夏にも涼を感じられる、京都の桔梗(キキョウ)おすすめスポット6選

観光
夏にも涼を感じられる、京都の桔梗(キキョウ)おすすめスポット6選

酷暑で知られる京都の夏に、涼やかさを与えてくれる花が桔梗です。爽やかな青紫色は清涼感にあふれます。
暑い時期に少しでも涼を感じるために訪れて欲しい、そんな桔梗の京都にあるおすすめスポットを6ヶ所ご紹介します。
2020年は大河ドラマの主人公・明智光秀の家紋「水色桔梗」として例年以上に注目を集めました。

青紫だけではなく白や青紫と白のまだらや、八重の花など、意外とバラエティに富んでいます。
桔梗の清楚な美しさは夏の京都にぴったりです。

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

 

桔梗(キキョウ)とは

智積院 桔梗 三分咲き 2021年6月17日 撮影:MKタクシー
智積院の桔梗 三分咲き 2021年6月17日 撮影:MKタクシー

キキョウ科キキョウ属の草本植物です。
日本から東アジアにかけてに日当たりのよい山野に自生していますが、近年減少しており日本では絶滅危惧種に指定されています。

岩船寺 桔梗 見頃 2017年7月2日 撮影:MKタクシー
岩船寺の桔梗 見頃 2017年7月2日 撮影:MKタクシー

桔梗は、一重で青紫色の涼しげな花を咲かせます。
江戸時代から八重の花や白色をした桔梗の品種が知られています。近年では藤色、ピンクをした花や、二色の絞りが入った桔梗もあり、人気を集めています。

智積院 桔梗のつぼみ 2019年6月25日 撮影:MKタクシー
智積院の白い桔梗のつぼみ 2019年6月25日 撮影:MKタクシー

英語では、バルーンフラワー(balloon flower)と言います。
咲いている姿はバルーンとは程遠いですが、つぼみの姿はまさにバルーンです。
つっついたら、パンクしそうな姿です。
咲いている姿もさることながら、つぼみの姿もかなり人気です。

幸野楳嶺「桔梗・鶏(楳嶺花鳥画譜)」国立国会図書館デジタルコレクションより
幸野楳嶺「桔梗・鶏(楳嶺花鳥画譜)」国立国会図書館デジタルコレクションより

 

秋の七草のひとつ

桔梗は「秋の七草」のひとつに挙げられ、秋の季語ではありますが、6月下旬頃から10月頃まで長期にわたって開花します。
桔梗は7月頃と9月頃の2回見頃を迎えますが、9月よりは7月の方が多くの花が咲きます。桔梗は秋の花というよりも、夏の花です。

革堂 桔梗 見頃 2021年7月10日 撮影:MKタクシー
革堂行願寺の桔梗 見頃 2021年7月10日 撮影:MKタクシー

秋の七草といえば、万葉集に収められている山上憶良(やまのうえのおくら)の「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花」という歌が有名です。
このなかに桔梗は出て来ませんが、最後の朝貌(あさがほ)が桔梗を指すという説が有力です。なお尾花とはススキのことです。
ただし、桔梗の他にもムクゲ(木槿)やアサガオ(朝顔)、ヒルガオ(昼顔)のことだという説もあります。

天龍寺 桔梗 見頃 2019年7月28 撮影:MKタクシー
天龍寺・曹源池庭園の桔梗 見頃 2019年7月28 撮影:MKタクシー

源氏物語や枕草子では、桔梗と朝顔は区別されており、別の植物と認識されていたという根拠のひとつになっていますが、山上憶良と紫式部では時代が300年隔たっていることにも注意が必要です。
ただ、朝顔にしろ桔梗にしろ、秋の花というにはやや違和感があります。

橘保國「畫本野山草」国立国会図書館デジタルコレクションより
橘保國「畫本野山草」国立国会図書館デジタルコレクションより

桔梗は薬用植物としても広く利用され、桔梗の根をそのまま乾燥させた「生干桔梗」や皮をとってから乾燥させた「晒桔梗」は、咳、痰止めの薬として使われます。
今も生干桔梗や晒桔梗は中国などから輸入して広く利用されています。

天龍寺・妙智院 桔梗 見頃 2019年7月21日 撮影:MKタクシー
天龍寺・妙智院の桔梗 見頃 2019年7月21日 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

 

①晴明神社(せいめいじんじゃ)〈上京区〉

晴明神社 桔梗 五分咲き 2019年6月19日 撮影:MKタクシー
晴明神社の桔梗 五分咲き 2019年6月19日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

