MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

中村哲医師から受け継がれる現地アフガニスタンでの活動③|MK新聞連載記事

f:id:mk_taxi:20210226183610j:plain

MKタクシーの車内広報誌であるMK新聞では、フリージャーナリストの加藤勝美氏及びペシャワール会より寄稿いただいた中村哲さんの記事を、2000年以来これまで30回以上にわたって掲載してきました。

加藤勝美氏が寄稿した、MK新聞2021年7月1日掲載記事です。

中村哲さん死後のペシャワール会

f:id:mk_taxi:20210630105056j:plain

主幹用水路両側に蛇籠の石積みをしている様子(2021年4月12日)

2021年5月下旬にペシャワール会本部(福岡市)から届いた現地レポートによると、クナール河は3月の3日間ほどの降雨で水位は一時的に増えたが、降雨、降雪が少ないため、住民たちは旱魃の悪化を心配している。
4月13日から断食月に入って作業時間が短縮される中、作業員は蛇籠の石積みに取り組んでいる。

f:id:mk_taxi:20210630105141j:plain

護岸の拡幅工事風景(2021年4月11日)

f:id:mk_taxi:20210630105216j:plain

現場で働いている家族に、ご飯を届けに来た子どもたち(2021年4月11日)

全長800m、幅が最大15mの護岸拡幅工事も進行中で、作業員に弁当を届ける子どもたちの姿も見える。
取水門の横には花壇があり、作業員は笑顔を見せながら花を植えている。

f:id:mk_taxi:20210630105304j:plain

取水門横の花壇に花を植え、満面の笑みを浮かべる作業員(2021年4月5日)

中村さんは次のように述べたことがある。
「アフガン人は無粋ではない。いかつい男どもはみな花好きで、特にバラの鑑賞はアフガン人の特権のようだ。」
「アフガニスタンはバラの愛好家なら羨ましいところで、日本の愛好家がまず驚くのは、病気が非常に少なく、栽培が簡単で、しかも美しい。土壌のpH、日差しの強さ、乾燥気候などが関係して、大して肥料も要らない」

f:id:mk_taxi:20210630105918j:plain

女性たちも子ども連れで訪れ、ピクニックを楽しんでいたようだ(2021年3月20日)

f:id:mk_taxi:20210630105952j:plain

ガンベリ公園はたくさんの人々が花見に訪れ、憩いの場となっている(2021年4月12日)

ところで、アフガニスタンやイランでは春分の日が元日で、イーデ・ノウローズ(新年の元旦)として祝われる。
この元旦前の平日にはガンベリ公園を訪れ、女性たちも子ども連れでピクニックを楽しんでいた。
公園には大勢が花見に訪れ、憩いの場となっている。

f:id:mk_taxi:20210630110129j:plain

水稲栽培に向け、苗床の準備が始まった(2021年4月10日)

4月に入ると、水稲栽培のため苗床の準備が始まり、今年は7~8ヘクタールを予定している。

(2021年6月1日記。文責・加藤勝美)

 

■加藤勝美

ペシャワール会北摂大阪。
1937年、秋田市生まれ。大阪市立大学経済学部卒
月刊誌『オール関西』編集部、在阪出版社編集長を経て、1982年からフリー
著書に『MKの奇蹟』(ジャテック出版 1985年)、『MK青木定雄のタクシー革命』(東洋経済新報社 1994年)、『ある少年の夢―稲盛和夫創業の原点』(出版文化社 2004年)、『愛知大学を創った男たち』(2011年 愛知大学)など多数。  

シェイワバザール(2021年2月7日)

シェイワバザール(2021年2月7日)

中村哲さんとペシャワール会関連記事

media.mk-group.co.jp

media.mk-group.co.jp 

media.mk-group.co.jp

media.mk-group.co.jp

media.mk-group.co.jp 

MK新聞について

「MK新聞」は月1回発行で、京都をはじめMKタクシーが走る各地の情報を発信する情報紙です。
MK観光ドライバーによる京都の観光情報、旬の映画や隠れた名店のご紹介、 楽しい読み物から教養になる連載の数々、運輸行政に対するMKの主張などが凝縮されています。
40年以上も発行を続けるMK新聞を、皆さま、どうぞよろしくお願いします。

ホームページからも最新号、バックナンバーを閲覧可能です。

www.mk-group.co.jp