MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

京都人にとって大切な生活の一部。「祇園祭」で京の街は祭ムード一色に

f:id:mk_taxi:20190709173528j:plain

京都人にとって、7月は特別な一ヶ月です。
もちろん、祇園祭が始まるからです。7月の京都は祇園祭一色に染まります。
千年の長きにわたり続いている祇園祭は、山鉾巡行だけではありません。京都人にとって生活の一部であり、祇園祭への誇りを感じずにいられません。

 

 

挨拶は「祇園祭どすな~」「しっかり、暑おすな~」

f:id:mk_taxi:20190704181031j:plain

京都駅ビル2階南北自由通路の展示

生粋の京都人の間には「祇園祭どすな~」というあいさつがあります。
これは、祇園祭の人出が最高であると同時に、暑さも最高であってほしいという京都人の願いが込められています。
暑い祇園祭であってほしいという京都人の期待のあらわれなのです。

言われた京都人は「しっかり、暑おすな~」と返します。
夏の暑さに負けないようにしましょう、という京都人の心構えなのです。
もっとも、近年の異常な暑さの前では、祇園祭といえども京都人といえどもそんなことも言っていられないというのもまた本音です。

このような京都人の季節のあいさつひとつをとっても、祇園祭が京都人にとって、いかに重要な行事であるかがわかります。

17日と24日の山鉾巡行やその前夜の宵山だけが祇園祭だと思っている人もいますが、京都人にとっては1ヶ月にわたる長い祇園祭なのです。
1日の「吉符(きっぷ)入り」から始まって31日の「夏越祭(なごしさい)」で締めくくられます。
山鉾巡行もその間に行われる祇園祭の行事のひとつです。

しかし京都人にとって、祇園祭の楽しみはそういった行事だけではないということを知っていただきたいと思います。

 

コンチキチンの祇園囃子

f:id:mk_taxi:20190702175533j:plain

祇園囃の練習風景

7月の日暮れ頃になると、あちこちから聞こえてくるのが祇園囃子(ぎおんばやし)。
いわゆるコンチキチン。祇園祭の宵山と山鉾巡行でおなじみです。

練習自体は年間を通じて行われていますが、7月になると各山鉾の会所での本格的な練習がはじまります。
「二階囃子」とも言われ、四条界隈をぶらりと歩いていると、山鉾の会所二階から囃子が聞こえてきます。
祇園囃子が聞こえてくると、京都人でなくとも京都を訪れた人々は一気に祇園祭モードへと突入します。

 

西洋から来たものを取り入れている京都人の“粋"

f:id:mk_taxi:20190704181212j:plain

鶏鉾の「見送り」

安土桃山時代から江戸時代にかけて、祇園祭の各山鉾は豪華な飾り付けを競うようになりました。
西陣織はもちろんのこと、ゴブラン織(フランス織物の一種。精巧さとあざやかな色彩で有名)の飾りをつけた山鉾が登場しました。

例えば鶏鉾の背面に飾られる懸装品(けそうひん)の見送りは、16世紀にベルギーで製作されたタペストリーです。
元は1枚のタペストリーだったのを3分割したもので、残りは霰天神山(あられてんじんやま)の前掛と長浜祭の鳳凰山の見送りとして使われています。
16世紀末頃に南蛮貿易によって日本に渡来したと考えられていますが、詳細は不明です。

当時でもすでに数百年の歴史を持つ祇園祭に、西洋から来たものを何のためらいもなく山鉾へ取り入れているところが京都人の“粋”を感じさせます。

京都人というと、保守的な人々だと思われがちです。
京セラや任天堂、日本電産などを生み出したり、パンの消費量が日本一であることからもわかるとおり、京都人とは新しいもの好きなのです。 

今も伝統技術の粋を凝らして新調される懸装品(けそうひん)

f:id:mk_taxi:20190705115603j:plain

2018年に新調された太子山の胴懸

古くから伝わる織物は重要文化財の指定を受けるものも多く、祇園祭の山鉾が「動く美術館」と呼ばれるゆえんです。
山鉾は側面や後方など四方から鑑賞するのが長年見続けている京都人的なポイントです。

毎年どこかの山鉾では懸装品が新調されており、新しい懸装品をチェックするのも楽しみのひとつです。
元のデザインのまま復元新調されることもあれば、全く新しいデザインで新調されることもあります。
どちらにしろ職人へのプレッシャーは半端ありませんが、それにこたえるのが職人の心意気です。

前述の鶏鉾の見送りも、2003年に2年の歳月と3,000万円の費用をかけて新調されたものが今は使われています。もちろん京都人は原品も大切に保管されています。

新調にあたっては、どれも京都が誇る伝統技術の粋を凝らして作られたものです。
古いものを順次新しいものに交換していくことで、京都人は1000年以上にわたって祇園祭を維持されてきたのです。
常に新しいものを作ることで、貴重な技術が現在にいたるまで京都で伝承されてきました。