五角形の形をした桔梗の花は、陰陽道(おんみょうどう)で魔除けの呪符として使われる五芒星(ごぼうせい)とそっくりです。
五芒星のデザインは、古代メソポタミアから使われてきました。
西洋でも魔術の記号として使われています。

晴明神社の晴明桔梗紋 2014年7月5日 撮影:MKタクシー
晴明神社の晴明桔梗紋 2014年7月5日 撮影:MKタクシー

陰陽道では、木・火・土・金・水の陰陽五行説を示したものであり、魔除けの呪符としてよく使われています。
京都に結界を張って守護したという晴明神社の祭神である安倍晴明も、桔梗を図案化した晴明桔梗紋と言われる紋を使っていました。

晴明桔梗紋の法被 2007年9月23日 撮影:MKタクシー
晴明桔梗紋の法被 2007年9月23日 撮影:MKタクシー

毎年秋分の日に開催される晴明神社の例祭である晴明祭では、晴明桔梗紋の法被を着た男性が神輿をかつぎます。
桔梗自体も魔除けのシンボルとして扱われることもあります。

晴明神社 桔梗 2019年7月7日 撮影:MKタクシー
晴明神社の桔梗 2019年7月7日 撮影:MKタクシー

晴明神社の境内には青紫の桔梗だけではなく、白い桔梗も含めて約1,500株が植えられています。
入口付近や晴明神社社務所前、安倍晴明像前など境内各所に桔梗が咲いています。

晴明神社 桔梗 見頃 2019年6月26日 撮影:MKタクシー
晴明神社の桔梗にとまるホタル 見頃 2019年6月26日 撮影:MKタクシー

晴明神社の近隣を流れる堀川ではホタルの放流が行われており、桔梗の花にホタルが止まっていることもあります。

晴明神社の桔梗の見頃は7月中旬~下旬と、9月上旬~10月上旬ごろです。

晴明神社 桔梗 見頃 2019年7月7日 撮影:MKタクシー
晴明神社の桔梗 見頃 2019年7月7日 撮影:MKタクシー

拝観情報

安倍晴明の京都屋敷跡とされる地に1007年に創建されたのが晴明神社のはじまりとされます。
その後長らく荒廃しており、晴明神社が今の形に整備されたのは戦後になってのことです。

晴明神社 桔梗 五分咲き 2018年7月8日 撮影:MKタクシー
晴明神社の桔梗 五分咲き 2018年7月8日 撮影:MKタクシー

平成以降の陰陽師ブームによって晴明神社には多くの参拝客が訪れるようになりました。晴明神社も一躍京都の人気観光スポットへと仲間入りしました。
特に京都を訪れる修学旅行生に晴明神社の人気が高く、京都を代表するパワースポットとして若い女性の姿もよく見かけます。最近までは中国人観光客も晴明神社をたくさん訪問していました。

晴明神社 桔梗 見頃 2018年7月11日 撮影:MKタクシー
晴明神社の白い桔梗 見頃 2018年7月11日 撮影:MKタクシー

晴明神社がある付近は秀吉が京都支配の拠点として築いた聚楽第(じゅらくだい/じゅらくていじゅらくてい)があった場所です。
門前に碑があるとおり、ちょうど千利休の京都屋敷があった地でもあります。

一条戻橋 秋里籬嶌 1780年刊行「都名所図会」国立国会図書館デジタルコレクションより
一条戻橋 秋里籬嶌 1780年刊行「都名所図会」国立国会図書館デジタルコレクションより

晴明神社の近くにある安倍晴明ゆかりの一条戻り橋は、婚礼の車両は縁起が悪いとして通ってはならないのが京都のタクシー業界の常識というのは良く知られています。

晴明神社 桔梗 散りはじめ 2019年9月14日 撮影:MKタクシー
晴明神社の桔梗 散りはじめ 2019年9月14日 撮影:MKタクシー
拝観時間 9:00~17:30
拝観料 境内自由
TEL 075-441-6460
住所 京都市上京区晴明町806(堀川通一条上ル)
アクセス 市バス「一条戻橋・晴明神社前」より徒歩2分
地下鉄「今出川」より徒歩12分

公式ホームページ:晴明神社 〜陰陽師 安倍晴明公をお祀りする晴明神社〜

晴明神社 桔梗 2019年6月19日 撮影:MKタクシー
晴明神社の桔梗 2019年6月19日 撮影:MKタクシー
晴明神社の関連記事

 

②廬山寺(ろざんじ)〈上京区〉

源氏の庭 桔梗 見頃 2017年7月16日 撮影:MKタクシー
廬山寺・源氏の庭の桔梗 見頃 2017年7月16日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

