MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

2017イギリス語学留学vol.1 初の海外が2ヶ月間の語学研修|MKタクシー奥田敦裕

f:id:mk_taxi:20190531121730j:plain

1992年に始まり、時代に合わせて改善・強化し続けてきたMKの海外研修。
ハイヤー課の奥田敦裕社員によるレポートを紹介します。

MKの海外研修制度 

第29期となる2017年1月より、新たに新卒1年目を対象とした3週間コースと中国語を学ぶ台湾留学コースを設けました。
今回の社内審査に合格したのは6名。

ハイヤー課の奥田敦裕社員と中野崇史社員の2名は、中級コースであるイギリス・ノリッジで2ヵ月間滞在します。
ハイヤー課の上山尊之社員山口紗季社員の2名は、新卒トラベルコーディネーターコースでフィリピン・セブで3週間。
上賀茂営業所の熊代純社員と洛西営業所の若山慎一郎社員の2名が、中国語コースで台湾で3週間学びます。 

海外研修出発式

1月13日に京都MK本社で「第33回海外研修出発式」を行いました。 

20190610182907

出発直前インタビュー

海外研修を志望された理由は?

現在の私のESDランクでは送迎の配車で外国からのお客様をお供しています。その業務中、一番困っているのが聞き取れないことです。
やはり日本にいて勉強しても、一番できにくいことが聞くことだと感じ志望しました。

出発が近づいてきましたが、今の気持ちは?

今日の留学が初の海外、もっと言えば飛行機に乗るのも初めてです。それが約2ヵ月、日本語の通じない場所に行く。
出発の日が近づくごとに不安が大きくなっていきます。
私には2歳になるかわいい盛りの娘がおりますが、しばらく離れて過ごさなければいけないのが一番寂しいです。

最後に意気込みを一言

向こうの学校では、午後の授業がTaxi Driverの専用カリキュラムになると聞いています。
一番学びたいリスニングと供に“世界一難しい試験”をパスしたといわれるイギリスのTaxiについても見識を深めたいと思います。

20190610182849

海外研修レポート

海外はもちろん、飛行機に乗るのも初めて。

恥ずかしながら今回の留学で初めて海外に行くこととなりました。
なんと飛行機も初めてでした。
京都に生まれ地元の学校、京都産業大学を卒業し、上賀茂にて勤務。
いわば京都に引き籠り続けること40年弱。初フライトが十数時間。

海外での生活への不安と初フライトの緊張で全く寝れず、ボロボロの身体でホームステイ先に到着しました。

京都の底冷えよりましなノリッジの冬

ノリッジとは聞いたことのない地名で、日本人にはあまり知られていません。
ノーフォーク地方の主要都市で、ヒースロー空港から直行しても2時間半。ロンドンからバスなら3時間以上かかりました。

出発前に下調べをしましたが、あまりよくわからずスーツケースに荷物をパンパンに詰め込みました。
北海道よりも北に位置するのでかなり寒くなることを想定し、過剰なまでの重装備で向かいました。
実際の気候は、確かに寒いが京都の底冷えよりましかな? という程度。
寒さの質が違い、昼間になっても太陽が低いので気温が上がらない。ほぼ曇り空で青空が無いといったところでしょうか。

街自体もノリッジ城を中心に古くからの個人店と無数のパブ、最近できた大きなショッピングモール。
特に日本と変わることもなく非常に便利な街でした。

f:id:mk_taxi:20190726111329j:plain

快適だったノリッジの町

ホームステイ先のおいしい手料理

実際にホームステイ先に着いたのは夜遅く、疲れただろうと挨拶もそこそこに早く休みなさいとホストマザーに促され、ベットに入りました。
ホストマザーは高齢の女性の一人暮らし。常に学生を受け入れておられるようで安心して過ごすことができました。

一番心配であったのが食事でした。「イギリスで美味いものはないよ」と聞かされていましたので覚悟してきました。
1日目に出てきたのは、表現は難しいですが、気を使ってアジア風にしてくれているなという見た目。これが毎日続くのかと愕然としてしまいました。
2日目は、普通のヨーロッパ風の見た目。
普通に美味しく、野菜だけとってみれば日本よりも上。
3日目にアジア風なのは一切いりませんとお願いし、2ヶ月の美味しい夕食が確保されることとなりました。

f:id:mk_taxi:20190726111456j:plain

中学生以来のまじめな学生生活がスタート

学校はホームステイ先から徒歩で約25分、ノリッジ大聖堂の向かいにあります。
午前は習熟度別の90分×2。1時間の昼休憩を挟み90分の文化についての授業。
その後1時間、タクシードライバー用の特別授業。

朝から夕方までみっちり遊ぶ間も無く授業がありました。
サボらず毎日学校に行くなんて、中学生以来の出来事ではなかったでしょうか?

f:id:mk_taxi:20190726111531j:plain

異国で異国の人とドライブ

EU、東欧諸国、中東、アジア、南米。国も違えば年齢も違う。
最初はどうやって入っていこうかと迷いましたが、最初の週に明るく人懐っこい南米の生徒がいてくれたおかげで、すぐに馴染むことができました。

その友人とは非常に気が合い、こちらがドライバーだと話すと車借りてくるからどこかへ連れていってくれとなりました。
日本とイギリスのような左側走行の国は少なく、運転が怖いとのことでした。

実際にその週末、レンタカーを借り、ケンブリッジまで2時間弱のドライブ。
基本的なルールは同じですが、ランドアバウトだけが非常に緊張しました。
一般道にしかないとの認識でしたが、高速道路のジャンクションがランドアバウトになっていたのは驚きでした。冷や汗を流しながら走行しました。
上手くいけば乗れるチャンスがあるかもしれないと思い、国際免許証を持っていったのが正解でした。

イギリスはオービスみたいなものがたくさんあるという話を運転後に耳にしました。
光らせた記憶はありませんが、帰国の日までは少し不安な日々を過ごすこととなりました。

f:id:mk_taxi:20190726111605j:plain

特別授業「タクシー ドライバープログラム」とは

プログラムと名前はついていますが、実際には我々が持ち込んだ資料を元に役立つものをチョイスしながらの授業です。
時には突然、空港送迎のロールプレイングが始まったり、一般的な寺社の説明をいかに口語的に表現するか等という内容です。
仕事に直結するプログラムを特別に学校に設けていただきました。

f:id:mk_taxi:20190726111641j:plain

熱心な先生に教わった

最後に

子供が産まれたり、自身の病気であったり、なかなかタイミングが合わず留学の募集に手を挙げることができませんでしたが、ようやく行くことができました。
非常に熱い先生方、トラブルにもすぐ対処してくださった学校の職員様、気さくに慕ってくれた友人、また2ヵ月という長い期間の不在を許してくれた家族に深く御礼を申し上げます。
この恩は必ず仕事で返せるようにしたいです。

f:id:mk_taxi:20190726111722j:plain

今回イギリスへ留学した奥田社員(写真右)と同僚の中野社員

おわりに

MKでは、外国語で観光案内をできるドライバーを養成するため、1992年から海外留学制度を開始しました。
営業所でもネイティブ講師によるサロン型の勉強会を毎月数回開催しています。

充実した研修制度によって育成したESD(Englishi Speaking Driver)は、海外からのVIPの対応や国際会議の送迎など豊かな経験を積んでいます。

海外からの大切なお客様の対応の際は一度MK観光タクシーにご相談ください! 

詳細はこちら

 

第29期海外研修レポート記事

media.mk-group.co.jp

media.mk-group.co.jp

media.mk-group.co.jp

media.mk-group.co.jp