MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

夏に大輪の花を咲かせる、京都の芙蓉(フヨウ)おすすめスポット5選

f:id:mk_taxi:20190827171452j:plain

晩夏を彩る大輪の花である芙蓉(フヨウ)。15cmくらいの大きな目立つ赤・ピンク・白の花を咲かせ、京都の夏の青空に映えます。
中国原産とされていますが、富士山の雅称を「芙蓉峰(ふようほう)」というとおり、京都をはじめ日本でも古くから親しまれてきました。京都では寺社はもちろん公園や堤防でもよく見かけます。
場所や天気によって賑やかな風情に見えるときもあれば、ひっそりと儚げに見えるときもある不思議な花です。

京都にある芙蓉のおすすめスポットを5つご紹介します。 

 芙蓉(フヨウ)とは

f:id:mk_taxi:20190815102615j:plain

芙蓉(フヨウ)


アオイ科フヨウ属の低木です。
日本から中国にかけて自生していますが、本来の原産地は中国です。日本には奈良時代頃に渡来し、京都でも広く植えられてきました。

古くから品種改良され、八重など多くの園芸品種があります。
萼(がく)の付け根に蜜腺があり、アリが列をなしているのをよく見かけます。

強健なため、京都でも庭園や街路樹、公園樹としても広く利用されています。
木槿(ムクゲ)とも接ぎ木ができるくらい近縁です。

① 法輪寺(ほうりんじ)

f:id:mk_taxi:20190813182924j:plain

おすすめポイント

京都を代表する芙蓉スポットといえば法輪寺。同名の寺は京都だけでも複数ありますが、「だるま寺」の通称で知られる西ノ京の法輪寺です。
達磨堂前の達磨(だるま)像を取り囲むように咲く芙蓉が見どころです。角度によっていかめしいとも、ユーモラスとも見えるお顔をしただるまさんをバック咲く芙蓉の花は絵になります。
この達磨像の足下には十二支の小さな像があり、自分の干支の像をお参りするとご利益があります。

見頃は9月上旬~10月中旬ごろです。

f:id:mk_taxi:20190813182951j:plain

拝観情報

「だるま寺」の通称で知られ、戦後日本の復興を祈願して作られた達磨堂の堂内には、8千余りものだるまさんが祀られています。
京都でも最近人気が高まりつつあり、京都を訪れた外国人観光客の姿を見かけることもあります。
本堂東側の「十牛の庭」は、仏道入門から悟りに至るまでの道程を、十段階で示したものです。

拝観時間 9:00~16:00
拝観料

大人 300円
中人 200円
小人 100円
TEL 075-841-7878
住所 京都市上京区下立売通西大路通東入ル
アクセス JR「円町」より徒歩5分

 

② 妙蓮寺(みょうれんじ)

f:id:mk_taxi:20190813182507j:plain

おすすめポイント

変種である酔芙蓉(スイフヨウ)の名所として有名ですが、数的には芙蓉の方がメインになります。芙蓉や酔芙蓉を植え始めたのは30年ほど前と、それほど古い話しではありません。
芙蓉は境内各所で咲いているの見ることできますが、特に本堂前は一重と八重の白からピンクの芙蓉がたくさん咲きます。
門前の紅色を中心とした一重の芙蓉も見ごたえがあります。

芙蓉が散りはじめるのと合わせて酔芙蓉が見頃を迎えます。芙蓉と酔芙蓉を合わせると京都随一の名所と言ってよく、長く楽しむことができます。
10月に入ると、秋に咲く桜として知られる「御会式桜(おえしきざくら)」も咲きだし、境内は賑やかになります。

見頃は8月中旬~10月上旬ごろです。

f:id:mk_taxi:20190813182528j:plain

拝観情報

塔頭8ヶ寺を擁する本門法華宗の大本山寺院です。京都に日蓮の教えを広めた日像によって鎌倉時代に創建され、京都各地を転々としたのち、1587年に秀吉の京都改造に伴い現在地に移転しました。同じく法華宗(日蓮宗)系の大寺院が集まる寺之内の一角にあります。
「十六羅漢の庭」といわれる石庭や長谷川派による障壁画で知られます。 
日蓮上人の命日である10月13日に行われる御会式(おえしき)の頃に開花する御会式桜が有名です。

拝観時間 10:00~16:00(芙蓉は日中随時エリア)
拝観料 500円(芙蓉は境内自由エリア)
住所 上京区寺ノ内通大宮東入ル
アクセス 地下鉄「今出川」より徒歩16分

 公式HPはこちら

 

 ③ 東福寺(とうふくじ)

f:id:mk_taxi:20190813182618j:plain

おすすめポイント

京都随一の芙蓉が見られるのは、東福寺の端っこ。現在の寺域の南西端にある南大門です。東福寺境内というより、京都と伏見を結ぶメインストリートだった本町通から東へ少し入ったところです。
門の両側に白からピンクの一重の芙蓉が咲き誇ります。寿命が一日の一日花ながら次から次へと絶えることなく開花し、道路脇には散った芙蓉の花でぎっしりになります。
門を通る道路は自動車も通行するので、十分に気を付けてください。