紫式部の邸宅跡にある廬山寺の「源氏の庭」は京都を代表する桔梗の名所として知られます。
桔梗は秋の七草のひとつにもあげられ、古くから親しまれてきました。
桔梗の開花時期には、「桔梗咲いています」という看板がかかっています。

源氏の庭 桔梗 見頃 2016年7月2日 撮影:MKタクシー
廬山寺・源氏の庭の桔梗 見頃 2016年7月2日 撮影:MKタクシー

廬山寺の源氏の庭は、平安時代の京都にあった貴族邸宅の庭園をイメージして作られています。
白砂と苔による枯山水のこじんまりとしたお庭です。
白砂の中には、苔で作った州浜状の島が配されています。
州浜形の金箔・金泥や刺繍で作った文様のことを「源氏雲」と呼びます。
源氏物語に取材した「源氏絵」でよく使われる文様であることが名前の由来です。

源氏の庭 桔梗 散りはじめ 2003年7月31日 撮影:MKタクシー
廬山寺・源氏の庭の桔梗 散りはじめ 2003年7月31日 撮影:MKタクシー

源氏雲の形をした苔島には、紫式部と「紫」つながりで桔梗が植えられています。
桔梗がメインの花の庭園です。

廬山寺の桔梗の見頃は6月末~9月初めごろです。
桔梗のつながりということでは、廬山寺には桔梗を家紋とした明智光秀の念持仏と伝えられる仏像も伝えられています。通常非公開ですが、大河ドラマが放映された2020年など、たまに公開されます。

「源氏物語 手習」国立国会図書館デジタルコレクションより
「源氏物語 手習」国立国会図書館デジタルコレクションより

源氏物語では、巻53「手習」に桔梗が登場します。
桔梗が登場する部分は以下のとおりです。

これもいと心細き住まひのつれづれなれど、住みつきたる人びとは、ものきよげにをかしうしなして、垣ほに植ゑたる撫子もおもしろく、女郎花、桔梗など咲き始めたるに、色々の狩衣姿の男どもの若きあまたして、君も同じ装束にて、南面に呼び据ゑたれば、うち眺めてゐたり。

源氏の庭 桔梗 見頃 2020年7月8日 撮影:MKタクシー
廬山寺・源氏の庭の桔梗 見頃 2020年7月8日 撮影:MKタクシー

お庭には、桔梗のほかに撫子(なでしこ)、女郎花(おみなえし)も咲いていました。
なお、前述のとおり源氏物語第20帖の巻名にもなっている「朝顔」は桔梗のことであるという説もあります。ただし、別に桔梗も登場していることから、疑問視もされています。
このことから、桔梗は秋の七草のひとつではないという説もあります。

源氏の庭 桔梗 見頃 2020年7月8日 撮影:MKタクシー
廬山寺・源氏の庭の桔梗 見頃 2020年7月8日 撮影:MKタクシー

拝観情報

廬山寺は正式には廬山天台講寺といいます。
廬山とは、中国の江西省にある古くから知られた名勝で、世界文化遺産にも指定されています。
4世紀には中国化された仏教の創始者である慧遠が廬山に東林寺を開いたため、中国仏教の第一の聖地として栄えてきました。

マンガ・アニメで人気の聖闘士星矢のドラゴン紫龍が修行を積んでいた舞台でもあります。
紫龍の必殺技である廬山昇龍覇なども、この廬山に由来します。

源氏の庭 桔梗 見頃 2007年7月8日 撮影:MKタクシー
廬山寺・源氏の庭の桔梗 見頃 2007年7月8日 撮影:MKタクシー

廬山寺は、皇室の仏事を担う四箇本寺*1の一つとして、数ある京都の寺院の中でも高い格式を誇りました。
廬山寺は10世紀に船岡山の南麓に創建され、秀吉による京都改造時に寺町の現在地へと移転しました。
境内東側には京都の街を囲んでいた御土居も一部残っています。
廬山寺の旧地には、今も蘆山寺通(廬山寺通とも)として地名が残っています。

源氏の庭 桔梗 見頃 2017年7月16日 撮影:MKタクシー
廬山寺・源氏の庭の桔梗 見頃 2017年7月16日 撮影:MKタクシー

京都御苑の東に隣接する廬山寺の現在地は、紫式部の邸宅跡と推定されています。
廬山寺は10世紀創建なので、紫式部の活躍した時代には既に創建されていました。しかし、現在地とは異なるので、おそらく紫式部と廬山寺に直接的なつながりがあったかどうかは不明です。
廬山寺と紫式部がつながるのは、16世紀に現在地へと移転してからです。

廬山寺 秋里籬嶌 1780年刊行「都名所図会」国立国会図書館デジタルコレクションより
廬山寺 秋里籬嶌 1780年刊行「都名所図会」国立国会図書館デジタルコレクションより

