MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

秋の田園風景を色鮮やかに彩る京都の「コスモス」おすすめスポット6選

f:id:mk_taxi:20191002195234j:plain

9月下旬から11月上旬にかけて日本中を彩るコスモス。
その名称から、外来種であることは誰もが知るところですが、コスモスほど京都の景色に定着した花も珍しいでしょう。
京都でも郊外の休耕田にコスモスが植えられているをよく見かけます。京都の美しい田園風景をバックに一面コスモスが広がる景色は見事です。

コスモスとは 

f:id:mk_taxi:20191002113813j:plain

コスモス

キク科コスモス属の総称です。
狭義のコスモスはオオハルシャギク(大春車菊)ですが、一般にコスモスというと、はキバナコスモス、チョコレートコスモス及びそれらの交配種を指します。
もとはメキシコ原産ですが、明治以降に日本に渡来し、今では野原や道端でも広く自生しています。
特に休耕田に植栽してコスモス園として観光資源として京都に限らず全国各地で利用されています。

f:id:mk_taxi:20191002192422j:plain

京都のコスモスおすすめスポット6選

① 嵯峨野(さがの)

f:id:mk_taxi:20191002104049j:plain

おすすめポイント

広沢池と大沢池の間に広がる嵯峨野は、風致地区、特別修景地域、歴史的風土保存地区に指定されています。京都市による厳しい規制により、古き良き日本の田園風景が今も残されている地域です。
稲刈りを終え、稲わらが天日干しされている田畑を背景に、色とりどりのコスモスが咲く、美しい景色を見ることができます。

コスモスは彼岸花が見ごろを迎えるころに咲きはじめ、京都・嵐山エリアの紅葉が見頃を迎えるころに散ります。
見頃は10月中旬~11月中旬ごろです。

f:id:mk_taxi:20191002104102j:plain

見学情報

嵯峨野とは、広義には京都でも太秦より西のエリアを指しますが、ここでは中でも広沢池、大沢池、一条通に囲まれた狭義のエリアを指します。
平安時代から風光明媚な地として京都の貴族たちの別荘地として愛されてきました。
中でも、嵯峨野には京都近郊でも有数の美しい田園風景が残されいます。農家の方が農作業をするのどかな雰囲気の中を気持ちよく歩くことができます。
無人販売所で売られている、地元のとれたて京野菜もお楽しみのひとつです。

アクセス 市バス「広沢池・佛大広沢校前」「大覚寺」バス停など
JR「嵯峨嵐山」より徒歩20分

 

② 木津川市・綺田(かばた)

f:id:mk_taxi:20191002105710j:plain

おすすめポイント

京都の最南端にある木津川市の市の花はコスモスです。
木津川市内にはいくつかコスモススポットがありますが、中でもおすすめは、山城町綺田のコスモス畑です。
京都と奈良を結ぶJR奈良線沿いの休耕田を利用したコスモス畑は、規模はそれほどではありませんが、見事です。
何といっても、すぐ横を走る鉄道とコスモスを同時に見られることが最大の魅力です。
京都と奈良を結ぶJR奈良線と言えば、JRの顔として長らく活躍した103系が今も走る路線として鉄道ファンに知られます。そんな103系JR奈良線からも遠からず引退するとささやかれています。
撮り鉄ではなくても、一度は見るべき京都のコスモススポットです。

見頃は10月上旬~11月上旬ごろです。

f:id:mk_taxi:20191002105727j:plain

奈良線を行く103系

見学情報

木津川市でも最北端に位置する山城町綺田。井手町と接する位置にあります。
地元の北綺田農地水環境保全会によって、休耕田を利用したコスモス畑が整備されています。

近くには、この地で討死した以仁王(もちひとおう)を祀った高倉神社や、国宝の釈迦如来像を本尊とする蟹満寺などがあります。

アクセス JR「玉水」より徒歩20分

 

 ③ 嵐山東公園(あらしやまひがしこうえん)

f:id:mk_taxi:20191002112431j:plain

おすすめポイント

京都西部を流れる桂川西岸に広がる嵐山東公園の堤防上の花壇では、美しいコスモスを見ることができます。
キバナコスモスとコスモスが順次見頃を迎え、長い間楽しむことができます。
コスモスの真ん中を車道が通っているため、車窓からも楽しむことができます。

見頃は9月下旬~11月上旬ごろと長めです。

f:id:mk_taxi:20191002112446j:plain

見学情報

渡月橋の下流から松尾橋までの桂川河川敷に広がる総合公園です。
京都のあちことにあるような観光スポットではありませんが、野球やサッカーをできる運動広場も整備され、地元の人々の憩いの場となっています。
川沿いに嵐山と木津を結ぶ京都府南部を縦貫するサイクリングロードも通っており、京都のサイクリストにもお馴染みです。

アクセス 阪急「松尾大社」より徒歩10分

 

