MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

海を越えて京都へ飛んでくるアサギマダラと藤袴が美しい写真

アサギマダラ

はるばる海を越えて京都へやってくる、「海を渡る蝶」アサギマダラ(浅葱斑)。
名前のとおり浅葱(あさぎ)色をした半透明の美しいはねで優雅に飛ぶアサギマダラの姿は、古くから日本人を魅了してきました。
そんなアサギマダラが蜜を吸いに群れ集うのが藤袴(フジバカマ)の花です。京都で見つけた、藤袴の花に集まる美しいアサギマダラの写真を紹介します。

 

京都のおすすめ藤袴スポットの紹介はこちら  

アサギマダラについて

アサギマダラ(浅葱斑)とは

革堂の藤袴にとまるアサギマダ 2018年10月13日 撮影:MKタクシー

革堂の藤袴にとまるアサギマダ 2018年10月13日 撮影:MKタクシー

アサギマダラは、タテハチョウ科マダラチョウ亜科の蝶です。
南西諸島などを除き、日本に生息するマダラチョウ亜科の蝶は、アサギマダラ1種です。

アサギマダラという種名は、翅(はね)が浅葱色をしたマダラチョウの仲間であることが名前の由来です。
かつて「国蝶」を選定するときに、オオムラサキ、アゲハチョウ、ギフチョウなどと並んでアサギマダラも候補に挙げられました。
結局選ばれたのは、アサギマダラではなくオオムラサキです。

浅葱色(あさぎいろ)とは

浅葱色(あさぎいろ)

浅葱色(あさぎいろ)

アサギマダラの浅葱色とは、聞きなれない色の名前かもしれません。
薄い藍色のことを浅葱色と言います。
漢字のとおり、薄い葱(ねぎ)の葉のような色に由来します。

新選組の衣装の色、といえばわかりやすいのではないでしょうか。新選組の制服は「浅葱色のだんだら羽織」と称されました。
ただし、浅葱色の羽織は新選組の隊士に不評で、ほとんど使われなかったとされています。実際には、主に黒装束で活躍していました。

淡い黄色である浅黄色(あさぎいろ)とは異なります。
浅葱色も浅黄色も平安時代から使われている色の名前です。
混同されることもありました。

海を渡るアサギマダラ

梅小路公園・朱雀の庭「藤袴と和の花展」のアサギマダラ 2017年10月5日 撮影:MKタクシー

梅小路公園・朱雀の庭「藤袴と和の花展」のアサギマダラ 2017年10月5日 撮影:MKタクシー

春には南から北へ移動し、秋には北から南へと移動する「海を渡る蝶」「旅する蝶」として、アサギマダラは知られています。
アサギマダラは、春に暑さを避けて台湾や南西諸島から本州へと渡ります。
秋には、逆に本州から台湾や南西諸島へと渡ります。

これまでの調査では、和歌山で放たれたアサギマダラが83日後に香港で発見されたのが最長記録です。
実に、約2,500kmを旅したのです。1日に200kmを移動したという記録もあります。

アサギマダラの翅(はね)を広げた長さが8cm程度です。
人間のサイズに換算して2,500kmを20倍すると、5万kmになります。
人間でいうと、実に地球1周以上の距離を移動したことに相当します。 
アサギマダラの移動距離はすごいですね。

廬山寺「藤袴祭」のアサギマダラ 2018年10月13日 撮影:MKタクシー

廬山寺「藤袴祭」のアサギマダラ 2018年10月13日 撮影:MKタクシー

アサギマダラの羽化後の寿命は4ヶ月ほどです。
つまり、日本に渡ってきた個体と台湾へ渡っていく個体は異なるということです。
アサギマダラは世代を超えて海を渡っているのです。
マーキング調査等により、アサギマダラの生態の解明も進んでいますが、いまだに何故このような長距離移動が必要なのか、何故小さな体で長距離移動が可能なのか、などまだアサギマダラには謎がたくさん残されています。 