1780年に刊行された都名所図会の廬山寺の挿絵では、今の源氏の庭にあたる部分(画面右端)には、小さな庭しかありません。
廬山寺の源氏の庭のあたりには、「雲水の井」と書かれています。この井戸は、1030年にこの地に建てられた東北院にあったという井戸のことです。
東北院は衰微しましたが、今も真如堂付近に移転して続いています。
紫式部が井戸の水で顔を映して身だしなみを整えたともいわれています。

源氏の庭 桔梗 見頃 2007年7月8日 撮影:MKタクシー
廬山寺・源氏の庭の桔梗 見頃 2007年7月8日 撮影:MKタクシー

京都を主な舞台とした源氏物語執筆の地として注目を集め、「源氏の庭」が整備されたのは1965年のことです。
ささやかなお庭ですが、素晴らしいお庭です。

源氏の庭 桔梗 見頃 2017年7月16日 撮影:MKタクシー
廬山寺・源氏の庭の桔梗 見頃 2017年7月16日 撮影:MKタクシー

廬山寺は京都の洛陽三十三所観音霊場の32番であり、毘沙門天を祀る京都七福神*2のひとつでもあります(都七福神とは別物です)。
廬山寺境内の東奥にある墓地の奥には、豊臣秀吉が築いた御土居が残されています。
国史跡に指定されている遺構ですが、廬山寺奥のわかりにくい位置にあるのでご注意を。

源氏の庭 桔梗 見頃 2017年7月16日 撮影:MKタクシー
廬山寺・源氏の庭の桔梗 見頃 2017年7月16日 撮影:MKタクシー
拝観時間 9:00~16:00
拝観料 大人   500円
小中学生 400円
TEL 075-231-0355
住所 京都市上京区寺町通り広小路上る北之辺町397
アクセス 京阪「出町柳」「神宮丸太町」より徒歩15分
市バス「府立医大病院前」より徒歩5分

公式ホームページ:天台圓淨宗 廬山寺公式HP

源氏の庭 桔梗 見頃 2007年7月8日 撮影:MKタクシー
廬山寺・源氏の庭の桔梗 見頃 2007年7月8日 撮影:MKタクシー
廬山寺の関連記事

 

 

③東福寺 天得院(とうふくじ てんとくいん)〈東山区〉

天得院 桔梗 五分咲き 2013年6月27日 撮影:MKタクシー
東福寺・天得院の桔梗 五分咲き 2013年6月27日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

京都で「桔梗の寺」といえば、ここ東福寺の天得院。
桔梗がメインのお庭というだけでも珍しいですが、桔梗の時期だけ特別公開されるというお庭は京都でもこの天得院だけです。
よく見ると天得院の建物や屋根瓦にも桔梗紋が使われているくらいです。

天得院 桔梗 五分咲き 2016年6月27日 撮影:MKタクシー
東福寺・天得院の桔梗 五分咲き 2016年6月27日 撮影:MKタクシー

紅葉シーズンは京都でも有数の賑やかさを見せる天得院をはじめとする東福寺界隈も、桔梗の季節は静かなものです。
京都駅から東福寺駅まではわずか一駅ですが、日頃の喧騒から離れています。天得院のお庭でしばらく縁側に座ってぼーっと桔梗を見つめていたくなります。

天得院 桔梗 見頃 2016年7月3日 撮影:MKタクシー
東福寺・天得院の桔梗 見頃 2016年7月3日 撮影:MKタクシー

天得院の庭園は、桔梗だけではなく、緑が鮮やかな苔も見どころです。
ちょうど梅雨の時期なので、天得院の庭園では一年で苔がもっとも生き生きとした姿を見せてくれます。
天得院の杉苔と桔梗の庭は、桃山時代の天得院再興時に作庭されたものです。
1968年には、作庭家・中根金作によって一部改修されました。
苔は大海を表しているとされ、かつては坐禅を組んだという坐禅石が配されています。

天得院 桔梗 見頃 2013年6月27日 撮影:MKタクシー
東福寺・天得院の華頭窓から見える桔梗 見頃 2013年6月27日 撮影:MKタクシー

天得院方丈南庭が有名ですが、方丈西庭も桔梗が美しいお庭です。
禅宗に特有の形式の窓である華頭窓(かとうまど)からは、石灯籠と桔梗が見えます。
さかさまに見ると、花の形に見えることが名前の由来です。
薄暗い天得院の方丈から、明るい光が差す庭園と桔梗が見える景色は天得院のシンボルとして人気です。