見頃は8月中旬~10月中旬ごろとかなり長めです。

f:id:mk_taxi:20190813182648j:plain

拝観情報

京都五山の第四位として栄えてきた臨済宗東福寺派の大本山寺院です。
東福寺という名は奈良の東大寺の「東」と興福寺の「福」にちなみ、禅寺として大伽藍を持ち、京都五山文化の一翼を担ってきました。
秋の紅葉は京都で最も有名と言っても過言ではないほど人気です。
南大門は、桃山時代の建立の四脚門(しきゃくもん)で京都府の指定文化財です。 

拝観時間 4~10月
9:00~16:30(受付は16:00) 11月~12月第一日曜日
8:30~16:30(受付は16:00) 12月第一日曜日~3月
9:00~16:00(受付は15:30)
芙蓉の咲く南大門は日中随時エリア
拝観料

大人   400円
小中学生 300円
芙蓉の咲く南大門は境内自由エリア
TEL 075-561-0087
住所 京都市東山区本町15丁目778
アクセス 京阪「鳥羽街道」より徒歩7分
芙蓉の咲く南大門の場合

公式HPはこちら

④ 祇園白川(ぎおんしらかわ)

f:id:mk_taxi:20190813182757j:plain

おすすめポイント

四季を通じて様々な花が咲く京都を代表するスポットである祇園を流れる白川沿いは、晩夏から初秋にかけて芙蓉で彩られます。
京都を代表する趣きある町並のなか、溶け込むように一重の白やピンクの芙蓉が咲いています。川の向こうには歴史ある料理旅館などが建ち並んでいます。

見頃は8月下旬~10月中旬ごろです。

f:id:mk_taxi:20190813182829j:plain

拝観情報

京都でも東の端にある八坂神社の門前町として生まれ、江戸時代からは大衆文化の街として発展しました。特に新橋通には江戸末期から明治初期の町家が残り、京都市内でも4ヶ所しかない「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています
白川沿いの道は、戦時疎開によって誕生した実は歴史の浅い京都の道です。

⑤ 京都府立植物園

f:id:mk_taxi:20190813183111j:plain

タイタンビカス

おすすめポイント

日本最大級の植物園である京都府立植物園では、四季彩の丘や北山門前など園内各所で芙蓉を見ることができます。
近縁種であるアメリカフヨウやモミジアオイ、両者の交配種であるタイタンビカスなど、植物園だけあって他ではあまり見ないような種類の花もたくさんあります。
特にタイタンビカスは、神話の巨人(タイタン)に由来することからもわかるとおり、20cmを超える大きな花を咲かせるので驚きです。

見頃は9月上旬~10月上旬です(タイタンビカスは8月頃)。

f:id:mk_taxi:20190813183127j:plain

入園情報

1924年に開園した日本を代表する植物園です。京都府民の休日のお出かけ定番スポットです。
広い敷地をぶらぶら歩けば、植物が約12,000種。
桜や梅、つばき、花しょうぶ、あじさいなど昔から親しまれてきた植物のほか、バラ園など左右対称の造形美が楽しめる洋風庭園など変化に富んでいます。
熱帯の植物が見られる温室もあります(別途入館料が必要です)。

休園日 12月28日~1月4日
入園時間 9:00~17:00(受付終了は16:00)
拝観料 一般   :200円
高校生  :150円
中学生以下:無料
TEL 075-701-0141
住所 京都市左京区下鴨半木町
アクセス 地下鉄「北山」よりすぐ

公式HPはこちら

 

おまけ:芙蓉(フヨウ)と木槿(ムクゲ)の見分け方

接ぎ木ができるくらい近縁な芙蓉と木槿は見た目も似ています。
芙蓉の方が開花が遅めですが、同時に咲いているのも良くみかけます。

識別方法として、決定的に異なるのは雌しべです。

f:id:mk_taxi:20190814085848j:plain

他にも

  • 大きく掌状の葉のフヨウに対し、小さ目で葉の先が少し尖ったムクゲ
  • 枝分かれしこんもりと枝を広がるフヨウに対し、箒状に上へと枝をのばすムクゲ

といった違いがあり、芙蓉と木槿の識別は困難ではありません。
他にも同じフヨウ属として、ハイビスカス、モミジアオイ、アメリカフヨウ、ハマボウなどがあります。
原種であればそれぞれ識別は可能ですが、種間雑種の園芸品種もあり、一筋縄にはいきません。

おわりに

ようやく京都でも暑さのピークも過ぎ、季節が秋へと移ろうとする京都で、比較的花が少なくなる時期に、長期間にわたって咲き続けるのが芙蓉です。この時期に京都観光で花を楽しみたいという方は、芙蓉もお勧めです。

MKの観光貸切タクシーなら、暑い時期でも比較的快適に京都を巡っていただけます。
アクセスしづらい場所でもタクシーにおまかせ!
観光・おもてなしのプロといっしょに一味ちがう京都旅行を体験してみませんか?

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

media.mk-group.co.jp