なぜアサギマダラは藤袴の花に群れ集うのか

梅小路公園・朱雀の庭梅小路公園・朱雀の庭「藤袴と和の花展」のアサギマダラ 2017年10月5日 撮影:MKタクシー

梅小路公園・朱雀の庭梅小路公園・朱雀の庭「藤袴と和の花展」のアサギマダラ 2017年10月5日 撮影:MKタクシー

藤袴の花には、アサギマダラなど特定の蝶が蜜を求めて群れ集います。
アサギマダラなど一部の蝶は、藤袴の花の蜜などに含まれる、ピロリジジンアルカロイドの一種を摂取する必要があるためです。
アサギマダラなどの蝶にとって、ピロリジジンアルカロイドは、雄が雌を誘うフェロモンを作るのに必須の物質です。
藤袴の花などからピロリジジンアルカロイドを摂取できないと、アサギマダラなどの蝶は、交尾をしないという実験結果が出ています。

アサギマダラにとって藤袴の花は、単に好きとか嫌いという存在ではありません。子孫を残すには藤袴などの蜜を吸う必要があるのです。 
そのため、藤袴の花に群がるアサギマダラはだいたい雄です。アサギマダラ雌雄の見分け方もありますが、割愛します。

アサギマダラと藤袴の美しい写真

9月末から10月中旬にかけて、京都のあちこちで藤袴が開花します。
京都で見つけた、藤袴の花に集まる美しいアサギマダラの写真を紹介します。

① 梅小路公園・朱雀の庭のアサギマダラ<下京区>

f:id:mk_taxi:20191004150651j:plain

梅小路公園・朱雀の庭 撮影:MKタクシー

400鉢もの藤袴が並ぶ朱雀の庭(すざくのにわ)の「藤袴と和の花展」では、あちらでもそちらでもアサギマダラが蜜を吸いに藤袴の花に群がっています。
ただし、アサギマダラは暑さは苦手です。藤袴の花に集まるアサギマダラを見るなら、朝のうちと夕方がおすすめです。

f:id:mk_taxi:20191008181555j:plain

梅小路公園・朱雀の庭 撮影:MKタクシー
朱雀の庭の情報

「朱雀の庭」は、京都への平安建都1200年を記念し、京都の技術の粋を結集してつくられた池泉回遊式の日本庭園です。
水鏡を中心に、野筋(のすじ)や築山が配され、歩くにつれて大きく景色が変わっていきます。
朱雀の庭(梅小路公園は日中随時園内自由です)

休園日 月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
入園時間 9:00~17:00(入園は16:30)
入園料 小学生以上 200円
TEL 075-352-2500
住所 京都市下京区観喜寺町56-3
アクセス JR「梅小路京都西」よりすぐ

公式ホームページ:朱雀の庭 | 梅小路公園 | 京都市都市緑化協会

② 大原野小塩町のフジバカマ園のアサギマダラ<西京区>

f:id:mk_taxi:20191004151248j:plain

大原野小塩町のフジバカマ園のアサギマダラ 撮影:MKタクシー

京都で藤袴の野生種が発見されたのが、京都市西京区の大原野小塩町(おおはらのおしおちょう)です。
大原野に作られたフジバカマ園にも、はるばる花の蜜を求めてアサギマダラが飛んできました。

大原野小塩町のフジバカマ園情報

大原野のフジバカマ園は、京都西山山腹にある善峯寺へと登る途中の山間にあります。
標高が高く、京都盆地を見下ろすことができます。
場所は年によって変わることもあるので要注意です。

開園時間 入園随時
入園料 寸志
住所 京都市西京区大原野小塩町フジバカマ園
アクセス 阪急バス「善峰寺」バス停より徒歩10分

公式ホームページ:なんやかんや大原野 ホームページ - なんやかんや大原野

③ 梨木神社のアサギマダラ<上京区>

f:id:mk_taxi:20191004150817j:plain

梨木神社「藤袴祭」のアサギマダラ 撮影:MKタクシー

10月中旬に「藤袴祭」が行われる寺町通。
梨木神社(なしのきじんじゃ)だけが、鉢植えではなく地植えです。
アサギマダラは、たくさん咲いている萩(ハギ)には見向きもせず、藤袴の花へと集います。

梨木神社の情報

狭い境内には約500株もの萩が植えられており、「萩の宮」とも称される京都随一の萩の名所である梨木神社。
藤袴祭のころには、萩は既に散りつつありますが、萩にまじって藤袴が満開です。
2020年の萩祭りは神事のみで、その他のイベントは中止です。