天得院の桔梗シーズンの特別公開は6月25日(金)~7月18日(日)のみ(2021年)なので要注意です。
夜には、珍しい桔梗のライトアップも開催されます。

天得院 桔梗 見頃 2020年7月8日 撮影:MKタクシー
東福寺・天得院の桔梗 見頃 2020年7月8日 撮影:MKタクシー

2021年秋には京都非公開文化財特別公開で秋も拝観可能です。
2021年10月16日(土)~11月17日(水)に公開されます。
特別公開にあわせて初夏の開花後に秋にも開花するように手入れされました。
普段は見られない、天得院の秋の桔梗が見られるチャンスです。

拝観情報

天得院は、京都五山のひとつである東福寺の塔頭寺院です。
大坂の陣の発端となった京都方広寺大仏殿の鐘銘事件の文面を選したことで有名な文英清韓(ぶんえいせいかん/東福寺第297世)の住庵が天得院だったため、一時廃絶しました。
1789年に改めて天得院が再興されました。

天得院は通常非公開ですが、6~7月の桔梗開花期と紅葉シーズンのみ特別公開されます。
2020年の紅葉シーズンは、昼の部は精進料理付きプランで4,400円、抹茶・菓子付きプランで1,300円、夜の部は600円で特別公開されました。

天得院 お茶と桔梗の生菓子 2021年7月1日 撮影:MKタクシー
東福寺・天得院のお茶と桔梗の生菓子 2021年7月1日 撮影:MKタクシー

天得院では、プラス800円でお抹茶とお菓子もいただくことができます。
桔梗をイメージしたお菓子が出て来ます。
天得院の桔梗は紫と白がありますが、桔梗の生菓子も紫と白から選べます。今回は紫色を選びました。
中は白あんが詰まっており、上品な甘みです。
天得院で食べられる桔梗の生菓子は東福寺駅前にある鶴屋弦月さんのお菓子です。
桔梗の生菓子は天得院さん専用に作られているお菓子で、店舗にいっても購入することはできません。
ぜひ天得院でお庭の桔梗を眺めながら桔梗の生菓子とお茶をいただきましょう。

天得院 桔梗 見頃 2013年6月27日 撮影:MKタクシー
東福寺・天得院の桔梗 見頃 2013年6月27日 撮影:MKタクシー

桔梗の生菓子を作っている鶴屋弦月さんは東福寺や泉涌寺の御用達の京菓子店です。
他のお菓子も魅力的なので、天得院で食べた桔梗の生菓子を気に入った方は、ぜひ帰りに立ち寄ってみて下さい。東福寺駅からすぐのところです。

天得院では、京湯元 ハトヤ瑞鳳閣による、「天得院の特別公開&精進料理ランチプラン」もあります。2021年は6月26日~7月)。
精進料理をいただきながら天得院を楽しめるという贅沢なプランです。

天得院 桔梗 見頃 2008年7月15日 撮影:MKタクシー
東福寺・天得院の桔梗 見頃 2008年7月15日 撮影:MKタクシー

奥に見える大きな木は、チャボヒバという樹齢400年の木です。
ヒノキを品種改良して園芸品種で、日本庭園ではこんもりとした木としてよく植樹されます。
枝葉が鶏のチャボに似ていることが名前の由来です。

天得院 桔梗 見頃 2021年7月1日 撮影:MKタクシー
東福寺・天得院の桔梗 見頃 2021年7月1日 撮影:MKタクシー
特別拝観 6月25日(金)~7月18日(日)【2021年の場合】
拝観時間 10:00~16:30(受付終了は16:00)
拝観料 大人  500円
中高生 300円
小学生以下無料(保護者同伴に限る)
TEL 075-561-5239
住所 京都市東山区本町15-802
アクセス 京阪「東福寺」・JR「東福寺」より徒歩7分

ライトアップ

開催期間 6月25日(金)~7月18日(日)【2021年の場合】
拝観時間 18:00~20:30(受付終了は20:00)
拝観料 大人  600円
中高生 300円
小学生以下無料(保護者同伴に限る)

公式ホームページ:京都東福寺 天得院

精進料理プラン(京湯元 ハトヤ瑞鳳閣)

開催期間 6月26日(土)~7月11日(日)【2021年の場合】
時間 11:30~13:30
料金 4,800円
TEL 075-361-8108(京湯元 ハトヤ瑞鳳閣。受付9:00~20:00)

公式ホームページ: 天得院の特別公開&精進料理ランチプラン |京湯元ハトヤ瑞鳳閣

鶴屋弦月

営業時間 9:00~18:00
定休日 火曜日
TEL 075-561-0627
住所 京都市東山区本町14-255
アクセス 京阪「東福寺」・JR「東福寺」より徒歩2分

