MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

秋から冬にかけて開花する珍しい秋咲きの桜(サクラ)の品種6選

秋咲きの桜

桜といえば春ですが、秋から冬に咲く桜があることをご存知の方が多いでしょう。
紅葉と桜を同時に楽しめるスポットもあります。
秋咲きの桜には、十月桜や冬桜、不断桜などの園芸品種がありますが、実際の品種と呼称が異なることもよくあり、意外とややこしいです。

代表的な秋から冬に咲く桜として、十月桜、冬桜、四季桜、子福桜、不断桜、アーコレードの詳細と、京都で見られるスポットを紹介します。

 

秋から冬に開花する理由と、秋咲きの園芸品種の成立過程についてはこちらを参照。

media.mk-group.co.jp

 

桜について

桜は、北半球の温帯に広く分布するバラ科サクラ属の落葉樹の総称です。
日本には、山桜(ヤマザクラ)、紅山桜(ベニヤマザクラ)、霞桜(カスミザクラ)、大島桜(オオシマザクラ)、熊野桜(クマノザクラ)、江戸彼岸(エドヒガン)、豆桜(マメザクラ)などが自生しています。
これらに加え、野生種ではありませんが、寒緋桜(カンヒザクラ)、唐実桜(カラミザクラ)も広く植えられています。

そして、これらの桜を交配・選抜することで600種類とも言われる多彩な桜の園芸品種ができあがりました。
代表的な桜の園芸品種である染井吉野(ソメイヨシノ)は、エドヒガンとオオシマザクラの種間雑種です。
今回紹介する秋から冬にかけて開花する桜の品種も、様々な桜を交配し選抜することで成立しました。

十月桜(ジュウガツザクラ)

十月桜(ジュウガツザクラ)

10月28日 平野神社 撮影:MKタクシー

十月桜(ジュウガツザクラ)とは

十月桜は、淡紅色で半八重咲き中輪の桜です。
野生種であるマメザクラ(豆桜)とエドヒガン(江戸彼岸)の種間雑種と考えられています。

コヒガン(小彼岸)の秋咲き性の八重咲きのものを十月桜と分類する場合もあります。
名前のとおり十月頃から咲き始めます。ただし、旧暦の十月は概ね今の十一月に当たります。
冬には花の数はわずかになりますが、春に本格的な見頃を迎えます。

十月桜は、江戸時代から記録が残る古い品種です。
「御会式桜(おえしきざくら)」など、固有名詞を付けて呼ばれていることもありますが、品種としては十月桜です。
逆に十月から咲く桜は、品種としての十月桜ではなくても十月桜と呼んでいる場合もあるので注意が必要です。

media.mk-group.co.jp 

十月桜(ジュウガツザクラ)

12月6日 京都府立植物園 撮影:MKタクシー

見分けるポイント

花びらは10~20枚程度の八重咲きで、独特のよじれがあるのが十月桜の特徴です。
同様のよじれのある秋咲きの桜はないので、十月桜の識別は比較的容易です。
花色は淡紅色とされていますが、実際には白から濃いピンクまでが混じります。

十月桜(ジュウガツザクラ)

2月18日 京都府立植物園 撮影:MKタクシー

京都で十月桜を見られるスポット

以上のスポット以外でも、いろいろなところで十月桜を見ることができます。

十月桜(ジュウガツザクラ)

2月23日 宇治市植物公園 撮影:MKタクシー

② 冬桜(フユザクラ)

十月桜(ジュウガツザクラ)

11月24日 宇治市植物公園 撮影:MKタクシー

冬桜(フユザクラ)とは

冬桜は、白色で一重咲きの中輪の桜です。
野生種であるオオシマザクラ(大島桜)とマメザクラ(豆桜)の種間雑種と考えられています。
秋冬は中輪ですが、春には一回り大きな大輪の花が咲きます。
葉が小さめのため、冬桜は別名、小葉桜ともいわれます。

冬桜は、江戸時代から記録が残る古い品種です。
本当は異なる品種なのに、冬に咲いている桜という意味で冬桜と呼ばれている場合があります。

群馬県藤岡市の桜山公園、埼玉県児玉郡の城峰公園、名古屋市の庄内緑地公園などが全国的にも冬桜の名所として知られます。

その他、滋賀県坂田郡醒井村(現米原市)の居醒の清水には、天然記念物にも指定されていた古木の「不断桜」がありました。
今は石碑が残るばかりですが、三好学氏によると品種としては冬桜であったとのことです。

十月桜(ジュウガツザクラ)

12月6日 京都府立植物園 撮影:MKタクシー

見分けるポイント

冬桜は一重で白色という、これといった特徴のない花を咲かせます。
他に秋咲きで花びらが5枚の桜として、四季桜があります。識別するには、花の裏側の萼筒(がくとう)を見る必要があります。

冬桜
四季桜

冬桜は萼筒の下部は膨らんでいません。
両種が並んでいたら区別がつきますが、冬桜(または四季桜)のみの場合にどちらかを識別するのはやや難しいかもしれません。
萼筒以外では、花のサイズが冬桜の方がやや大ぶりという違いもあります。

