鶏もも肉と夏野菜のパエリア|ホテルのシェフ直伝レシピ!今日のディナーはプロの味

グルメ
鶏もも肉と夏野菜のパエリア|ホテルのシェフ直伝レシピ!今日のディナーはプロの味

ホテルのシェフが教える、おうちでもさっと簡単に作れる本格料理。
今回ご紹介するのは、鶏もも肉と夏野菜のパエリア 大葉の香り。

パエリアとは、スペインのスープで炊き上げた米料理です。

今晩はおうちでホテルディナー気分を味わってみませんか?
ぜひ実践してみてくださいね!

鶏もも肉と夏野菜のパエリア 大葉の香り

鶏もも肉と夏野菜のパエリア 大葉の香り

【材料(4人前)】

  • 鶏もも肉      250g
  • ニンニク       1片
  • 玉ねぎ       1/2個
  • トマト        1個
  • ズッキーニ      1個
  • とうもろこし     1本
  • 赤パプリカ      1個
  • ピュアオリーブオイル 50cc
  • 塩、こしょう     適量
  • 白米(洗わない)   2合
  • 白ワイン       30g
  • 大葉(千切り)    6枚

《スープ》

  • 水       250g
  • 塩          6g
  • こしょう     2g
  • サフランパウダー 1g

 

 

【作り方】

❶ 夏野菜を切る

まず初めにニンニク、玉ねぎはみじん切り、トマトは横半分に切って種を取ったら1cm角にする。
ズッキーニは縦半分にして種をくり抜き1cm角にする。
とうもろこしは水洗いして実の部分を包丁でそぎ落とす。
赤パプリカは縦半分にしてへたと種と白い部分を取り除き、1cm角にする。
鶏もも肉は余分な脂と筋を取り除いて2cm角に切り、塩こしょうで軽く味付けする。

❷ スープを用意する

小鍋にスープの分量の水、塩こしょうを入れ一度沸かして火を止め、サフランパウダーを入れたら蓋をし、蒸発を防ぐ。

➌ 材料とスープをのせて米を炊く

直径26cmほどのフライパンに分量のオリーブオイル、①のカットした玉ねぎとニンニクを入れ、しんなりするまで炒める。
鶏もも肉を加え、色が白くなったら①の残りの材料を全て入れ、塩こしょうを軽く振り20秒ほど炒める。
生のお米を加え、全体に混ぜ合わせながらさらに20秒ほど炒める。
そこへ白ワインと②のスープを同時に入れ、少し混ぜたらすぐに蓋をし、中火にして8分煮る。
その後、火を止めて15分蒸らす(途中で蓋を開けないことがポイント)。
仕上げに細切りにした大葉を散らせば出来上がり。
お好みで黒オリーブなども加えてみてください。

 

リーガロイヤルホテル京都からのお知らせ

 

リーガロイヤルホテル京都 情報【暑い夏に食欲そそる!中国料理 皇家龍鳳「夏の麺フェア」】

暑い夏にぴったりの冷麺や高級食材を贅沢につかったスープそばなど料理長甲谷のこだわりが詰まった、暑い夏に食べたくなる温冷合わせて全6種類の麺料理がそろいました。

【販売店舗】「中国料理 皇家龍鳳」(地下1階)

【販売時間】
〔ランチ〕 11:30~15:30(ラストオーダー14:30)
〔ディナー〕17:00~21:30(ラストオーダー21:00)

【販売期間】
2022年7月1日(金)~8月31日(水)
〔定休日〕毎週月・水曜 ※祝日を除く
※記載内容の期間・休業日・営業時間などは状況により変更となる場合がございます。

【内容】

  • 龍鳳涼麺 2,450円
    ボリュームたっぷりの冷麺を胡麻ダレとしょうゆダレにつけて、お好きなトッピングとともに。
  • 胡麻だれ担々麵 1,850円
    胡麻とくるみが入ったスープはコクと風味をお愉しみいただけます。自家製辣油(ラーユ)がアクセント。
  • 四川担々麵 1,850円
    醤油ベースに自家製辣油(ラーユ)、山椒油(さんしょうあぶら)、黒酢の一種である鎮江香酢(ちんこうこうず)などを使用した四川担々麵。
  • 酸味と辛味のスープそば 1,950円
    お酢の酸味と八角(はっかく)や桂皮(けいひ)、草果などを高温の油で香りづけした自家製辣油(ラーユ)がポイント。
  • フカヒレと上海蟹味噌入りスープそば 3,700円
    上海蟹味噌入りスープにほぐした蟹身とフカヒレが入った豪華なスープそば。
  • フカヒレの醤油風味スープそば 5,500円
    贅沢にフカヒレの姿煮を1枚乗せた、あんかけスープそば。

【お問い合わせ】リーガロイヤルホテル京都「中国料理 皇家龍鳳」075-361-9222(直通)
詳細は公式HPをご確認ください。

中国料理 皇家龍鳳|レストラン&バー

シェフ紹介

f:id:mk_taxi:20210730114916p:plain

リーガロイヤルホテル京都
懐石フランス料理 グルマン橘

寺田 和史 シェフ

 

MK新聞について

「MK新聞」は月1回発行で、京都をはじめMKタクシーが走る各地の情報を発信する情報紙です。
MK観光ドライバーによる京都の観光情報、旬の映画や隠れた名店のご紹介、 楽しい読み物から教養になる連載の数々、運輸行政に対するMKの主張などが凝縮されています。
ホテルのシェフが教える、家庭でも簡単にできるレシピは毎号ご紹介しています。
季節ごとに旬の食材を使用したレシピを掲載しているので、ぜひ今晩のディナーにご活用ください。

40年以上発行を続けるMK新聞を、皆さま、どうぞよろしくお願いします。
ホームページから最新号、バックナンバーを閲覧可能です。

 

 

関連記事

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

まだ知らない京都に出会う、
特別な旅行体験をラインナップ

MKタクシーでは様々な京都旅コンテンツを
ご用意しています。