 

④智積院(ちしゃくいん)〈東山区〉

智積院 五分咲き 2020年6月16日 撮影:MKタクシー
智積院の桔梗 五分咲き 2020年6月16日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

京都駅から七条通を東へ、東山七条のどんつき(突き当り)の目立つところに桔梗紋を掲げている智積院。
智積院の金堂へ向かう参道の両脇をたくさんの桔梗が彩ります。紫や白だけではなく、まだらの桔梗もあるので探してみましょう。

智積院 五分咲き 2020年6月22日 撮影:MKタクシー
智積院の桔梗 五分咲き 2020年6月22日 撮影:MKタクシー

なぜ桔梗紋が寺紋なのかというと、前身の祥雲寺の造営奉行を務めた加藤清正の家紋をもらったことに由来します。
加藤清正と言えば「蛇の目紋」の方が有名ですが、同じく桔梗紋も使っていました。

桔梗紋をまとった加藤清正 大蘇芳年「芳年武者无類」国立国会図書館デジタルコレクションより
桔梗紋をまとった加藤清正 大蘇芳年「芳年武者无類」国立国会図書館デジタルコレクションより

智積院の桔梗の見頃は7月上旬~中旬と9月中旬~下旬です。
7月上旬まで見頃が続く智積院のあじさい苑も、無料で楽しめる京都屈指のあじさいスポットとして要注目です。

智積院 見頃 2019年7月3日 撮影:MKタクシー
智積院の桔梗 見頃 2019年7月3日 撮影:MKタクシー

6月上旬~7月上旬のアジサイもかなりおすすめ

桔梗の1回目の開花期前半と同時に見頃を迎えている智積院のアジサイもおすすめです。
参道脇にあってわかりやすい桔梗とは異なり、智積院のあじさい苑は本堂にあたる金堂の裏側というわかりにくい場所にあります。

かなりおすすめなので、桔梗を見に智積院を訪れた際には、是非立ち寄ってみてください。

拝観情報

京都に数ある総本山の中でも、末寺3,000を誇る大きな宗派である真言宗智山派の総本山が智積院です。
東寺や高野山、仁和寺などの古義真言宗にたいして、11世紀に成立した新義真言宗の中心寺院です。
真言宗の主要16派でつくる真言宗各派総大本山会の事務局も智積院に置かれています。

智積院 散り始め 2018年8月17日 撮影:MKタクシー
智積院の桔梗 散り始め 2018年8月17日 撮影:MKタクシー

1598年に紀伊国の根来(ねごろ)から京都の現在地へと移転してきました。
秀吉が京都の淀城でなくなった嫡男・鶴松を弔うために贅を尽くして「京都第一の大寺」とも謳われた祥雲寺のあとを引き継いだため、京都を拠点として活躍した長谷川一門による桜・楓図(国宝)などを所蔵しています。

智積院は妙法院や京都国立博物館、京都女子大に隣接しています。
京都十三仏霊場*3の第一番札所でもあります。

智積院 散り始め 2018年10月1日 撮影:MKタクシー
智積院の桔梗 散り始め 2018年10月1日 撮影:MKタクシー
拝観時間 ■収蔵庫および名勝庭園
9:00~16:00
桔梗が咲く参道は日中随時
拝観料 ■収蔵庫および名勝庭園
一般     :500円
中学生・高校生:300円
小学生    :200円
桔梗が咲く参道は境内自由エリア
TEL 075-541-5363
住所 京都市東山区東大路通七条下ル東瓦町964番地
アクセス 市バス「東山七条」より徒歩すぐ
京阪「七条」より徒歩10分

公式ホームページ:真言宗智山派 総本山智積院

智積院の関連記事

 

⑤ききょうの里(ききょうのさと)〈亀岡市〉

ききょうの里 八重の桔梗 見頃 2009年7月12日 撮影:MKタクシー
ききょうの里の八重の桔梗 見頃 2009年7月12日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

京都市の西隣、亀岡にある30,000本の桔梗が咲くききょうの里のスケールはまさにケタはずれ。京都でも群を抜いた規模です。
一面を青々とした桔梗が覆い、海とはいわないまでも池のような見事さです。

桔梗と聞いて思い浮かべる歴史的人物といえば、やはり明智光秀。
水色桔梗紋は明智光秀のシンボルマークです。

谷性寺 桔梗 五分咲き 2020年6月26日 撮影:MKタクシー
谷性寺の桔梗 五分咲き 2020年6月26日 撮影:MKタクシー

すぐ隣にある谷性寺(こくしょうじ)は京都の小栗栖で討たれた明智光秀の首塚と伝えられる塚があるなど、明智光秀ゆかりの寺院です。
一般的には反逆者と言われる明智光秀ですが、地元丹波では善政を布いた為政者として今でも敬愛を集めています。