冬桜(フユザクラ)

1月1日 知恩院 撮影:MKタクシー

京都で冬桜を見られるスポット

  • 京都府立植物園〈左京区〉
  • 知恩院〈東山区〉
  • 金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)〈左京区〉
  • 宇治市植物公園〈宇治市〉
  • 車折神社(くるまざきじんじゃ)〈右京区〉

    冬桜(フユザクラ)

    3月24日 京都府立植物園 撮影:MKタクシー

③ 四季桜(シキザクラ)

四季桜(シキザクラ)

11月21日 赤山禅院 撮影:MKタクシー

四季桜(シキザクラ)とは

四季桜は、白色で一重咲きの中輪の桜です。
野生種であるマメザクラ(豆桜)とエドヒガン(江戸彼岸)の種間雑種と考えられています。
冬桜も四季桜と同じような花を咲かせますが、がく筒がつぼ型をしている点が異なります。
本当は異なる品種なのに、四季を通じて咲いている桜という意味で四季桜と呼ばれている場合があります(夏には咲いていませんが)。

京都府立植物園には、秋から冬に咲く桜を集めたコーナーがあり、秋から四季桜、十月桜、冬桜、アーコレード、不断桜、エレガンスみゆきが開花しますが、例年最も多くの花を咲かせるのがこの四季桜です。
秋に盛大に咲くのが四季桜の特徴といって良いのかはわかりませんが、少なくとも京都府立植物園ではもっとも秋冬に適応しているのが四季桜です。

赤山禅院に紅葉シーズンから咲いている桜には、「寒桜」という看板がありましたが、品種としてはおそらく四季桜ではないかと思われます。
別に園芸品種としてのカンザクラ(寒桜)はありますが、秋咲きではなく二月ごろから咲く桜なので、明らかに別物です。

豊田市小原(おばら)地区が全国的にも四季桜の名所として知られます。

四季桜(シキザクラ)

11月24日 宇治市植物公園 撮影:MKタクシー

見分けるポイント

冬桜と同じく、一重で白色の花を咲かせます。
冬桜と似ていますが、識別方法は前述のとおり、花の裏側の萼筒(がくとう)を見る必要があります。
萼筒の下部が膨らんでいるのが四季桜です。

四季桜
冬桜



この萼筒の形状は、ソメイヨシノを含むエドヒガンファミリーに共通する特徴です。

四季桜(シキザクラ)

12月9日 京都府立植物園 撮影:MKタクシー

京都で四季桜を見られるスポット

  • 京都府立植物園〈左京区〉
  • 赤山禅院(寒桜)〈左京区〉
  • 宇治市植物公園〈宇治市〉
  • 四季桜(シキザクラ)

    2月16日 京都府立植物園 撮影:MKタクシー

④ 子福桜(コブクザクラ)

"子福桜(コブクザクラ)

10月28日 二条公園 撮影:MKタクシー

子福桜(コブクザクラ)とは

子福桜は、白色で八重咲きの小輪の桜です。
カラミザクラ(唐実桜)とコヒガン(小彼岸)あるいはエドヒガン(江戸彼岸)の交配種と考えられています。コヒガンは、前述のとおりマメザクラ(豆桜)とエドヒガン(江戸彼岸)の種間雑種です。
雌しべが複数あるため、1つの花から2つ以上のサクランボができるのが子福桜という名前の由来です。
雌しべが非常に目立つところは、カラミザクラの血を引く影響です。

カラミザクラは別名をシナノミザクラ(支那実桜)、中国桜桃ともいいます。
古くからさくらんぼを食用に利用してきました。
ただし、今一般にさくらんぼとして流通しているのは、セイヨウミザクラ(西洋実桜)です。
実が小さく酸味が強いカラミザクラはあまり利用されていません。
平野神社で「桃桜」と呼ばれているのは、このカラミザクラです。

子福桜(コブクザクラ)

11月30日 伏見稲荷大社 撮影:MKタクシー

見分けるポイント

子福桜は、花びらが20~50枚もある八重咲きの桜で、 数本ある雌しべが目立つ姿など秋咲きの桜のなかでは、唯一カラミザクラの血を引いているため、識別は容易です。
花だけではなく子福桜は樹形も特徴的な広卵形で、わかりやすい桜です。
他の桜と異なり、本当は別の品種なのに子福桜と名付けられていることはまずありません。

子福桜(コブクザクラ)

3月24日 二条公園 撮影:MKタクシー

京都で小福桜を見られるスポット

  • 京都府立植物園〈左京区〉
  • 宇治市植物公園〈宇治市〉
  • 二条公園〈上京区〉
  • 伏見稲荷大社〈伏見区〉
  • 東寺〈南区〉
  • 車折神社(くるまざきじんじゃ)〈右京区〉

以上のスポット以外でも子福桜を見ることができます。
京都府内であれば、福知山市の三段池公園では、多くの子福桜が植えられています。

子福桜(コブクザクラ)

3月26日 東寺 撮影:MKタクシー

⑤ 不断桜(フダンザクラ)

不断桜(フダンザクラ)

12月8日 京都府立植物園 撮影:MKタクシー

不断桜(フダンザクラ)とは

不断桜は、白色で一重咲きの中輪の桜です。
野生種であるヤマザクラ(山桜)とオオシマザクラ(大島桜)の交配種と考えられています。
三重県鈴鹿市の子安観音に樹齢600年とも言われる不断桜の原木があり、「白子不断桜」として国の天然記念物に指定されています。
本当は異なる品種なのに、断えることなく咲いている桜という意味で不断と呼ばれている場合があります。
代表的なのは、京都大原の実光院の「不断桜」ですが、ほとんどは固有名詞で品種としての不断桜ではありません。

京都府立植物園には2018年に導入され、その年の冬には見事に開花しましたが、翌年の花つきはイマイチでした。
その実力のほどはまだはっきりしません。

見分けるポイント

不断桜は、ヤマザクラと同じように、花と同時に新芽も出てきます。
新芽の色も赤や茶色、緑など様々な色をしています。

不断桜(フダンザクラ)

1月27日 京都府立植物園 撮影:MKタクシー

京都で不断桜を見られるスポット

  • 京都府立植物園〈左京区〉

今のところ他で品種としての不断桜を見たことがありません。

不断桜(フダンザクラ)

3月24日 京都府立植物園 撮影:MKタクシー

⑥ アーコレード

アーコレード

10月6日 京都府立植物園 撮影:MKタクシー

アーコレードとは

アーコレードは、淡紅色で半八重咲き大輪の桜です。
オオヤマザクラ(大山桜)とコヒガン(小彼岸)の交配種と考えられています。
イギリスで作出され、日本へと帰ってきた珍しい桜です。
作出地のイギリスではアーコレードは春にしか咲かないそうですが、日本の気候では秋咲きになります。
春には他の桜に負けないくらいのたくさんの花を咲かせます。

アーコレード

11月24日 宇治市植物公園 撮影:MKタクシー

見分けるポイント

秋から冬にしては珍しい、大輪の見ごたえある花を咲かせます。
半八重咲きな点と淡紅色の花色は十月桜と似ていますが、花びらの1枚1枚がかなり大きい点が異なります。

アーコレード

3月25日 宇治市植物公園 撮影:MKタクシー

京都でアーコレードを見られるスポット

  • 宇治市植物公園〈宇治市〉
  • 京都府立植物園〈左京区〉
  • 神応寺〈八幡市〉
  • 堀川中立売〈上京区〉

アーコレード

3月31日 京都府立植物園 撮影:MKタクシー

⑦ その他の秋咲きの桜

その他にも京都で秋から冬に咲く桜はありますが、よくわからない桜もあります。

二度咲

二度咲

12月8日 佐野藤右衛門邸 撮影:MKタクシー

桜守で知られる植藤造園の佐野藤右衛門邸(右京区)に「二度咲」という看板がついた桜があります。
確かに秋から冬と春の二度咲くのですが、それ以上のことは不明です。

エレガンスみゆき

エレガンスみゆき

12月8日 京都府立植物園 撮影:MKタクシー

京都府立植物園に2018年に導入された新しい品種です。
ニワウメ(庭梅)とニワザクラ(庭桜)の交配種といいますが、本当でしょうか。

ヒマラヤザクラ

桂川のヒマラヤザクラ

12月1日 桂川堤防(鳥羽の大石付近) 撮影:MKタクシー

ヒマラヤザクラは決して正体不明ではなく、れっきとした桜の一種です。
ただし、本編では桜の園芸品種を取り上げたので、野生種であるヒマラヤザクラはおまけとして取り上げます。
本来はヒマラヤの山麓周辺に自生する桜で、秋に開花します。

日本にも移入されており、稀に咲いているのをみかけることがあります。
京都では、京都府立植物園、清水寺、桂川堤防(鳥羽の大石付近)で見ることができます。

おわりに

300種ともいわれる多彩な品種のある桜は、実に奥深い花です。
京都には多彩な品種の桜があり、秋から冬に咲く桜もあちこちで見られます。
今回は十月桜、冬桜、四季桜、子福桜、不断桜、アーコレードの6種とプラスアルファを紹介しましたが、他にも秋から冬に咲く桜もあるようです。

紅葉シーズンに紅葉をバックに咲く桜や、花の少ない冬に咲く桜などがあちこちで見られます。
MKタクシーの観光ドライバーであれば、桜シーズン以外であっても桜を楽しめるスポットに関する情報が引き出しにたくさん入っています。

MKの観光貸切タクシーなら、京都の秋を心行くまで楽しむことができます。
観光・おもてなしのプロといっしょに一味ちがう京都旅行を体験してみませんか?

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

media.mk-group.co.jp