MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

美しい梅雨の京都、雨の日に訪れたいおすすめあじさいスポット8選

f:id:mk_taxi:20190521104151j:plain

もうすぐ京都にも梅雨前線がやってきますね。雨でぐずつく日も多くなってきます。

でも「せっかく京都旅行にきたのに雨で残念…」と思ってしまうのはもったいない!
雨が降った方が映えるとっておきの場所が京都にはたくさんあるんです。

梅雨はあじさいの季節。
雨の日にこそ訪れて欲しい京都のあじさいが咲くおすすめスポットを8つご紹介します。

 

 

①善峯寺(よしみねでら)

善峯寺

善峯寺の「白山 桜あじさい苑」では、京都西山の斜面を覆いつくすように咲き誇ります。
その数なんとおよそ1万株!

京都盆地を挟んで比叡山を遥かに望み、京都の市街地を一望できるロケーションも相まってまさに天空の絶景です!
圧巻の一言。

光明時、楊谷寺と並んで京都・西山三山のひとつです。

 

拝観時間 8:00~17:00(16:45受付終了)
拝観料 大人   :500円
高校生  :300円
小・中学生:200円
TEL 075-331-0020
住所 西京区大原野小塩町1372
アクセス 阪急バス「善峯寺」より徒歩8分
JR「向日町」・阪急「東向日」「長岡天神」よりタクシーで20分

詳細はこちら

 

②藤森神社(ふじのもりじんじゃ)

藤森神社

京都でも有数の古社である藤森神社のあじさいは約3,500株と、京都の神社では最大規模のあじさい苑です。
別名「紫陽花の宮」とも呼ばれるだけあり、境内のあじさいは存在感があります。

毎年6月15日には紫陽花まつりが開催されます。
またあじさい苑の開園期間中は特別な御朱印も授与されるので要チェック。

京都十六社朱印巡りのひとつです。

 

拝観時間 9:00~17:00
拝観料 あじさい苑:300円
TEL 075-641-1045
住所 伏見区深草鳥居崎町609
アクセス 京阪「墨染」より徒歩7分
JR「JR藤森」より徒歩5分
市バス「藤森神社前」より徒歩すぐ

詳細はこちら

 

③柳谷観音 楊谷寺(やなぎだにかんのん ようこくじ)

京都と大阪の府境付近の山中にある柳谷観音楊谷寺。
「あじさいウィーク」期間中は、毎月17日のみ公開されている上書院が毎日公開され、特別なあじさいの押し花朱印を授与いただけます。

今年のあじさいウィークは6月8日(土)~7月7日(日)まで。
中でも6月23日(日)は「あじさいまつり」が開催され、地元京都の特産品を販売するマーケットやコンサートステージなどが開かれます。

SNSで注目を集める花手水にも注目! 

光明時、善峯寺と並んで京都・西山三山のひとつで、京都洛西観音霊場第10番札所です。

 

拝観時間 9:00~16:00
拝観料 300円(あじさいウィーク期間外は境内自由)
■上書院拝観料
800円(※寺宝庫含む)
TEL 075-956-0017
住所 長岡京市浄土谷堂ノ谷2
アクセス 阪急「西山天王山」・JR「長岡京」よりシャトルバス運行(毎月17日及びあじさいまつり開催日のみ)
阪急「西山天王山」よりタクシーで10分
JR「長岡京」・阪急「長岡天神」よりタクシーで15分

詳細はこちら

 

④智積院(ちしゃくいん)

智積院

智積院のあじさい苑は、地元京都に住む人でも知る人ぞ知る超穴場スポット。ここを知っていたら京都通です。
金堂の裏手にあり、通常の参拝ルートではまず通らないので探さないと見つけられません。

京都駅から近い東山七条にあり、アクセス良し。
日中は無料で拝観できるので、日の長いこの時期は早朝や夕方訪れるのがおすすめです。

 

