ホテルの味に挑戦!おうちでディナーレシピ特集【パスタ編】

グルメ 趣味/生活
ホテルの味に挑戦!おうちでディナーレシピ特集【パスタ編】

おうちで過ごす時間が長い今、毎日の食事の献立レパートリーにお困りではありませんか?

おうちでホテルの味が再現できる、シェフ直伝のレシピ特集第3弾!
今回はパスタ特集です。

ご紹介するレシピはどれもおうちで簡単に実践できちゃうものばかり。
今晩の献立の参考にしてみてくださいね!

協力:協力:リーガロイヤルホテル京都懐石フランス料理 グルマン橘

 

 

① ベーコンとグリーンアスパラガスのカルボナーラ

f:id:mk_taxi:20200424194657j:plain

材料(4人前)

  • スパゲッティ       400g
  • 塩            大さじ強
  • ベーコンブロック     1パック
  • グリーンアスパラガス   8本
  • 桜えび          適量

<カルボナーラソース>

  • 卵黄           3個
  • パルメザンチーズ     30g
  • クリーム(乳脂肪分35%) 400cc
  • 塩            1つまみ
  • にんにく         1かけ
  • オリーブオイル      適量

 

作り方

1.にんにくをみじん切りに、ベーコンブロックは1cmの長方形にカットしておく。
フライパンにオリーブオイル・ベーコン・にんにくを入れ中火にかけ、ベーコンがカリッとするまで炒める。
火を止めたら具はボールに移し粗熱を取る。

2.別のボールで卵黄・パルメザンチーズ・クリーム・塩を混ぜ合わせる。
小鍋に上の卵液を入れ、沸騰直前くらいまで火を入れる。
ボールに移し入れ、ボールごと氷水にあてて急冷する。

3.グリーンアスパラガスを掃除して一口大にカットしておく。

4.鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩大さじ1強を入れる。
スパゲッティを入れ、袋の表示より1分ほど短い時間を目安に茹でる。
スパゲッティの茹であがりの1分前になったらアスパラガスを入れ、一緒に茹でる。
茹であがったらザルに上げ、茹で汁を切る。

5.ソースを冷たい状態で冷めたフライパンに入れ、茹であがったスパゲッティとアスパラガス、1のベーコンとにんにくを入れ温めながら絡める。
お皿に盛りつけてお好みで桜えびをふりかけたらできあがり!

 

 

② 海の幸と夏野菜のとろとろ冷製カッペリーニ

f:id:mk_taxi:20200424194856j:plain

材料(4人前)

  • ホタテ貝柱     8個
  • タコ        120g
  • 鱧         80g
  • 小海老       12個
  • 枝豆        1パック
  • オクラ       4本
  • トマト       3個
  • 長芋        60g
  • なめ茸       1パック
  • カッペリーニ    400g
  • オリーブオイル   適量

<和風ソース>

  • 塩         適量
  • こしょう      適量
  • オリーブオイル   100cc
  • コンソメスープ   150cc
  • めんつゆ      150cc
  • フレッシュバジル  4枚

 

作り方

1.ホタテ貝柱・小海老は塩・こしょうをふりオリーブオイルでソテーする。
タコと鱧は湯引きする。
これらは粗熱をとってから冷蔵庫で冷ましておく。

2.枝豆は5~6分塩ゆでして、なめ茸・オクラは湯通しする。
トマト1個と長芋は角切りに。

3.カッペリーニパスタは少量のオリーブオイルと塩の入ったお湯で柔らかめに茹でる。
茹であがったら氷水で冷やし、よく水分を切って、オリーブオイルを合わせる。

4.トマト2個を粗切りにして種を取り除き、ミキサーでまわして網で漉す。
コンソメスープとめんつゆを合わせて、2の野菜を加えとろみをつける。

5.3のパスタに4のソースを少量合わせる。
パスタは深皿に盛りつけ、上から1のシーフードをのせる。
4のソースを上からたっぷりとかけ、バジルの千切りをふりかけたらできあがり!

