店舗近くあったのではないでしょうか。
干し柿・干し芋も10店舗近くありました。

上記以外にも、占い、まな板、レコード、絵画、洋菓子、チヂミ、酒粕、甘酒、栗・・・・と多種多様なお店を確認できました。
今回は終い弘法の日に調査したので、乾物や漬物などの割合がかなり高めです。季節によって内訳には変動があります。

雑貨屋さんのなかには、オーダーメイドの注文を受け付けている露店もありました。
並んでいる商品を参考にしながら、素材や色、サイズ、形を指定して注文し、後日受け取るのでしょう。
さすがは弘法市です。

講堂前 2020年12月21日 撮影:MKタクシー

金堂前の露店 2020年12月21日 撮影:MKタクシー

弘法市の露店の開店や閉店の時間はお店によってばらばらです。
前日夜のうちから用意し、早朝から営業するお店もあれば、朝からゆっくりと準備をはじめるお店もあります。
閉店時間もまちまちなので、お目当てのお店が開いているかは運次第でもあります。
中には昼過ぎには閉店してしまうところも…
たくさんのお店で賑やかな弘法市を楽しむなら、早起きして朝一番に訪れるのがおすすめです!

弘法市の日はバス停も臨時移転して露店に 2016年12月21日 撮影:MKタクシー

弘法市の日はバス停も臨時移転して露店に 2016年12月21日 撮影:MKタクシー

 

MKの観光貸切タクシーの詳細・ご予約はこちら

 

20種類以上の豆がズラリ 南大門内 2016年12月21日 撮影:MKタクシー

20種類以上の豆がズラリ 南大門内 2016年12月21日 撮影:MKタクシー

弘法市は終日開かれますが、掘り出し物を見つけるには、朝早くから行くのがポイントです。
最も品揃えも豊富で、境内もあまり混雑していません。
ゆっくりとお目当ての品を探すことができます。
12月も下旬に入り、朝は冷え込む時期ですが、ここは早起きのしどころです。

金堂前 2020年12月21日 撮影:MKタクシー

金堂前 2020年12月21日 撮影:MKタクシー

日の出時刻が遅い終い弘法の時期は、朝はまだ真っ暗です。
プロの骨董屋さんや本気で骨董品を探す人は、懐中電灯やヘッドライトを持参して掘り出し物を探すといいます。
12月21日の京都の日の出時刻は7:01です。
どんどん日の出が遅くなる時期ですが、もう7時台になっています。

なお2021年は翌日の12月22日が冬至です。
昨年2020年や2016年、2012年などは終い弘法の12月21日が冬至でした。
今後も2024年、2028年、2029年などは冬至に東寺で終い弘法が開催されます。

 

弘法市で「宝探し」をしよう!

雑多な骨董品がわんさか 講堂前 2007年12月21日 撮影:MKタクシー

雑多な骨董品がわんさか 講堂前 2007年12月21日 撮影:MKタクシー

弘法市は一見すると大規模なフリーマーケットのようですが、出店されている方々はみなさんプロの骨董品屋です。
普段は骨董品屋さんをしている方々が、毎月21日には弘法市で露店を出しているのです。
中にはプロの骨董品屋さんが掘り出し物を求めて弘法市にお客さんとして来ることも。
プロの目利きが選んだ商品が並んでいるのが、一般のフリーマーケットと弘法市の大きな違いです。

お店の人もプロなので、いろいろ相談しながら購入できます。
「もっとこんなのないですか?」と相談したら、ぴったりの商品が出てくることも。
お目当ての商品がない場合も「○○のお店だったらあるかも」と紹介もらえたりします。

終い弘法 2021年12月21日 撮影:MKタクシー

終い弘法 2021年12月21日 撮影:MKタクシー

たくさんのお店が並ぶ弘法市は、まさに「宝探し」です。
骨董品や古美術品に興味がない人でも、古いおもちゃやレトロな生活用具などにはきっと興味を引かれることでしょう。
気合いを入れて回れば、きっと「欲しい!」と思える品に出遭えるはずです。
そんな宝探しこそが、弘法市の醍醐味です。

弘法市ではもちろん値引き交渉も可能です。
骨董品や古美術品の値段はあってないようなもの。ほしい人にとってはプライスレスでも、いらない人にとってはガラクタです。
腕試しに一度値引き交渉にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
お目当ての商品がびっくりする価格で手に入るかもしれませんよ。

商品によっては、値札がついていない商品もあります。
値引き交渉のやりとりもまた弘法市の良い思い出になるでしょう。
多くのお店は毎月出店しているので、ぼったくられたりする心配もあまり必要ありません。信用が第一の商売です。
夕方になると値下げをするお店もあります。値引き交渉も遅い時間のほうが有利なのは間違いありません。

「ペイペイ使えます」という露店も 2020年1月21日 洛南高校東側 撮影:MKタクシー

「ペイペイ使えます」という露店も 2020年1月21日 洛南高校東側 撮影:MKタクシー

骨董品や古美術品というと、高価なものというイメージがありますが、弘法市では手軽な価格のものもたくさん売っています。
1個100円や、○個で1,000円なんていう値段でいろいろなものが売られています。
同じような品であっても、店によって値段が違うことも当たり前です。

露店での支払いはもちろん現金払いになりますが、中にはペイペイに対応しているお店もあります。
もちろんクレジットに対応しているお店も。
中国では屋台でもキャッシュレス決済が当たり前になっていると聞きますし、弘法市でもそのうちこういうのが当たり前になる日も来るかもしれません。

 

出店は骨董品店のみならず

2021年12月21日 撮影:MKタクシー

2021年12月21日 撮影:MKタクシー

弘法市に出店するのは、骨董品店だけではありません。むしろ、骨董品以外のお店の方が多いです。
ハンドメイドのかわいいアクセサリー、陶芸・木工作家さんの作るおしゃれな生活雑貨、アーティストさんの作品たち、和洋の古着などのお店もたくさん。
今では誰にも素敵な出会いがあるかもしれないマーケットになっているので、骨董品には興味がないという方も21日はぜひ一度足を伸ばしてみてください。

たい焼き 2021年12月21日 食堂東側 撮影:MKタクシー

たい焼き 2021年12月21日 食堂東側 撮影:MKタクシー

お買い物の合間の小腹満たしに、お祭り気分を盛りたてるフード屋台も。
テイクアウトだけでなく、座れる飲食スペースがあるお店も多いので、寒い中でもゆっくり休憩しながら弘法市が楽しめますよ。
新型コロナ感染対策のため、しばらく弘法市での食べ歩きができないのはとても残念です。
屋台には、たこ焼きやお好み焼きに焼きそばと言ったお祭りに定番のものがあちこちにあります。

厄除きんつば 2020年1月21日 食堂東側 撮影:MKタクシー

厄除きんつば 2020年1月21日 食堂東側 撮影:MKタクシー

終い弘法のように寒い季節は、おでんやうどんなどの暖かいたべものを食べられる屋台もあります。
せっかくなので、焼き団子やきんつば、栗まんじゅうなど終い弘法ならではの屋台がおすすめです。
厄除けきんつば(140円)はお昼くらいで売り切れてしまうのでご注意を。

オカモトのだし巻き 2021年12月21日 撮影:MKタクシー

オカモトのだし巻き 2021年12月21日 撮影:MKタクシー

東寺の境内ではありませんが、京都駅から東寺へと向かう途中にある「元祖だし巻き オカモト」のだし巻き(350円)もおすすめです。
だし巻きはいつも売っていますが、弘法市の日にはお店の前に露店を出しています。
ふわっとしてちょっと甘みがあり、じんわりとだしの味が効いているおいしいだし巻です。
その場では食べられませんが、家に帰ってからゆっくりと味わってください。

元祖だし巻き オカモト 最後のひとつを購入 2021年12月21日 撮影:MKタクシー

元祖だし巻き オカモト 最後のひとつを購入 2021年12月21日 撮影:MKタクシー

八条通沿いにある「味のタテハラ」のコロッケもおすすめです。
こちらはあつあつをほうばりつつ東寺へと向かうもできます。
通常はコロッケ70円、ビーフコロッケ90円ですが、弘法市の日限定でコロッケ50円、ビーフコロッケ70円の特価で販売されます。
行列ができていることも多いのでご注意ください。

弘法市では、屋台での食事だけでなく試食も楽しみのひとつです。
のほかにも、食料品の露店でもいろいろ試食できます。
乾物や漬物、干物などは、店頭に試食用のものが置かれています。
置いてなくても混雑してさえいなければ、たいていは声をかけたら試食させてもらえます。
弘法市では、同じ種類の商品を置いているお店が多数あります。
どこで買うか決めかねているときは、ぜひ試食させてもらいましょう。
きっと口にあうお店が見つかるはずです。
何せ終い弘法では漬物屋だけでも20店舗ほど、ちりめん山椒というニッチなお店だけでも10店舗ほどあります。

まだ一部残る紅葉と五重塔 2020年12月21日 撮影:MKタクシー

まだ一部残る紅葉と五重塔 2020年12月21日 撮影:MKタクシー

東寺の拝観情報

開門時間 5:00~17:00
拝観時間 8:00~17:00(受付は16:30)
拝観料 一般    500円
高校生   400円
中学生以下 300円
TEL 075-691-3325
住所 京都市南区九条町1
アクセス 近鉄「東寺」より10分
JR「京都」より15分

公式ホームページ:東寺 – 世界遺産 真言宗総本山 教王護国寺

東寺の弘法市は有料エリアではないので、拝観料は必要ありません。

 

MKの観光貸切タクシーの詳細・ご予約はこちら

 

2021年の「終い弘法」は無事開催

新型コロナウイルス感染防止対策のため、2020年は4月~10月、2021年は1~2月、4~6月、8月、9月の弘法市は中止となりました。
2020年の終い弘法(しまいこうぼう)は開催されたものの、2020年3月~2021年11月に間は21回中7回とわずか3分の1しか開催されていません。
2021年12月21日(火)の終い弘法は新型コロナに負けず、2021年も無事開催されました。
出店数は例年の6割の約800店でした。

なお、北野天満宮の天神市も2021年は弘法市とまったく同じく1~2月、4~6月、8月、9月が中止でした。
2021年の終い天神は開催される予定です。

露店に設置の消毒液 2020年12月21日 撮影:MKタクシー

露店に設置の消毒液 2020年12月21日 撮影:MKタクシー

2020年の終い弘法は、感染防止のための注意事項が告知されていました。
マスク、フェイスシールドの着用やこまめな消毒の励行、ソーシャルディスタンスの確保など、万全の感染対策を行った上で来場するようにしましょう。
食品の販売はテイクアウトのみで、食べ歩きはできません。

入口にマスク着用と手指消毒ののぼり 洛南高校東側 2020年12月21日 撮影:MKタクシー

入口にマスク着用と手指消毒ののぼり 洛南高校東側 2020年12月21日 撮影:MKタクシー

再開された2020年11月の弘法市も、出店は約700店舗と少な目でした。
2020年の終い弘法も約500店舗とかなり少なめでした。
例年ほどの人出はないでしょうが、どうしても密が発生していしまう場合もあります。
屋外なので「密閉」はOKですが、「密集」「密接」には気を付け、感染防止には万全の対策を期すようにしましょう。

2020年と比べると2021年の新型コロナ感染状況はだいぶ落ち着きを見せています。2021年11月の紅葉シーズンの弘法市は好天に恵まれた日曜日だったこともあり、例年通りとはいかないまでも、かなりの混雑を見せました。
とはいえ、引き続き感染防止対策を怠らないようにしましょう。
万一弘法市が原因のクラスターが発生してしまっては、今後の弘法市開催にも影響を与えかねません。

入口に設置されている消毒液 慶賀門 2020年12月21日 撮影:MKタクシー

入口に設置されている消毒液 慶賀門 2020年12月21日 撮影:MKタクシー

 

MKの観光貸切タクシーの詳細・ご予約はこちら

 

おわりに

いろんな物が売っていて見ているだけでも楽しい12月の終い弘法ですが、ふと気づくとたくさん買い過ぎて持って帰るのも大変ということも。
弘法市ではお店のように、宅配便で自宅へ送ることができません。
そんなときは、MKタクシーをご利用ください。
ご自宅まで乗り換えなしの直行で、大切な品物とともにお送りいたします。
安心して、欲しいものは財布のひもを緩くしてお買い物をお楽しみください。

 

東寺の関連記事

 

京都MKタクシーのご用命は

お電話で ➡ 075-778-4141

MKスマホ配車で ➡ iOSAndroid

(MKスマホ配車の詳細はこちら)

Uber Taxiで ➡ iOSAndroid

京都観光には観光貸切タクシーもおすすめです。

MKの観光貸切タクシーの詳細・ご予約はこちら

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

まだ知らない京都に出会う、
特別な旅行体験をラインナップ

MKタクシーでは様々な京都旅コンテンツを
ご用意しています。