拝観時間 日中随時
拝観料 境内自由
TEL 075-841-7878
住所 京都市上京区下立売通西大路通東入ル
アクセス 市バス「府立医大病院前」より徒歩3分

公式ホームページ:梨木神社

④ 廬山寺のアサギマダラ<上京区>

f:id:mk_taxi:20191004150917j:plain

廬山寺「藤袴祭」のアサギマダラ 撮影:MKタクシー

廬山寺(ろざんじ)は、紫式部の邸宅跡に位置します。
紫式部は、のちに廬山寺ができる地で、藤袴の花の蜜を求めてアサギマダラも飛び交うなか、源氏物語の「藤袴」の巻を書いたのかもしれませんね。

廬山寺の情報

現在地は紫式部の邸宅跡と推定され、源氏物語執筆の地として知られます。
拝観受付前に数個の鉢植えが置かれ、アサギマダラが飛び交います。
拝観料が必要な寺院ですが、拝観受付手前なので、自由に入れます。

拝観時間 9:00~16:00
拝観料 大人   500円
小中学生 400円
TEL 075-231-0355
住所 京都市上京区寺町通り広小路上る北之辺町397
アクセス 京阪「出町柳」「神宮丸太町」より徒歩15分
市バス「府立医大病院前」より徒歩5分

公式ホームページ:天台圓淨宗 廬山寺公式HP

⑤ 革堂のアサギマダラ<中京区>

f:id:mk_taxi:20191004150758j:plain

革堂「藤袴祭」のアサギマダラ 撮影:MKタクシー

寺町通で開催される藤袴祭のメイン会場が、革堂(こうどう)です。
メイン会場だけあって多くの藤袴の鉢植えが並びます。
花の蜜を吸うため、アサギマダラもあちこちで飛び交います。

革堂の情報

正式には行願寺といいます。
西国三十三ヶ所の第19番札所であり、都七福神のひとつとして寿老人を祀り、洛陽三十三所観音霊場の第四番札所でもあります。
いわば巡礼のメッカとして、四季を通じて多くの巡礼者で賑わいます。

拝観時間 8:00~16:30
拝観料 境内自由
TEL 075-211-2770
住所 京都市中京区寺町通竹屋町上ル行願寺門前町
アクセス 京阪「神宮丸太町」より徒歩10分

⑥ 詩仙堂のアサギマダラ<左京区>

f:id:mk_taxi:20191004150721j:plain

詩仙堂のアサギマダラ 撮影:MKタクシー

四季を通じて、花が美しいお寺である詩仙堂(しせんどう)。
詩仙堂の藤袴の花は、ここまで紹介してきた藤袴よりも、やや紫色が濃いです。厳密には園芸種のコバノフジバカマです。
コバノフジバカマは、外来種ですが、もともと外国から海を渡ってくるアサギマダラには関係ありません。
コバノフジバカマの花の蜜もアサギマダラの大好物です。

詩仙堂の情報

サツキが美しい枯山水庭園に「コーン」とひびく禅味あふれる音。
水の流れを利用して音を発する僧都(そうず・一般には鹿(しし)おどしとも呼びます)は、詩仙堂を創建した石川丈山の考案と言われます。

拝観時間 9:00~17:00(受付は16:45まで)
拝観料 500円
TEL 075-781-2954
住所 京都市左京区一乗寺門口町27
アクセス 市バス「一乗寺下り松町」バス停から徒歩7分

公式ホームページ:詩仙堂丈山寺 公式Webサイト

⑦ 八木町神吉のアサギマダラ<南丹市>

f:id:mk_taxi:20191004150758j:plain

南丹市八木町神吉のアサギマダラ 撮影:MKタクシー

田園風景が広がる南丹市八木町の神吉(かみよし)にも、藤袴の花の蜜を求めてアサギマダラがやってきました。 

おわりに

アサギマダラが群れ集う原種の藤袴が、京都の各所で広がっています。
藤袴とともに、花の蜜を求めて集まるアサギマダラを見られる京都の観光スポットもどんどん拡大中です!
MKタクシーでは、京都の歴史や文化に詳しい観光ドライバーがたくさん在籍しています。
観光ドライバーをするのに基本的な知識は、会社の座学や現地勉強会などで習得することができます。
でも、そこから先は人それぞれです。

人によって得意分野は様々で、歴史や文化だけではなく、グルメや花に詳しい観光ドライバーもたくさんいます。
アサギマダラをはじめとする、蝶など昆虫に詳しめの観光ドライバーというご要望にも応えられる場合もあるかもしれません。
観光・おもてなしのプロといっしょに一味ちがう京都旅行を体験してみませんか?

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください