2011イギリス語学留学vol.2 見て学んで感じた貴重な経験|MKタクシー清水伸人

特集
2011イギリス語学留学vol.2 見て学んで感じた貴重な経験|MKタクシー清水伸人

1992年に始まり、時代に合わせて改善・強化し続けてきたMKの海外研修。
京都MK西五条営業所の清水伸人社員によるレポートを紹介します。

MKの海外研修制度

第20期となる今回は、京都MK伏見営業所の伊藤司朗社員、上賀茂営業所の荒木寿史社員、西五条営業所の清水伸人社員、ハイヤー課の福井俊裕社員の4名がイギリスで1ヶ月間学びました。

海外研修出発式

f:id:mk_taxi:20200702134818j:plain

2011年9月16日に京都MK本社で「第20回海外研修出発式」を行いました。

出発前のひとこと

個人的には約30年ぶりの留学、しかも今回は何度も足を運んだアメリカではなく、初めて訪れるヨーロッパの中のイギリス。
与えていただいたこのチャンスを有意義なものにするため、一生懸命に勉強します。色々な素晴らしい人に出会い、イギリスの素晴らしい何かに触れ、感じたいです。
今回行けない人の分まで、体と頭と心にいっぱい吸収していきたいと思っています。

西五条営業所・清水伸人 社員
西五条営業所・清水伸人 社員

海外研修レポート

MK社員全員に読んで欲しい留学レポート

「英国留学」というものが毎年会社で行われていることは、入社時から知っていました。
そして毎年行かれた方の感想が、このMK新聞に書かれているのも読んではいましたが、どこか他人事のようで、実際に私自身が行くとは夢にも思っていませんでした。

ボーンマスの町
ボーンマスの町

今回英国留学に行って、見て、学んで、感じて、それらのものは今でも私の頭にも、心にも、身体の中にもあります。
このレポートは、日頃お世話になっているお客様だけでなく、MK社員全員の方もぜひ見ていただきたいと思って書きました。

さて、今年の留学生は4人で、それぞれ何らかの形で海外滞在経験を持っている者ばかりでした。
この1ヶ月の留学の目的は英語を学び上達させること、そしてイギリスで色々な体験をして、それを今後の営業に生かすことだと思っております。

クラスメイト
クラスメイト

関空から私たちが搭乗したキャセイ・パシフックは、香港での待ち時間を合わせ19時間後にロンドンのヒースロー空港に着きました。
空港からはタクシー乗り込み、私と“トシ”こと福井社員はボーンマスに、伊藤社員と荒木社員はポーツマスへと向かいました。
そしてこれからお世話になるホスト・ファミリー宅に着き、今となってはあっという間の1ヶ月が始まりました。

コッツウォルズ
コッツウォルズ

様々な国の留学生と楽しい授業に参加

私とトシが滞在したボーンマス市はロンドンからは南西方向にあたります。
車で約2時間半ほどの距離で、人口は約17万人。語学学校が30校くらいあると聞きました。

そこでは町なかをタウン・センターと呼び、そこから徒歩5分のところにビーチもあります。
ホテルも多くあり、夏にはロンドンなどからビーチにやってくるたくさんの人が泊まり、冬でも様々な会議が開かれているということでした。
日本ではホテルにしか見えないような“フラット”と呼ばれるアパートがいっぱいあります。それはリタイアされた人たちが温暖で静かなこの町を選んで暮らすためのものだそうです。
ボーンマスをはじめ、どの町でも可愛くて素晴らしい建物の多いこと!
私が撮った写真のほとんどはこのような建物でした。

ロンドン
ロンドン

私たちが学んだアングロ・コンティネンタル語学学校は、ボーンマスで最も古くからあある語学学校です。
規模も最大で、総勢200人もの生徒がいます。
若い人ばかりではなく、私たちのような年齢やもっと年上の人もいます。
比較的若い人は、イギリスの大学に入学するためや、仕事や生活に必要となる英語を学ぶため、そして年配の方は海外旅行や、さらなる上達のために学びに来ています。
毎週月曜日には新しい生徒が入学し、英語のレベルテストを受け、翌日からそれぞれのクラスに参加します。