 

 

③ タコと小海老の冷製パスタ グレープフルーツとともに

f:id:mk_taxi:20200424195030j:plain

材料(4人前)

  • カッペリーニ       200g
  • タコ           80g
  • 小海老          8本
  • グレープフルーツ     2個
  • 黒オリーブ        3個

<マリネ液>

  • ピュアオリーブオイル   60cc
  • 白ワイン酢        30cc
  • たまねぎ         20g
  • ライム          少々
  • エストラゴン       少々
  • 塩            3g
  • 白こしょう        適量

<フレッシュトマトソース>

  • トマト          2個
  • エキストラバージンオイル 20cc
  • 赤ワイン酢        25cc
  • 塩            4g
  • 白こしょう        適量
  • バジル          2枚

 

作り方

1.ボイルしたタコを薄くスライスし、少しだけ塩を入れた冷水で洗って水分を切っておく。小海老も同様にボイルし冷水で洗う。
ライムは1/8ほどの櫛型にカットし搾りやすくしておく。
グレープフルーツを横から半分にカットする。
中身だけペティナイフで取り除き、身を皮から外す。
グレープフルーツは皮を器にして冷蔵庫に入れておく。

2.マリネ液の材料をすべて混ぜ合わせる。
たまねぎをみじん切りにし、少し塩もみして、水洗いし水分を取り除く。
ボールにタコ・小海老・グレープフルーツの身・黒オリーブのスライスを入れ、冷蔵庫でマリネする。
味が薄く感じる場合は塩・こしょう・白ワイン酢で味を調えておく。

3.沸騰したお湯にトマトを落として10秒ほど加熱し、すぐに氷水に落として湯むきする。
種を取り除き、適当なサイズにカットする。
バジル以外のソースの材料をミキサーで回す。
ソースをボウルに取り出し、バジルを入れて冷蔵庫で冷やしておく。

4.塩を入れたお湯でカッペリーニを茹で上げ、冷たい濃いめの塩水に落として冷やす。
素早く冷やしたらクッキングペーパーなどでしっかり水を切る。

5.フレッシュトマトソースにカッペリーニを入れて味を調える。
グレープフルーツの器にカッペリーニを入れ、上にタコと小海老のマリネを飾り、少しエキストラバージンオイルをかける。
ライムの皮をおしゃれに飾ったらできあがり!

 

 

④ あさりと九条ねぎのペンネパスタ

f:id:mk_taxi:20200424195227j:plain

材料(4人前)

  • アサリ      32個
  • 九条ねぎ     2束
  • ペンネリガーテ  400g
  • オリーブオイル  150cc
  • にんにく     1かけ
  • とうがらし    少々
  • たまねぎ     150g
  • 白ワイン     50cc
  • 牛乳       500cc
  • クリーム     150cc
  • バター      20g
  • パルメザンチーズ 適量
  • パセリ      適量
  • 塩        適量
  • こしょう     適量

 

作り方

1.鍋で湯を沸かし、塩を入れ、オリーブオイルを少し加え、ペンネパスタを少し固めに茹でる。
引き上げてオリーブオイルを絡める。
パスタの茹で汁は最後の煮込みにつかうので取っておく。

2.にんにくとたまねぎはみじん切りに、とうがらしは輪切りにする。
別鍋にオリーブオイルを入れて、切ったにんにく・とうがらし・たまねぎを加え、火入れする。
火が通ったらアサリと白ワインを加え、蓋をして蒸し上げる。
アサリの殻が開いたら貝を引き上げる。

3.2の鍋に牛乳とクリーム、バター、九条ねぎを入れ、塩・こしょうで味を調え、パスタの茹で汁を加えて1のペンネパスタを煮込む。
このときアサリも鍋に戻す。

4.お皿にパスタと具材を盛りつけ、お好みでパルメザンチーズとパセリをトッピングしたらできあがり!

 

 

⑤ 小海老とトマトの冷製パスタ 菜の花を添えて

f:id:mk_taxi:20200424195402j:plain

材料(4人前)

  • カッペリーニ       240g
  • アサリ          16個
  • 小海老          12本
  • オリーブオイル      適量
  • にんにく         1/2個
  • 白ワイン         50cc
  • 水            100cc
  • オクラ          6本
  • プチトマト        4個
  • 菜の花          8本
  • バジルの葉        5g
  • エクストラバージンオイル 適量

<フレッシュトマトソース>

  • トマト          3個
  • アサリ煮汁        150cc
  • 赤ワイン酢        30cc
  • 塩            3g
  • 白こしょう        適量

 

作り方

1.アサリを砂出ししたら、しっかりとこすりながら水で洗い流す。
小鍋にオリーブオイル、みじん切りにしたにんにくを入れ中火でソテーし、香りが出てきたらアサリと水を入れ、アサリの口が開くまで蒸し煮にする。
アサリは煮汁ごとボウルに移し冷ます。

2.トマトを湯むきし一口大にカットする。
1のアサリの煮汁と赤ワイン酢・塩・白こしょう少しを入れミキサーにかける。
ソースはボウルに移し、氷をあてて冷ましておく。

