MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

京都を代表する人気あじさいスポット「藤森神社」が誇る紫陽花苑

f:id:mk_taxi:20190628180233j:plain

毎年6/15に紫陽花祭が斎行され、あじさいで有名な藤森神社。
3,500株という藤森神社の紫陽花苑は、京都市内でも善峯寺に次ぐ規模です。

 

 

藤森神社とは

社伝では約1800年前の創建といわれる古社が藤森神社です。
古来から武運の神様として信仰を集め、今では馬と勝負事の神様として競馬関係者や競馬ファンの参詣が絶えません。

5/5の駈馬神事や、6~7月のあじさいが有名です。馬場の西側にある第一紫陽花苑と、本殿をとり囲むような第二紫陽花苑があります。

毎年6月15日に斎行される藤森神社の紫陽花まつりでは、献花・献茶・神楽奉納などが行われます。

藤森神社では期間限定で紫陽花の御朱印も授与されます。

基本情報

開苑時間 9:00~16:00
拝観料 350円(あじさい期間のみ)
TEL 075-641-1045
住所 京都市伏見区深草鳥居崎町609
アクセス 京阪「墨染」より徒歩5分
JR「JR藤森」より徒歩5分

藤森神社公式HP

 

藤森神社の紫陽花苑

紫陽花苑の位置

f:id:mk_taxi:20190621123316j:plain

藤森神社にはメインの第一紫陽花苑と、やや小規模の第二紫陽花苑の二つあります。
第一紫陽花苑は藤森神社拝殿より南の馬場の西側、第二紫陽花苑は藤森神社本殿の北と東を取り囲むように位置しています。

受付は第一紫陽花苑の北側にあり、ここの受付で入苑料300円を支払います。
第二紫陽花苑の入口には受付はありませんのでご注意を。
藤森神社本殿参拝→第一紫陽花苑→第二紫陽花苑という順路になります。

多彩な品種が咲く大規模な藤森神社「第一紫陽花苑」

f:id:mk_taxi:20190621174643j:plain

2018年6月1日撮影

5月のGWには駈馬祭りが行われることで有名な馬場の西側に広がるのが藤森神社の第一紫陽花苑です。
開花は京都市内の標準的なもので、概ね6月上旬から咲き始めます。

見頃を迎えるのは、6月中旬から下旬にかけてです。ちょうど見頃を迎えようとする6月15日には藤森神社で紫陽花まつりが催されます。

f:id:mk_taxi:20190625140315j:plain

2007年6月17日撮影

赤、青、紫など多彩な色合いをした花が咲き乱れます。
あふれるような藤森神社のあじさいの海の中に散策路が伸びています。
途中にはぬかるんですべりやすいところもあります。晴天が続いていても散水機によって苑内は常に湿っています。
滑らないようしっかりした足回りで訪れましょう。

紫陽花苑内の小川ではホタルを復活させる取り組みが行われています。京都都では都心部でも蛍の復活に力を入れています。
運が良ければ藤森神社のあじさいが咲き始めた頃にホタルが飛ぶのを見ることができるかもしれません。

実は新しい名所だった紫陽花苑 

f:id:mk_taxi:20190621174849j:plain

2007年6月17日撮影

今や「紫陽花の宮」とまで呼ばれる藤森神社ですが、実は花菖蒲園を作りたかったそうです。
土壌の関係で紫陽花苑に変更したのが始まり。 
菖蒲の節句発祥地として知られる藤森神社ですから、花菖蒲が第一候補になるのは納得です。
花菖蒲は第一紫陽花苑の入口付近に鉢植えが少し置かれていて、あじさいが咲きはじめる頃に見頃を迎えます。

戦前のガイドブックを見ると、藤森神社はあじさいではなく藤の名所として知られていたと書かれています。「藤」+「森」ですもんね。


藤森神社があじさいの名所になったのは実は最近のお話です。

必ず水に濡れたあじさいが見られるタイミングも

f:id:mk_taxi:20190621175104j:plain

2019年6月21日撮影

あじさいと言えば、雨に濡れた姿が藤森神社のあじさいの魅力のひとつです。
濡れて瑞々しい姿はあじさいの魅力を最大限引き出してくれます。

しかし、実際に雨の中あじさいを見に行くのは大変ですし、梅雨の時期とはいえ雨が降るかどうかはわかりません。

そんななか、藤森神社では、毎日確実に濡れた姿を見ることができます。
紫陽花苑の開苑時間は9時から16時ですが、概ね1~2時間前の朝7時台や夕方18時台には自動散水機による水まきが行われます。

もちろん閉苑後のため、内部には入れませんが、外からでも十分楽しむことができます。

f:id:mk_taxi:20190621180548j:plain

2019年6月21日撮影

ただし、あまり近づきすぎるとびしょ濡れになるのでご注意を。

自動散水機の射程をじゅうぶんに読み、くるくる回る隙をうまくつくのがコツです。 

京都市内で最も開花が遅い「第二紫陽花苑」

f:id:mk_taxi:20190625135403j:plain

2019年6月25日撮影

藤森神社本殿の周囲にある第二紫陽花苑は、第一紫陽花苑より1週間ほど開花が遅いのが特徴です。

藤森神社の第二紫陽花苑は、京都市内でも最も開花が遅いあじさいスポットのひとつです。
他の京都にある有名あじさいスポットでは、散りかけてしまった頃に訪ねてみるのも良いでしょう。

紫陽花苑の開苑直後だと、まだようやく咲きはじめといった感じです。

f:id:mk_taxi:20190621181323j:plain

2017年6月15日撮影

藤森神社の第二紫陽花苑の定番撮影スポットのひとつが、神鎧像(かむよろいぞう)前です。
神鎧像は第二紫陽花苑の入口脇にあります。

勝運の神様として武士の信仰を集めてきた藤森神社らしい一枚を撮りましょう。

 あじさい期間限定の特別御朱印

f:id:mk_taxi:20190625115603j:plain

あじさい祭り期間限定の特別御朱印が授与されます。
御朱印を集めている方には人気が高い御朱印です。

 2019年は「紫陽花の宮」と書かれた青い紙の御朱印と、「藤森神社」と書かれた赤い紙の御朱印の二種類あります。
いずれも数量限定なのでご注意ください。

おわりに

京都の雨の季節は深い緑と景色を彩るあじさいを見に来てください。
また桜や紅葉とは違う、凛とした古都・京都の空気を感じていただけるでしょう。

MKの観光貸切タクシーなら、雨の日でも快適に京都を巡っていただけます。
アクセスしづらい場所でもタクシーにおまかせ!
観光・おもてなしのプロといっしょに一味ちがう京都旅行を体験してみませんか?

観光貸切タクシーの詳細はこちら

 

f:id:mk_taxi:20190527180807j:plain