フットハットがゆく【286】「BOX連鎖」|MK新聞連載記事

よみもの
フットハットがゆく【286】「BOX連鎖」|MK新聞連載記事

MKタクシーの車載広報誌であるMK新聞では、塩見多一郎さんのエッセイ「フットハットがゆく」を2001年11月16日から連載しています。
MK新聞2017年9月1日号の掲載記事です。

 

 

BOX連鎖

2017年8月15日(火)に、島津アリーナ京都に、山中慎介のボクシング世界戦を観戦に行きました。
結果は皆さんご存知の通り、4ラウンド衝撃のKO負け、具志堅用高の13回防衛記録に並ぶことはできず、でした。

ボクシングは相手を肉体的に痛めつけるスポーツなので、観る方も応援している選手が負けた時のショックは膨大です。選手の痛みまで感じるというか…。
負け試合でなかなか筆が進みませんので、前後に起こったエピソードを。
島津アリーナ京都には、タクシーで向かいました。
乗ったタクシーの座席の向かいに、「井岡弘樹」(元WBC世界ミニマム級王者、元WBA世界ライトフライ級王者)のステッカーが貼ってありました。運転手さんに、「井岡のファンなんですか?」と聞きますと、「いゃぁ、そういうわけではないんですが、井岡さんを乗せた時に、ステッカー貼っていいですか? と聞かれて、はいどうぞ、という前にもう貼ってはりました」とのことでした。
破天荒な性格の井岡さんらしいですね(笑)。
ちなみに僕と同い年です(48歳)。
ボクシング現役を引退した後も、ジムの会長として後進を育て(甥の井岡一翔を世界チャンピオンに育てる)、積極的に芸能活動も行ない、ボクシングの普及につとめ、こうやって京都のタクシーにもステッカーを貼り、昔のファンの思い出も喚起させる、あっぱれ井岡弘樹、と思って会場に行きますと、試合前のセレモニーで西日本ボクシング協会会長として井岡弘樹ご本人がリングに上がっていました。
うーん、人に言ってもあまりピンとこないこの偶然、僕だけは嬉しかったです(笑)。

試合の翌日、お盆もあり墓参りに行ったついでに、番組のロケ地を下見、鴨川デルタを歩いて見て回りました。
高野川と賀茂川が合流して鴨川となるこの三角地帯は、映画「パッチギ!」のクライマックス、集団ケンカシーンでも使われた場所。
2つの流れがぶつかり合う場所というのは、戦いの舞台としては最高です。
この場所で、ダンスバトルのシーンを撮りたいなと想像を巡らせつつ、デルタ地帯を去りました。
歩いて汗だく、百万遍付近の銭湯に入り、汗を流すことにしました。
僕は銭湯などのロッカーは、ファンのイチローの背番号51番をたいがい選びますが、あいてなければ自分の誕生日の11番を選びます。
そしてその銭湯の11番ロッカーには徳山昌守(元WBCスーパーフライ級王者)の、サイン入り写真が貼ってあったのです。
元世界チャンピオンがこの銭湯に来たんですね。しかも徳山は、映画「パッチギ!」にも出演していたんです。
続編の方ですから、鴨川デルタとは関係ないのですが、ボクシング世界戦を観たその翌日に、パッチギ! に思いを馳せているその時に、その関係者でありボクサーの徳山と同じロッカーを使って銭湯に入る! …人に言ってもあまりピンとこないこの偶然、僕だけは嬉しかったです(笑)。

田舎暮らし公開中! YouTube『塩見多一郎』で検索!

www.youtube.com

MK新聞について

「MK新聞」は月1回発行で、京都をはじめMKタクシーが走る各地の情報を発信する情報紙です。
MK観光ドライバーによる京都の観光情報、旬の映画や隠れた名店のご紹介、 楽しい読み物から教養になる連載の数々、運輸行政に対するMKの主張などが凝縮されています。
40年以上も発行を続けるMK新聞を、皆さま、どうぞよろしくお願いします。

ホームページからも最新号、バックナンバーを閲覧可能です。

www.mk-group.co.jp

フットハット バックナンバー

フットハットがゆく【331】「ハチハラ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【330】「侍スピリッツ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【329】「零式戦闘機」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【328】「記憶力」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【327】「暗闇オバケ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【326】「馬、鹿、ヤギ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【325】「暗闇のオカリナ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【324】「ミニヤギ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【323】「岡崎オウハン」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【322】「なんたん何でも学ビーズ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【321】「トマチン!リコペン!」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【320】「トトロとドキンちゃん」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【319】「夜のサファリパーク」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【318】「猿の惑星」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【317】「ハンターへの道…?」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【316】「山の護美」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【315】「ユーチューバー」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【314】「笹の葉サラサラ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【313】「田舎の田舎者」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【312】「楽苦美」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【311】「デイジー」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【310】「番組」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【309】「ニューヨーク」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【308】「最近の若者は…」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【307】「ベテラン」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【306】「管の話」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【305】「老化」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【304】「進化」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【303】「前世」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【302】「新年」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【301】「万歩計」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【300】「祝300回」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【299】「汗顔の至り」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【298】「とある1日の戦い」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【297】「城の青い紙」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【296】「Panasonic 2」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【295】「のまれるな」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【294】「Panasonic」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【293】「独身貴族(春編)」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【292】「夏目漱石の小説」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【291】「スマホマスター」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【290】「トラトラ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【289】「拳四朗」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【288】「MLBの時間」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【287】「イタチゴッコ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【286】「BOX連鎖」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【285】「思い出」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【284】「むし」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【283】「スケボー」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【282】「青春高校ラグビー」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【281】「お酢と高血圧…」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【280】「つぶやき…」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【279】「デジタル配信中!!アーティスト名 MOMO」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【278】「iPhone7」|MK新聞連載記事

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

まだ知らない京都に出会う、
特別な旅行体験をラインナップ

MKタクシーでは様々な京都旅コンテンツを
ご用意しています。