フットハットがゆく【283】「スケボー」|MK新聞連載記事

よみもの
フットハットがゆく【283】「スケボー」|MK新聞連載記事

MKタクシーの車載広報誌であるMK新聞では、塩見多一郎さんのエッセイ「フットハットがゆく」を2001年11月16日から連載しています。
MK新聞2017年6月1日号の掲載記事です。

 

 

スケボー

つい先日、仕事現場の近くにスケボーで遊んでいる少年たちがいました。
そういえば僕も昔スケボーを持っていて、よく遊んでいました。小学生の頃ですからかれこれ、40年近く前です。
近所の年上の友達がスケボーを買ってもらい、マンションの屋上広場で乗り回していたので、僕も欲しくなって親に買ってもらいました。
しかし明らかに友達のものとは違う感じのスケボーでした。
普通のスケボーというのは、板が薄くて広く、タイヤの位置も広くて低く、上に乗った時に安定します。
タイヤとボードをつなぐ柄の部分に硬いゴムが仕込んであって、ボードのどちらかに体重をかけると、ゴムの弾力でタイヤが曲がり、方向が変わるという格好いい乗り物です。
ところが僕のスケボーは、板もまあまあ分厚くて、車高も高く、柄の部分が鉄でできていたので、ボードのどちらかに体重をかけてもタイヤは曲がらず、というか板の位置が高いので、そのままボテっと倒れるという。要するに、不安定な上、真っ直ぐにしか進めないスケボーだったのです。
そして普通のスケボーというのは、タイヤの軸とタイヤの間に、ベアリングという小さな鉄球がたくさん入っているのです。
これによりタイヤの軸の摩擦を減らし、回転をよくする、つまり、ボードの上で一回地面を蹴れば、スーッと滑るように前に進むのです。
時々地面を蹴ってスイスイ進んでいく、という格好いい乗り物です。
ところが僕のスケボーは、このベアリングの構造がなく、軸とタイヤが直接つながっているような高摩擦なものだったので、蹴っても、蹴っても少ししか前に進まず、前に進むためにはずっと蹴っておらねばならず、しかもガリガリと摩擦音がすごかったです。
そして普通のスケボーというのは、板に素敵な若者風のデザインが描かれていて、立てかけてあるだけでも絵になるという格好いい乗り物です。
ところが僕のスケボーは、先ほど言ったような分厚く狭い板に、田舎の民芸品のような模様がペンキで描いてあって、その上からテカテカにニスがベタベタに塗ってあるという、立てかけておいても猫が爪とぎにも使わないような代物でした。

さて、そんなスケボーでも子供だから元気に乗って遊んでいました。
そしていざ、友達と屋上広場でのレース開始! 弧を描くようにスイスイ走る相手と、真っ直ぐにしか進めず突き当たったら手で方向転換して、結果的に四角に走る僕と、勝負はいつも決まっていました。
まぁそんなことを思い出しながら、仕事現場近くのスケボー少年を見ていました。
もちろん彼らは、格好いい方のスケボーです。
そこでフッと思うのですが、僕は人生において、それをもしスケボーに例えるとしたら、どういうスケボーだったのでしょうか…。
一蹴りで進む距離は短く、真っ直ぐにしか進まず、摩擦ばかり多くて、変な体重のかけ方をするとバタリと倒れる。
そして見た目は…、民芸品の方ですかね。まぁ今更格好いい方のスケボーにはなれませんが、猫の爪とぎにはならないように頑張ります!(笑)

田舎暮らし公開中! YouTube『塩見多一郎』で検索!

www.youtube.com

MK新聞について

「MK新聞」は月1回発行で、京都をはじめMKタクシーが走る各地の情報を発信する情報紙です。
MK観光ドライバーによる京都の観光情報、旬の映画や隠れた名店のご紹介、 楽しい読み物から教養になる連載の数々、運輸行政に対するMKの主張などが凝縮されています。
40年以上も発行を続けるMK新聞を、皆さま、どうぞよろしくお願いします。

ホームページからも最新号、バックナンバーを閲覧可能です。

www.mk-group.co.jp

フットハット バックナンバー

フットハットがゆく【331】「ハチハラ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【330】「侍スピリッツ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【329】「零式戦闘機」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【328】「記憶力」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【327】「暗闇オバケ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【326】「馬、鹿、ヤギ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【325】「暗闇のオカリナ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【324】「ミニヤギ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【323】「岡崎オウハン」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【322】「なんたん何でも学ビーズ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【321】「トマチン!リコペン!」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【320】「トトロとドキンちゃん」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【319】「夜のサファリパーク」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【318】「猿の惑星」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【317】「ハンターへの道…?」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【316】「山の護美」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【315】「ユーチューバー」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【314】「笹の葉サラサラ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【313】「田舎の田舎者」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【312】「楽苦美」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【311】「デイジー」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【310】「番組」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【309】「ニューヨーク」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【308】「最近の若者は…」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【307】「ベテラン」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【306】「管の話」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【305】「老化」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【304】「進化」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【303】「前世」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【302】「新年」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【301】「万歩計」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【300】「祝300回」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【299】「汗顔の至り」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【298】「とある1日の戦い」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【297】「城の青い紙」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【296】「Panasonic 2」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【295】「のまれるな」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【294】「Panasonic」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【293】「独身貴族(春編)」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【292】「夏目漱石の小説」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【291】「スマホマスター」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【290】「トラトラ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【289】「拳四朗」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【288】「MLBの時間」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【287】「イタチゴッコ」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【286】「BOX連鎖」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【285】「思い出」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【284】「むし」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【283】「スケボー」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【282】「青春高校ラグビー」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【281】「お酢と高血圧…」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【280】「つぶやき…」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【279】「デジタル配信中!!アーティスト名 MOMO」|MK新聞連載記事

フットハットがゆく【278】「iPhone7」|MK新聞連載記事

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

まだ知らない京都に出会う、
特別な旅行体験をラインナップ

MKタクシーでは様々な京都旅コンテンツを
ご用意しています。