 

山鉾巡行や宵山だけではない祇園祭

f:id:mk_taxi:20190704181406j:plain

放下鉾の曳き初め

10日から順次、各山鉾が建てられはじめます。これを境に、一気に京都では祇園祭のムードが盛り上がります。
このころになると、各山鉾町ではそれぞれが所有する山鉾の御神体が披露されます。
17日の山鉾巡行ではゆっくりと見ることのできない御神体を間近で鑑賞できます。

13日には山鉾の曳き初めが行われます。山鉾巡行は成人男子のみが曳くことができますが、曳初めは女性や子供でも参加できます。京都人であって曳引き初めでしか曳けない人たちがこぞって参加します。
一般の方も参加可能であり、たまたま街を歩いていたところ、曳き初めに出くわして参加し「綜(ちまき)」をいただきました。
祇園祭にはこのような楽しみ方もあります。

巡行や宵山だけが祇園祭ではないことを京都人は知っています。

 

食べられない粽(ちまき)

f:id:mk_taxi:20190704181518j:plain

郭巨山のちまき販売

「綜(ちまき)」が出てきたので、少し説明を加えておきます。
綜といえば、あんこの入った餅を笹で包んだものです。
祇園祭で売られてるのは、厄除けの綜で家の門口に飾り邪気を払うものです。
有効期間は1年間。もちろん食べ物ではありません。

知らない人が笹をほどいて、餅が入っていないと文句をつけたという話も祇園祭の風物詩です。京都人にとっては当たり前なのですが、仕方ないことです。
「ちまき、どうですか~」という愛らしい少女たちの掛け声を聞くと買ってしまいそうになります。
1つあれば大丈夫ですので、買い過ぎないようにご注意を。

 

勇壮な神輿渡御で一体感を味わう

f:id:mk_taxi:20190705175305j:plain

四条寺町の御旅所前

1ヶ月にわたる祇園祭で最も重要な行事は、山鉾巡行でも宵山でもありません。
17日と24日の山鉾巡行のあとに行われる、神幸祭(しんこうさい)と還幸祭(かんこうさい)の神輿渡御(みこしとぎょ)です。

山鉾巡行の本来の役割は、神輿渡御の露払いに過ぎません。テレビ等で有名なのは山鉾巡行ですが、京都人にとっては同じくらいか、それ以上に重要なのがこの神輿巡行です。
八坂神社の三基の神輿が氏子区域を練り歩き、厄を祓う神輿渡御こそが長い祇園祭の中でも中核となる行事なのです。

昼の山鉾巡行は観光客であふれかえりますが、同じ日の夜に行われる神輿渡御は一転し、揃いの法被を着た2,000人近い男たちであふれかえります。
優雅な山鉾巡行とはうって変わり、「ホイットー、ホイットー」の掛け声とともに2トンもある神輿が高々と担ぎ上られる勇壮な行事です。

誰でも参加できるわけではありませんが、周囲で一緒に「ホイットー、ホイットー」と声を出すだけでも一体感を味わうことができます。

参加こそできなくても、湯気の出るような熱い男たちの集団を前に、一緒になる瞬間。
これを見ずして祇園祭のことは語れません。

 

子供たちの一大イベント

f:id:mk_taxi:20190704181629j:plain

花傘巡行の子供神輿

祇園祭は、京都の子供たちにとっても夏の一大イベントです。
前祭では、宵山の2日ほど前から、四条通が堀川通から河原町まで歩行者天国となります。
大通りだけではなく路地まで夜店が並び、街中が神社の境内のようになります。
夕方ごろから歩行者天国になりますが、子供たちは「祇園祭に行くから」といえば、正々堂々と夜遊びができるのです。

たまにバスや電車がなくなって困り果てている子供たちを見かけます。
時のたつのも忘れて遊び過ぎ、更には夜店でお小遣いを使いきったのでしょう。
これもまた京都の風物詩です。

祇園祭は、今も昔も変わらずに京都人の生活の一部です。
こうして新しい祇園祭の担い手である京都人が再生産されていくのです。
京都人の冷めた気質を考えると、これほど盛り上がる行事はほかにはないでしょう。

その要因が何かは分からりませんが、現実に祇園祭が千年の長きにわたり続いているということに、京都人としての誇りを感じずにはいられません。

 

MKタクシーは、和装なら1割引の「きもの割引」

f:id:mk_taxi:20190702181806j:plain

京都のMKタクシーでは、和装のお客様はメーター運賃1割引の「きもの割引」があります。

せっかくの祇園祭、涼しい浴衣姿で満喫し、歩き疲れたらお得なMKタクシーをご利用ください。

MKタクシーのご予約は075-778-4141まで

便利な配車アプリも是非ご利用ください! → MKスマホ配車

祇園祭関連記事

media.mk-group.co.jp

media.mk-group.co.jp