ききょうの里 桔梗 見頃 2009年7月12日 撮影:MKタクシー
ききょうの里の桔梗 見頃 2009年7月12日 撮影:MKタクシー

明智光秀は、2020年大河ドラマ「麒麟が来る」の主人公にもなりました。
亀岡駅のすぐ近く、亀山城の外堀でもあった南郷池を中心とする南郷公園に新たに明智光秀像が建立されるなど、地元では大いに盛り上がりを見せました。
ききょうの里も明智光秀ゆかりの地として、大いに注目を集めました。

ききょうの里 明智光秀像と桔梗 五分咲き 2021年7月4日 撮影:MKタクシー
ききょうの里の明智光秀像と桔梗 五分咲き 2021年7月4日 撮影:MKタクシー

ききょうの里にも、明智光秀像があります。
もともとは京都縦貫道の篠インターに約20年間設置されていたものですが、2013年にききょうの里へと移されました。
馬に乗った姿の珍しい明智光秀の姿ですが、実は本当に明智光秀像として作られたのかも不明らしいです。

ききょうの里 桔梗 散り始め 2017年8月14日 撮影:MKタクシー
ききょうの里の桔梗 散り始め 2017年8月14日 撮影:MKタクシー

ききょうの里では、白い桔梗やピンクの桔梗、八重咲きの桔梗などが咲きます。
京都市内では京都府立植物園くらいでしか見られないような多彩な桔梗が見られるのも魅力です。

ききょうの里の開園期間は6月27日(日)~7月25日(日)です(2021年の場合)。

ききょうの里 桔梗 終わり 2019年11月9日 撮影:MKタクシー
ききょうの里の桔梗 終わり 2019年11月9日 撮影:MKタクシー

毎年初冬(11月下旬~12月下旬)には、イルミネーションイベントの「京都丹波KAMEOKA夢ナリエ」が催される会場でもあります。

入園情報

明智光秀ゆかりの谷性寺の門前に広がる5万本の桔梗園です。
地元住民により整備され、2003年に開園しました。明智光秀といえば、水色桔梗を家紋としていたことで知られます。

桔梗だけではなく、ゆり・はんげしょう・ぎぼうし・ルドベキア・アガパンサス・ひまわり等も楽しめます。

開園期間 6月27日(日)~7月25日(日)【2021年の場合】
入園時間 9:00~16:00
入園料 中学生以上:600円
TEL 0771-26-3753
住所 京都府亀岡市宮前町猪倉谷田23-2
アクセス 京都縦貫道「亀岡IC」より8km

公式ホームページ:丹波かめおか光秀物語 ききょうの里|京都丹波夢ナリエ|イルミネーション

亀岡駅(大河ドラマ館)からききょうの里までの道のりを動画で確認できます

ききょうの里の関連記事

 

 

⑥建仁寺 禅居庵(けんにんじ ぜんきょあん)〈東山区〉

禅居庵 桔梗 五分咲き 2020年6月23日 撮影:MKタクシー
建仁寺・禅居庵の桔梗 五分咲き 2020年6月23日 撮影:MKタクシー

おすすめポイント

今回選んだ6ヶ所の中でも、最も穴場で、かつ京都の桔梗スポットとして取り上げられることもめったにないのが、建仁寺の塔頭である禅居庵です。
禅居庵は京都人でも知る人の少ない桔梗スポットです。

禅居庵 桔梗 見頃 2020年6月29日 撮影:MKタクシー
建仁寺・禅居庵の桔梗 見頃 2020年6月29日 撮影:MKタクシー

苔に覆われた禅居庵の参道脇をたくさんの桔梗が彩ります。
あまり訪れる人もいない建仁寺の塔頭寺院なので、静かに桔梗を楽しむことができます。

禅居庵 桔梗 見頃 2021年6月30日 撮影:MKタクシー
建仁寺・禅居庵の桔梗 見頃 2021年6月30日 撮影:MKタクシー

ちょうど京都を代表する祭りである祇園祭の頃に桔梗が見頃を迎えますので、京都を訪れた際にはぜひ訪ねてみましょう。

見頃は7月上旬~下旬です。

禅居庵 桔梗 見頃 2019年7月2日 撮影:MKタクシー
建仁寺・禅居庵の桔梗 見頃 2019年7月2日 撮影:MKタクシー

拝観情報

京都五山のひとつであり京都で初めての禅寺である建仁寺の南西端に位置する塔頭寺院です。
京都府有形文化財に指定されている本堂の摩利支天堂では、京都でも珍しい摩利支天を祀っており、日本三大摩利支天のひとつとして知られます。境内には眷属である猪の狛猪などがたくさんあります。
護王神社と並ぶ京都のイノシシスポットとして有名です。

