京都で最も有名な円山公園の「祇園枝垂桜」は昼もライトアップも美しい

観光
京都で最も有名な円山公園の「祇園枝垂桜」は昼もライトアップも美しい

京都で最も有名な桜を一本だけ上げるとすると、間違いなく円山公園の祇園枝垂桜でしょう。
京都市民でこの桜を見たことがないという人を探す方が難しいくらいの、まさに京都の春の顔です。
祇園枝垂桜は、ソメイヨシノより3日程度早く開花し、3日程早く見頃を迎えます。
足下の白い枝垂桜が祇園枝垂桜よりもさらに先に開花し、祇園枝垂桜が開花し始めたころに見頃を迎えます。
2021年は残念ながら恒例のライトアップは行われません。

円山公園の祇園枝垂桜

見頃は4月上旬

  • 4月上旬に見頃の祇園枝垂桜とソメイヨシノ
円山公園の桜
祇園枝垂桜 三分咲き 2018年3月23日(平年3月29日相当) 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

円山公園の桜
祇園枝垂桜 見頃 2014年4月1日(平年4月3日相当) 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

古くから人気の「円山の夜桜」

祇園枝垂桜は、正式には「一重白彼岸枝垂桜」といいます。
つまり、一重の白い花を咲かせるエドヒガン(江戸彼岸)の枝垂桜ということです。
エドヒガンは、日本に自生する桜で、長寿なことで知られます。
「白」と付きますが、実際には結構赤みも強い花を咲かせます。

円山公園の桜
祇園枝垂桜 見頃 2018年3月27日(平年4月4日相当) 撮影:MKタクシー

江戸時代から「円山の夜桜」として知られたとおり、夜間にライトアップされる姿は、幽玄で優美で人気を集めています。

円山公園の桜
ソメイヨシノ 見頃 2018年3月27日(平年4月4日相当) 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

京都市民が一度は経験する円山公園での場所取り

円山公園は、京都市民にとって定番の大人気花見スポットです。
祇園枝垂桜だけでなく、園内にはたくさんのソメイヨシノが植えられており、4月上旬には見頃を迎えます。
京都人なら若い頃に、場所取りで寝袋に入って夜を過ごした経験があるという方も多いでしょう。

円山公園の桜
ソメイヨシノ 見頃 2012年4月10日(平年4月6日相当) 撮影:MKタクシー

桜の時期には、祇園枝垂桜の東側にたくさんのブルーシートが並び、夜な夜な宴会が繰り広げられます。
ただし、新型コロナウイルス対策のため、お花見は自粛が求められています。
露店などの出店もありません。
円山公園でのゴザを広げてのお花見は、来る日の楽しみにとっておきましょう。

祇園枝垂桜のライトアップも2020年は二転三転の末に中止となりました。
2021年も3月下旬~2021年4月上旬に開催予定とされていましたが、2年連続で中止となることが正式に発表されました。

円山公園の桜
祇園枝垂桜 見頃 2019年4月5日(平年4月6日相当) 撮影:MKタクシー

今も盛大に花を咲かせる祇園枝垂桜ですが、数年前には鳥のフン害などによって衰えが目立っていました。
しかし、関係者らの努力により、再び元気な姿を取り戻しつつあります。ありがたいことです。
寿命の長いエドヒガン(江戸彼岸)なので、きちんと世話をすれば、これから何百年も元気な姿を見せてくれるはずです。

円山公園の桜
国立国会図書館デジタルコレクション「京都市参事会『京都名所帖』明治40.6刊行」

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

京都中に広がる祇園枝垂桜ファミリー

今の祇園枝垂桜は、二代目です。
初代の祇園枝垂桜は、1947年に樹齢220年で枯死しました。
1936年から1941年が舞台の谷崎潤一郎「細雪」では、円山公園の枝垂桜が既に年老い、年々に色褪て行く」と書かれていました。
今の枝垂桜は初代の種子から育てられた苗木を1949年に植樹したものです。
桜守として知られる佐野藤右衛門氏の手によります。

円山公園の桜
祇園枝垂桜 見頃 2017年4月10日(平年4月9日相当) 撮影:MKタクシー

ては祇園感神院と言われた八坂神社の社務を執行していた宝寿院の境内にありました。
神仏分離によって宝寿院が廃され、伐採されそうになったところを京都の実業家である明石博高(ひろあきら)によって救われました。
高さは12mに及び、今の二代目よりも大きな桜で、大いに人気を博しましたが、次第に衰えが目立ち、戦後すぐに枯死してしまいました。
今も京都の各地に二代目の祇園枝垂桜の姉妹樹が、元気な姿を見せています。

円山公園の桜
祇園枝垂桜 見頃過ぎ 2017年4月13日(平年4月10日相当) 撮影:MKタクシー

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

円山公園について

八坂神社の東から東山にかけて広がる、京都で最も古い公園です。
池のまわりに木々が茂り、茶店や料亭が点在しています。
「祇園の夜桜」として知られる枝垂桜を有名な、京都市民に最も愛されるお花見スポットのひとつでもあります。
中ほどにある、坂本龍馬と中岡慎太郎の銅像も記念撮影スポットとして人気です。
2020年度まで、100年前の姿をよみがえらせる再整備が行われています。完成が楽しみですね。

円山公園の桜
関山(坂本龍馬・中岡慎太郎像) 見頃 2019年4月18日(平年4月16日相当)

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

入園情報

入園時間 日中随時
入園料 園内自由
住所 京都市東山区円山町
アクセス 京阪「祇園四条」より10分

祇園枝垂桜ライトアップ(中止)

開催期間 2021年3月下旬~4月上旬予定→中止
j開催時間 日没~24:00

公式ホームページ:円山公園のご案内

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

おわりに

京都で桜を見るなら、円山公園の祇園枝垂桜は外せないでしょう。
しかし、京都では他にもたくさんの桜スポットがあります。
円山公園のすぐ近くのスポットから、ちょっと離れたスポットまで、時期に応じて続々と見頃を迎えます。
MKタクシーの観光ドライバーであれば、定番スポットから穴場スポットまで、いろんな桜スポットを把握しています。

MKの観光貸切タクシーなら、京都の春を心行くまで楽しむことができます。
観光・おもてなしのプロといっしょに一味ちがう京都旅行を体験してみませんか?

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

円山公園の関連記事

 MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください 

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事