アングロ・コンティネンタル
アングロ・コンティネンタル

私たちがテストを受けたときは、コロンビア、クウェート、サウジアラビア、韓国、エクアドルなどからの留学生でした。
翌日から参加したクラスでは、イタリア、ドイツ、スペイン、韓国、ブラジル、ベネズエラ、トルコからの留学生で、その後もロシア、ドバイ、カザフスタン等々本当に様々な国から集まっていました。

彼らとはいっぱい話をし、いっぱいお喋りもし、もちろんいっぱい勉強しました。
もともと洋楽が好きでよく聞いていたため、学生時代から英語の授業は嫌いではありませんでした。
自分でいうのも変ですが、クラスでも活発に参加し発言できたと思います。
だってすごく楽しかったですから。

授業は月~金で、レベルや参加コースによってその授業数は違います。
私は午前中の2クラスだけでしたが、ランチの後は無料のレッスンを受けることが多かったです。
午後には知り合った友達(ソル、ユナ、ジョー、キミ、パトリック、元気にやってる?)と、学校から徒歩15分くらいのタウン・センターやビーチ、カフェ、パブに行きました。

友人とパブで
友人とパブで

ホスト・ファミリーの夕食はどこも大体18~19時です。ポテトやサラダ、日本ではパイと呼ばれるような色々なプディング、とデザートで、いつもお腹いっぱいになりました。
とても美味しかったです。

イギリスの料理はまずい、と聞いていましたが、それはお世話になる家の料理によるところが大きいかもしれません。
もしかしたらフランス、イタリア、スペインなどはもっと美味しいのかもしれませんが、ホスト・ファミリーの料理は本当に美味しく、特にポテトの味が印象的でした。

多くの文化や人と触れた貴重な経験を生かす

週末にはバスでの日帰り旅行に参加しました。
可愛い田舎の風景が見られるコッツウォルズ、その中のボートン・オン・ザ・ウォーターにも浸り、そしてかのシェイクスピアが生まれたストラトフォード・アポン・エイヴォンの賑やかさに驚き、紀元前3000年のストーンヘンジに感動し、ローマ時代からあるというお風呂の語源にもなったバースにも行きました。

3週間の授業が終わり、クラスメイトや先生との別れの後、1週間のフリータイム。
私はトシと一緒にロンドンに行きました。
4日間滞在し、あちこち回りました。
人種のるつぼ、といわれる大都会だけあって、様々な国の人がいました。ただ、それはロンドンだけでなく、ボーンマスでもそうです。
色々な国訛りの英語があるように、考え方も様々。それぞれの国事情や、個人を尊重した上での会話の大事さを改めて感じました。

まだまだ報告したいことはいっぱいありますが、最後に、私の人生において二度と忘れることの出来ない貴重な経験をさせていただいた会社に改めて感謝します。
それに、今の時代、会社負担で海外研修なんて、そうそうありません。

これからもこの研修が続き、色々な方がこの貴重な体験ができるよう、私たちもこの経験を生かしてお客様に満足し、喜んでいただける営業に努めます。

おわりに

MKでは、外国語で観光案内をできるドライバーを養成するため、1992年から海外留学制度を開始しました。
営業所でもネイティブ講師によるサロン型の勉強会を毎月数回開催しています。

充実した研修制度によって育成したESD(Englishi Speaking Driver)は、海外からのVIPの対応や国際会議の送迎など豊かな経験を積んでいます。

海外からの大切なお客様の対応の際は一度MK観光タクシーにご相談ください!

詳細はこちら

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

第20期の海外研修レポート

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

まだ知らない京都に出会う、
特別な旅行体験をラインナップ

MKタクシーでは様々な京都旅コンテンツを
ご用意しています。