禅居庵 桔梗 散り始め 2019年9月20日 撮影:MKタクシー
建仁寺・禅居庵の桔梗 散り始め 2019年9月20日 撮影:MKタクシー
拝観時間 9:00~17:00
拝観料 境内自由
TEL 075-561-5556
住所 京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町146
アクセス 京阪「祇園四条」より徒歩5分

 

 

明智光秀と桔梗紋

桔梗紋たなびく勝龍寺城
桔梗紋たなびく細川ガラシャゆかりの勝龍寺城(長岡京市) 撮影:MKタクシー

桔梗紋といえば、明智光秀の家紋として知られます。
桔梗紋は、もともと美濃を中心に栄えた美濃源氏の土岐一族の家紋でした。

岐阜大河ドラマ館 2020年9月9日 撮影:MKタクシー
岐阜大河ドラマ館 2020年9月9日 撮影:MKタクシー

南北朝時代には北朝方の軍事力の中核として大活躍した土岐一族は、その家紋から「桔梗一揆」とも称えられたました。
土岐一族の一員である明智氏の出身とされる明智光秀も、桔梗紋を家紋として使用しました。

明智城跡(岐阜県可児市) 2020年9月9日 撮影:MKタクシー
明智城跡(岐阜県可児市) 2020年9月9日 撮影:MKタクシー

もっとも、明智光秀が土岐一族の明智氏の出身かどうかはっきりしたことは不明です。
しかし、大河ドラマが描くように明智城主(岐阜県可児市)の御曹司であるかどうかはともかく、明智氏の血を引く一族の一員であった可能性は高いという説が有力です。

福知山城 桔梗 2018年9月2日 撮影:MKタクシー
福知山城の桔梗 2018年9月2日 撮影:MKタクシー

織田軍団のなかでも精鋭をもって鳴る明智軍団の桔梗紋は、敵味方問わず広く知られていました。桔梗紋は敵にとっては恐怖の的、味方にとっては頼もしい存在だったことでしょう。
本能寺の変のとき、敵が桔梗紋であることを知らされた織田信長が、敵が明智光秀であることを知り、「是非に及ばず」とつぶやいたということは有名です。

明智光秀最期の地「明智藪」 2020年8月22日 撮影:MKタクシー
明智光秀最期の地「明智藪」 2020年8月22日 撮影:MKタクシー

 

 

おわりに

猛暑で知られる京都ですが、夏の暑い時期には、少しでも涼を感じるために桔梗の花を見に来てください。
春や秋とは違い、桔梗が咲くのは人の少ない時期だからこそ凛とした古都・京都の空気を感じていただけるでしょう。

MKの観光貸切タクシーなら、暑い時期でも比較的快適に京都を巡っていただけます。
アクセスしづらい場所でもタクシーにおまかせ!
観光・おもてなしのプロといっしょに一味ちがう京都旅行を体験してみませんか?

浄瑠璃寺 桔梗 見頃 2017年7月2日 撮影:MKタクシー
浄瑠璃寺の桔梗 見頃 2017年7月2日 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

京都の夏の花おすすめスポット記事

紫陽花(アジサイ)<見頃:6月中旬~7月上旬>
桔梗(キキョウ)<見頃:6月下旬~10月上旬>
蓮(ハス)<見頃:7月中旬~8月中旬>
百日紅(サルスベリ)<見頃:7月下旬~9月上旬>
木槿(ムクゲ)<見頃:7月~8月>
芙蓉(フヨウ)<見頃:8月下旬~9月下旬>

*1:他は二尊院、遣迎院(けんごういん)、般舟院(はんじゅういん)

*2:他は、三千院、松ヶ崎大黒天、護浄院(清荒神)、革堂(行願寺)、長楽寺o、京都ゑびす神社、毘沙門堂など。組み合わせは諸説あり

*3:他に清凉寺(釈迦如来)、戒光寺(文殊菩薩)、大光明寺(普賢菩薩)、大善寺(地蔵菩薩)、泉涌寺(弥勒菩薩)、平等寺(薬師如来)、大報恩寺(観音菩薩)、仁和寺(勢至菩薩)、法金剛院(阿弥陀如来)、隨心院(阿閦如来)、教王護国寺(大日如来)、法輪寺(虚空蔵菩薩)

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

まだ知らない京都に出会う、
特別な旅行体験をラインナップ

MKタクシーでは様々な京都旅コンテンツを
ご用意しています。