2011イギリス語学留学vol.1 相手を理解し思いやるのが真の国際人|MKタクシー福井俊裕

ひと よみもの 特集
2011イギリス語学留学vol.1 相手を理解し思いやるのが真の国際人|MKタクシー福井俊裕

1992年に始まり、時代に合わせて改善・強化し続けてきたMKの海外研修。
京都MKハイヤー課の福井俊裕社員によるレポートを紹介します。

MKの海外研修制度

第20期となる今回は、京都MK伏見営業所の伊藤司朗社員、上賀茂営業所の荒木寿史社員、西五条営業所の清水伸人社員、ハイヤー課の福井俊裕社員の4名がイギリスで1ヶ月間学びました。

海外研修出発式

f:id:mk_taxi:20200702134818j:plain

2011年9月16日に京都MK本社で「第20回海外研修出発式」を行いました。

出発前のひとこと

憧れのヨーロッパ、しかも英語の本場・イギリスで勉強ができるなんてまるで夢のようです。充実した1ヵ月にしたいと思います。

ハイヤー課・福井俊裕 社員
ハイヤー課・福井俊裕 社員

海外研修レポート

日本の皆様、イギリスのボーンマスよりこんにちは。
この街は、ロンドンより南西へ車で2時間ほど行ったところにあります。
イギリス海峡に面したリゾートの大変美しい街です。

暦ではすっかり秋のはずなのに、インディアンサマーと呼ばれる暖流の影響で日中は大変暖かく、週末のビーチは海水浴を楽しむ人々で大変賑わっていました。
長袖しかもっていなかったので、あわてて半そでを買いに行ったほどです。
こんな陽気の中、自分の英語力を上達させるべく約1ヶ月にわたるイギリスでの語学留学のチャンスをいただきましたので報告いたします。

期待と不安を抱えながらイギリスへ

ボーンマスの美しい街並み
ボーンマスの美しい街並み

出発の前日、本社にて出発式を済ませ、その晩は、1ヶ月間分の準備でおお忙しです。
翌日、関空より機上の人になったのでした。
途中の寄港地である香港では、飲茶を楽しんだりしながら、約20時間をかけてついにロンドン・ヒースロー空港に着陸。
飛行機内で眠れなかった分、空港からホームステイ先までのタクシーで気を失うほど熟睡してしまいました。
気がつけばそこはボーンマスの街。日本とはまったく違う光景に、期待と不安で胸がいっぱいになりました。
いよいよホームステイ先に到着し、ダンフォード家の50代の夫妻が、早朝にもかかわらず笑顔で迎えてくれました。なんと、家の鍵を貸与してくれて、「帰るときは忘れずにね。世界中に家の鍵があると大変だわよ~」ってな具合です。ホストマザーの大らかさに私の緊張もすっかりほぐれました。

世界中からの留学生とともに英語力を磨く

クラスメートと
クラスメートと

さて、いよいよ学校生活のはじまりです。
イギリス名物の黄色の2階建てバスに乗り、快適に通学します。
学校に着き驚いたことは、世界中の様々な人種の方たちが英語を学びにきているということです。
フランス、イタリア、スペインなどのヨーロッパをはじめ、中東、アフリカ、中にはエクアドル出身の生徒もいました。
教室の後ろにある世界地図をみながら、「あなたの国ウクライナはこんなところにあったのか!」とか「トルコはこんなに大きかったっけ?」など、今更ですが驚きの連続でした。
まるで人種のるつぼです。

教室には先生1人に対して生徒は15人くらいまで、教室をコの字に座ります。
ですから、生徒全員の顔が良く見えます。
問題を考えるときは、隣の人とペアを組み、討論しながら答えを導き出します。
時にはチームを組んで競争し、少人数で活発な授業が展開されます。全く飽きることなく楽しく授業を受けられました。
日本の教室の光景とは全く違いました。

イギリスの建築物の歴史と美に圧倒

ツアーにも積極的に参加
ツアーにも積極的に参加

勉強だけではなく、週末を利用して積極的にツアーに参加しました。
シェイクスピアの生まれた街、ストラトフォードや、田舎の可愛い家が点在するコッツオルズ、大学で有名なオックスフォード、壮大な岸壁海岸のジュラシックコーストなど。見るべきところはたくさんあります。
日本の建築物より古く、その長い歴史と美しさに圧倒されました。
オックスフォード大学は、鎌倉時代に開学したのだそうです。
最後の1週間では、北部スコットランドの首都エディンバラ、そして英国首都ロンドンの街を訪れました。

人を思いやる心こそ真の国際人に必要なもの

英国旗色のロンドンタクシー
英国旗色のロンドンタクシー

イギリスに来てから約1ヶ月、現地通貨ポンドが問題なく使えるようになり、ようやく新しい留学生にアドバイスできるようになってきた頃、お別れの時期がやってきました。
ホストファミリーに親切にしてもらったお礼を言うと、
「人に親切にするということは、必ず自分にもかえってくるのよ。そのことは息子や娘にも言い聞かせているの」
とのこと。
‘情けは人のためならず’という諺は、日本のものだと思っていた私は、ここイギリスのダンフォード家でも脈々と受け継がれていることに驚きました。
国民性の違いこそあれ、人間として人を愛し、よい施しをすることは普遍の事実なのです。
この度の東日本大震災についても、ホストファミリーをはじめ大変多くの方が声をかけてくださいました。
直接被災したわけではありませんが、日本国民の1人として心温まる思いでした。
ただ英語が話せるだけでなく、相手の国のことも理解し、思いやりの心を持つことが真の国際人ではないかと思います。

まだまだ勉強不足ですが、近い将来、諸先輩方と同様に、確かな安全運転技術と、豊富な知識で世界中から来られたお客様に対して心をこめておもてなしができるよう努力を惜しまない所存です。
たかが1ヶ月、されど1ヶ月、この素敵な出会いは一生忘れません。
このような機会に恵まれたこと、忘れられない出会いに恵まれたことに、「ありがとう」の言葉を返したいです。
駅前留学よりエムケイのイギリス留学が断然オススメ。来年はあなたの番ですよ!

おわりに

MKでは、外国語で観光案内をできるドライバーを養成するため、1992年から海外留学制度を開始しました。
営業所でもネイティブ講師によるサロン型の勉強会を毎月数回開催しています。

充実した研修制度によって育成したESD(Englishi Speaking Driver)は、海外からのVIPの対応や国際会議の送迎など豊かな経験を積んでいます。

海外からの大切なお客様の対応の際は一度MK観光タクシーにご相談ください!

詳細はこちら

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

まだ知らない京都に出会う、
特別な旅行体験をラインナップ

MKタクシーでは様々な京都旅コンテンツを
ご用意しています。