3.小海老の殻をむき、背ワタを取り除いて水洗いする。
小鍋にお湯を沸かし、火が通るまで小海老を茹で、クッキングペーパーで水気を軽く落とす。
茹であげた小海老は2のフレッシュトマトソースに入れて冷ましておく。

4.オクラは茎の先を少しだけ切り落とし、ガクの部分も少しむく。
小鍋にお湯を沸かし、塩もみしたオクラを塩がついたまま1分半~2分ほどボイルし、固さを見て氷水に落とす。
冷やしたオクラは水気を切り、半分にカットしておく。

5.菜の花もオクラと同様に塩茹でする。
プチトマトは水洗いして半分にカット。

6.少し塩を入れたお湯でカッペリーニを茹で上げ、冷たい濃いめの氷水に落として冷やす。
素早く冷やしたらクッキングペーパーで水気をしっかりと切る。

7.氷をあてて冷ましておいたフレッシュトマトソースにエクストラバージンオイル、バジルの千切りを入れ味を調えてパスタと和える。
甘ければ赤ワイン酢・塩で味を調える。
冷やしておいたお皿の中央にパスタを盛りつけ、海老・アサリ・オクラ・菜の花を盛り付けてエクストラバージンオイルを少しかけたらできあがり!

 

 

⑥ お魚のオリーブオイル焼きとペンネアラビアータ

f:id:mk_taxi:20200424195539j:plain

材料(4人前)

  • 白身魚        300cc
  • ペンネリガーテ    240g
  • オリーブオイル    100cc
  • 塩          適量
  • こしょう       少々

<アラビアータソース>

  • オリーブオイル    50cc
  • にんにく       1かけ
  • とうがらし      少々
  • たまねぎ       50g
  • トマト        2個
  • なす         2本
  • ズッキーニ      1本
  • 赤パプリカ      1/2個
  • 黄パプリカ      1/2個
  • エルブドプロヴァンス 少々
  • バジル        10枚

 

作り方

1.魚の骨を処理して、塩・こしょうをふる。

2.鍋で湯を沸かしたところに塩を3つまみ入れ、ペンネをボイルしてザルに引き上げる。
茹で汁は味の調節に使うので残しておく。
ペンネにはオリーブオイルを絡めておく。

3.鍋にオリーブオイルをしき、みじん切りにしたにんにくを入れていため、きつね色になったところにとうがらしを入れて香りを出す。
そこに角切りにしたたまねぎとトマトを加えて炒め、水分がなくなるまで煮詰める。

4.なす・ズッキーニ・パプリカを角切りにする。
フライパンで上の野菜をオリーブオイルでソテーし、3の鍋に加え塩・こしょう・エルブドプロヴァンスで味を調える。
さらに2のペンネを入れて煮込み、仕上げにみじん切りのバジルを加え、茹で汁で少しゆるめる。

5.フライパンで1の魚をオリーブオイルで焼き上げ、皿の中央に置く。
まわりに4のペンネアラビアータをソースがわりに盛りつける。
魚の上にバジルの葉を飾ったらできあがり!

 

 

⑦ きのこのクリームスパゲッティ

f:id:mk_taxi:20200424195713j:plain

材料(4人前)

  • スパゲッティ        320g
  • マッシュルーム       40g
  • しめじ           40g
  • しいたけ          40g
  • エリンギ          40g
  • まいたけ          40g
  • スライスオニオン      40g
  • ベーコン          4枚
  • フレッシュクリーム(30%) 150cc
  • パルメザンチーズ      40g
  • パセリ           適量
  • 黒こしょう         少々
  • オリーブオイル       適量
  • にんにく          1かけ
  • 赤とうがらし        1本

 

作り方

1.きのこ類はすべて食べやすい大きさに、ベーコンは短冊に切っておく。

2.フライパンにオリーブオイルとつぶしたにんにく、種を抜いたとうがらしを入れて火にかける。
にんにくが色づいたらとうがらしとともに取り出し、ベーコンを色づくまでソテーする。

3.2にスライスしたオニオンときのこ類を加えてソテーする。
そこにクリームを加えて沸騰させ、軽く煮詰める。

4.茹でたスパゲッティを3のソースに加えて軽く煮込み、塩・こしょう・パルメザンチーズで味を調え、器に盛りつける。
皿にパスタを盛りつけ、パセリをふりかけ、仕上げにオリーブオイルで風味づけをしたらできあがり!