④ 京都府立植物園(きょうとふりつしょくぶつえん)

f:id:mk_taxi:20191002113307j:plain

おすすめポイント

白、ピンク、黄色、オレンジ、濃紫色など、品種によって色とりどりのコスモス。形も一重に八重に様々です。
そんな多彩なコスモスを満喫できるのが、京都府立植物園です。

秋になると、京都府立植物園内ではあちこちでコスモスが見られますが、主たるコスモス園は近年は北山門前です。ずらりと並んだプランターに色とりどりのコスモスが咲き乱れます。
植物園らしく、きちんとコスモスの品種名を明記しれくれているのもうれしいところです。

北山門前以外にも、大芝生広場、洋風庭園、植物会館前などにも中規模のコスモスが展示されます。 

品種が多いため8月から12月まで長期間開花しますが、主な見頃は10月中旬~11月中旬です。

f:id:mk_taxi:20191002113318j:plain

入園情報

1924年に開園した日本を代表する京都の植物園です。京都府民の休日のお出かけ定番スポットです。
広い敷地をぶらぶら歩けば、植物が約12,000種。
桜や梅、つばき、花しょうぶ、あじさいなど昔から親しまれてきた植物のほか、バラ園など左右対称の造形美が楽しめる洋風庭園など変化に富んでいます。
熱帯の植物が見られる温室もあります(別途入館料が必要です)。

休園日 12月28日~1月4日
入園時間 9:00~17:00(受付終了は16:00)
拝観料 一般   :200円
高校生  :150円
中学生以下:無料
TEL 075-701-0141
住所 京都市左京区下鴨半木町
アクセス 地下鉄「北山」よりすぐ

公式HPはこちら

 

⑤ 静原コスモス畑(しずはら)

f:id:mk_taxi:20191002113547j:plain

おすすめポイント

京都市でも随一の規模のコスモス畑が見られるのが、京都の北、大原と鞍馬の中間にある静原。
名前のとおり、京都の近郊にたたずむ静かな田園が広がります。秋になると観光客であふれる大原や鞍馬とは別世界が広がります。

静原では、休耕田を利用したコスモス畑が広がります
大きなコスモス畑があるわけではなく、小規模なコスモス畑が点在する形ですが、かえって京都の田園風景に自然に溶け込んだ美しい景色を楽しむことができます。

見頃は10月上旬~下旬ごろです。

f:id:mk_taxi:20191002113628j:plain

見学情報

東は江文峠を境に大原と、西は薬王坂を境に鞍馬と接する京都北山の山間の小盆地にある静原の里。
敵に襲われた天武天皇がこの地へと逃げ込み、身も心も安らかになったして「静原」と名付けられたと伝えれれています。
今も身も心がほっとする京都の田園風景が広がります。
平家物語の最後を飾る大原御幸では、建礼門院は京都から静原を経由し、江文峠を越えて大原へと入りました。

アクセス 叡山電鉄「市原」より4km

⑥ 亀岡夢コスモス園(かめおか)

f:id:mk_taxi:20191002113131j:plain

おすすめポイント

関西有数の規模を誇る、20品種800万本の亀岡夢コスモス園。もちろん京都では最大です。
亀岡運動公園の東側に広がる約4.2haの休耕田がコスモスで埋め尽くされます。
園内には工夫をこらしたカカシが展示され、見学者の投票で順位を決める「カカシコンテスト」が開催されます。
園内には「丹波味わい市」があり、京都丹波の地元の食材を使ったグルメが楽しめます。
開園20周年を迎えた2019年には各種記念イベントが実施されます。

見頃は10月上旬~下旬ごろです。

f:id:mk_taxi:20191002113144j:plain

入園情報

亀岡夢コスモス園は、地域の活性化のため、地元の農家組合や商店会により、休耕田を活用して2000年に開園しました。
初期は今よりも小規模なコスモス園でしたが、次第に規模も拡大し、今では毎年4万人を超える入園者を集める、亀岡の秋を代表する観光スポットへと育ちました。

開園日 2019年9月21日(土)~10月27日(日)
入園時間 9:00~16:00受付終了(平日)
9:00~16:30受付終了(土休日)
拝観料 一般   :500円(平日)
      600円(土休日)
小・中学生:300円
小学生未満:無料
TEL 0771-55-9111
住所 京都府亀岡市吉川町穴川野水
アクセス 京阪京都交通「運動公園前」バス停すぐ

公式HPはこちら


おわりに

京都の秋の田園風景に溶け込んだコスモス。休耕田を活用したコスモス畑が多いため、多くが公共交通では行きにくい京都郊外にあります。

MKの観光貸切タクシーなら、交通の便の悪い京都郊外にも簡単にアクセスできます。
観光・おもてなしのプロといっしょに一味ちがう京都旅行を体験してみませんか?

f:id:mk_taxi:20191009142112p:plain

media.mk-group.co.jp