拝観時間

■収蔵庫および名勝庭園
9:00~16:00

あじさい苑は日中随時

拝観料

■収蔵庫および名勝庭園
一般     :500円
中学生・高校生:300円
小学生    :200円

あじさい苑は境内自由エリア

TEL 075-541-5363
住所 東山区東大路通七条下ル東瓦町964番地
アクセス 市バス「東山七条」より徒歩すぐ
京阪「七条」より徒歩10分

詳細はこちら

 

⑤六孫王神社(ろくそんのうじんじゃ)

六孫王神社

こちらも京都駅近くの神社。
小さな神社ですが、セイヨウアジサイ・ガクアジサイ・ウズアジサイなど様々な種類のあじさいがあり見ごたえは十分です。

こちらは日が落ち始めた夕方に訪れるのがベスト。
参道に明かりが灯りはじめると、何とも幻想的な風景に変わります。

京都十六社朱印巡りのひとつです。

 

拝観料 境内自由
TEL 075-691-0310
住所 南区壬生通八条ル八条町509
アクセス 各路線「京都」より徒歩13分
市バス「六孫王神社前」より徒歩すぐ

詳細はこちら

 

⑥祇園白川(ぎおんしらかわ)

祇園白川

祇園白川と言えば、京都の風情を感じる景観が広がるエリア。
白川に沿った桜の木と柳が有名ですが、あじさいもまた深い味わいがあります。

桜に比べると主張は控えめですが、とにかく古風な京都の町家を背景に相性が抜群。
川の流れとともに町並みを涼し気に演出してくれます。

運が良ければ舞妓さんがとおりかかるかも。

 

⑦高瀬川(たかせがわ)

高瀬川(木屋町通)

木屋町通に沿って流れる高瀬川は、かつての京都の物流を担った大動脈です。
今は三条から五条あたりは飲食店が多く、特に夜は賑やかな京都一の繁華街エリアです。
こちらも春の桜が有名ですが、祇園白川と同じくあじさいが川沿いをパステルカラーで彩っています。

人の少ない四条以南、昼間に訪れるのがおすすめです。

 

⑧三室戸寺(みむろとじ)

三室戸寺

京都最大級のあじさい苑があります。
三室戸寺は年中いつでも季節の花が咲いていて「花の寺」とも呼ばれていますが、特にあじさいは格別です。
まさに境内を埋め尽くすかのように咲きます。

京都では唯一あじさいのライトアップも開催されています。
昼間とはまた一味違ったあじさいの顔を見に行きませんか?

 

拝観時間 8:30~16:30(4月~10月)
8:30~16:00(11月~3月)
拝観料 平常        :大人500円 小人300円
あじさい苑期間中  :大人800円 小人400円
あじさいライトアップ:大人800円 小人400円
TEL 0774-21-2067
住所 宇治市莵道滋賀谷21
アクセス 京阪「三室戸」より徒歩15分

詳細はこちら

 

おまけ 伊藤久右衛門 宇治本店

伊藤久右エ門 紫陽花パフェ

三室戸寺の近くには「伊藤久右衛門 宇治本店」があります。
こちらではあじさいの季節限定であじさいをモチーフとした「紫陽花パフェ」をいただくことができます。

時間帯によっては数時間待ちになることも…
宇治に来たなら本場の宇治抹茶とセットで、ゆったりカフェタイムをお寛ぎください。
京都市内にも支店がありますが、やはり本店は違います。

 

営業時間 10:00~18:30(L.O.18:00)
定休日 元日
TEL 0774-23-3955
住所 宇治市莵道荒槙19-3
アクセス 京阪「宇治」より徒歩5分
JR「宇治」より徒歩15分

詳細はこちら

 

おわりに

雨の季節は深い緑と景色を彩る京都のあじさいを見に来てください。
また桜や紅葉とは違う、凛とした古都・京都の空気を感じていただけるでしょう。

MKの観光貸切タクシーなら、雨の日でも快適に京都を巡っていただけます。
アクセスしづらい場所でもタクシーにおまかせ!
観光・おもてなしのプロといっしょに一味ちがう京都旅行を体験してみませんか?

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

media.mk-group.co.jp