 

 

⑧ 野菜とチキンのトマト煮込みパスタ

f:id:mk_taxi:20200424200111j:plain

材料(4人前)

  • ペンネリガーテ 320g
  • チキンもも肉  120g
  • 赤ピーマン   40g
  • 黄ピーマン   40g
  • オクラ     4本
  • たまねぎ    80g
  • マッシュルーム 40cc
  • にんにく    1かけ
  • トマト     1個
  • トマトソース  200cc
  • オリーブオイル 50cc
  • 塩       適量
  • こしょう    適量

 

作り方

1.トマト・ピーマンは半分に切り、種を取り除く。
トマトは1cm角くらいの大きさにカットし、オクラは茹でて冷水にさらす。
ピーマン・たまねぎ・マッシュルームは3mmのスライスにする。

2.チキンもも肉は2cm角にカットする。

3.塩を入れたお湯でカッペリーニを茹で上げる。

4.フライパンにオリーブオイルをしき、にんにくを入れ火にかけ、軽く色がついたら取り出す。
そこにカットしたチキンを入れ炒め、ある程度火が通ったら、ピーマン・たまねぎ・マッシュルームを加えてじっくりと炒める。

5.4にトマトソースを注ぎ、再び火にかけ、1のトマトを加える。

6.茹で上げたパスタを5に加え、ソースと絡める。
塩・こしょうで味を調える。

7.パスタを皿に盛りつけ、上にオクラを添えたらできあがり!

 

 

⑩ なすとミートソースのラザニア

f:id:mk_taxi:20200424200301j:plain

材料(4人前)

  • ラザニア    1パック
  • なす      2本

<ミートソース>

  • たまねぎ    100g
  • にんじん     50g
  • しめじ      50g
  • にんにく     1かけ
  • 合い挽きミンチ  300g
  • 塩        適量
  • こしょう     適量
  • ナツメグ     適量
  • 赤ワイン     100ml
  • ホールトマト缶  1缶
  • ケチャップ    40g
  • 水        100cc
  • コンソメキューブ 1個
  • ウスターソース  30ml
  • 砂糖       5g
  • 醤油       5ml

<ホワイトソース>

  • バター     35g
  • 小麦粉     30g
  • 牛乳      500ml
  • 塩       3g
  • 白こしょう   少々
  • 粉チーズ    適量

 

作り方

1.にんにく・たまねぎ・にんじん・しめじをみじん切りにする。
フライパンにオリーブオイル・にんにくを入れて香りが立つまで弱火で熱す。
たまねぎ・にんじん・しめじを加えて炒め、しんなりしたらさらに合い挽きミンチを加えて炒める。

2.お肉の色が変わったら、塩・こしょう・ナツメグで風味をつけて炒める。
赤ワインを加え、水分がほどんどなくなるまで煮詰める。
ホールトマト缶・ケチャップ・水・コンソメキューブ・ウスターソース・砂糖・醤油を加えて弱火で15分煮て、味を調整したらミートソースの完成。
ミートソースはボウルに出して粗熱を取っておく。

3.小鍋にバターを入れ、火にかけて溶かす。
バターが溶けたら小麦粉を入れ、焦がさないように弱火で5分ほどじっくり炒める。
火から外して冷たい牛乳を一気に注ぎ入れたら、塩・こしょうで味を調え、中火にかけて泡だて器で混ぜながら沸くまで火を入れる。

4.なすは皮に隠し包丁を入れ、横にスライスしておく。
フライパンを熱して多めの油を入れ、なすをソテーする。

5.鍋に湯を沸かし塩を大さじ1杯ほど入れ、表示時間通りにラザニアを茹でる。
ラザニアが茹で上がったら氷水に落とし、水気を切っておく。

6.耐熱のココット皿にバターを塗り、ホワイトソース→ラザニア→なす→ミートソース→ホワイトソース→ラザニア→なす→ミートソースの順に層になるように入れていく。
粉チーズをかけて180℃のオーブンで15分焼いたらできあがり!

 

 

おわりに

今晩はいつもよりひと手間加えて、おうちでちょっぴりおしゃれなディナーを楽しんでみませんか?

MKメディアでは今回のパスタ以外にも、おうちで簡単に作れるシェフ直伝のレシピをご紹介しています。
今晩の献立に、ぜひ合わせてご覧ください。

 

ホテルの味に挑戦!おうちで作れるディナーレシピ特集一覧

 

もっとたくさんレシピを見るなら

毎月1日発行のMK新聞 にて、協力:リーガロイヤルホテル京都懐石フランス料理 グルマン橘」のシェフのご協力のもと、家庭でできる本格レシピを紹介する『今日のdinnerはプロの味』を連載しています。
MKタクシーのHPではバックナンバーを公開しています。
月ごとに季節の旬を盛りこんだレシピがいっぱい!

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

まだ知らない京都に出会う、
特別な旅行体験をラインナップ

MKタクシーでは様々な京都旅コンテンツを
ご用意しています。