コロナ禍でも夜勤ハイヤーで夢の実現へ着実にキャリアアップ 人見純平社員インタビュー

ひと よみもの
コロナ禍でも夜勤ハイヤーで夢の実現へ着実にキャリアアップ 人見純平社員インタビュー

 

MKタクシーでは、将来のファーストハイヤー候補生として、トラベルコーディネーターの新卒採用を行っています。
今回は、トラベルコーディネーターとして新卒入社し、ジャンボハイヤードライバーとして本格的に活躍をはじめるタイミングでコロナ禍に直面した人見純平社員に話を聞きました。
コロナ禍2回目の緊急事態宣言下で、新たにスタートした「夜勤ハイヤー」のメンバーとして活躍中です。そこには同じ夜勤でもタクシーにはない魅力がありました。

人見純平社員インタビュー

人見純平 社員
人見純平 社員

コロナ禍までのキャリアアップ

タクシーハイヤー乗務に必要な二種免許の取得までの期間は、内勤の仕事をしながら能力を身につけていきます。
2019年3月に新卒として入社した人見社員も、将来観光ドライバーになるためにと、タクシー乗務前の2019年8月に社内資格「観光Cコード」を取得しました。
二種免許を取得し、タクシードライバーに選任されたのは、入社から約半年後の2019年10月。
タクシーでは、昼勤も夜勤も経験しました。
「その当時は、感染症もなかったので、夜勤の仕事では、繁華街で飲んでいらっしゃったお客様が多かった。」と振り返ります。

ジャンボハイヤーへ昇格したのが2020年3月。その頃、新型コロナウイルス感染症の第一波が広がってきた時期でした。
「本来はたくさんあると聞いていた空港送迎の仕事も、その当時、1日1~2本程度。伊丹空港が多く、関西国際空港は少ししかありませんでした。」
「4月からは、さらに空港送迎の仕事が少なくなり、ジャンボではなくタクシーの昼勤を務めることに。6、7月からは、月の半分は夜勤もしていました。」
昼勤と夜勤を繰り返すことの苦労を聞いてみると、
「昼夜が替わるときは、たくさん寝るようにして体調を整えました。最低でも7時間は寝るようにしていました。」
と工夫を凝らしていました。

出庫前にはスマホのライトでキズや汚れをくまなくチェック
出庫前にはスマホのライトでキズや汚れをくまなくチェック

コロナ禍でも確実にキャリアを積む

観光・トラベルコーディネーターとしてのデビューである修学旅行の仕事は、多くの新人若手ドライバーが不安を持ちながらも期待に胸を膨らませます。
人見社員の場合、コロナ禍のなかで修学旅行の仕事が激減。観光デビューは、コロナ禍が少し落ち着いた2020年の秋にまで延びました。
「他のドライバー以上に、待ちに待った修学旅行の仕事となりました。同期入社のドライバーが、すでに半年~1年前に修学旅行を経験していますので、その同期に事前に仕事のコツを聞き準備をしました。それでも、思ったようには案内ができませんでした。」
「皆さん良い生徒さんで話しやすかったのですが、私自身の知識が少ないなと感じました。」
その後も何度か修学旅行の仕事にあたりますが、
「時間どおりうまくいくこともありますが、予定の場所を回れなかったり、少ししか時間がとれなかったり、ということもありました。お土産屋さんに時間を使うグループもあれば、逆に時間をかけずすぐにお店を出るグループもあります。」
「当時の特殊な事情として、期間限定のGoToトラベルクーポンが生徒さんからすると多額で、その日に使い切るのが大変という場面がありました。」
コロナ禍でも、確実に経験を積んでいった人見社員でした。

営業所入退室時には手指アルコール消毒
営業所入退室時には手指アルコール消毒

将来のキャリアにも役立つ夜勤ハイヤー

コロナ禍のなか会社も試行錯誤し、始めたのが「夜勤ハイヤー」です。
人見社員も興味を持っていました。
「2021年1月頃から『夜勤ハイヤー』が募集されていたのですが、私が迷っていたら、定員10名くらいですぐに埋まってしまいました。その後、2月に再募集され、その時に手を上げ、3月度からスタートとなりました。」

ラグジュアリーワゴン
ラグジュアリーワゴン

「乗務する車両は、アルファードが多く、時々ラグジュアリーワゴン(ジャンボのハイグレード版)の仕事もあります。お客様が事前に予約をされ、会社から伝票で回ってくる仕事や、コールセンターからのGPSで回ってくる仕事が多くあたります。あててくれる仕事が多いので、一日があっという間にすぎる感覚です。売上もタクシーの時に比べて2倍くらい」。
「お客様は、仕事帰りの方が多いと思います。京都から滋賀、大阪、兵庫へという遠方も多いです。おそらくは会社で役職のある方のご利用かと思われます。また、看護師など医療関係の方も多いです。」

車内にも消毒液を常備
車内にも消毒液を常備

今一番気をつけていることを聞くと、感染対策と返ってきました。
「営業所への出退勤時、一組のお客様送迎が終わるごとに、まず自分の手をアルコール消毒します。消毒の回数が多いので、手がカサカサになってしまいますね。1日10組もないくらいなので、車内も十分に清掃消毒することができます。走行中は、少し窓を開け換気し、ご乗車後は窓を全開にして完全に空気を入れ換えるようにしています。」

エアコンは外気導入に
エアコンは外気導入に

将来の夢、ファーストハイヤーへの歩み

そして、将来に向けて能力を身につけていくと、人見社員は話を続けました。
「今は、遠方の仕事が多くなっているので、京都だけでなく、滋賀、大阪の道や地理も勉強しています。特に大阪の道は複雑に思えるので、地図を見て、常に考えながら走行しています。」

走行中も窓を少し開ける
走行中も窓を少し開ける

「いずれはファーストハイヤーになることを目指していますので、伝票で回ってくる仕事は、将来の仕事につながると思っています。回数は少ないですが、2台口で、MK車両同士をぴったりつけて走行することも練習だと思っています。官公庁からのお仕事や、イベント配車のお仕事、会社のビジネス利用での送迎など、ハイヤーマンとしてどうあるべきかと自覚をもって、一つひとつ大切にしています」。

人見社員は将来のファーストハイヤーを目指す
人見社員は将来のファーストハイヤーを目指す

人見 純平(ひとみ じゅんぺい)社員の略歴

2019年3月 MK入社(大学新卒採用)
2019年10月 ドライバーに選任(第二種免許取得)
2021年2月 夜勤ハイヤーに選任

おわりに

MKタクシーのファーストハイヤーは、親切丁寧なMKタクシーーの中でも特に優秀と認められたドライバーによる洗練されたサービスを提供しています。
一般の方でも観光やビジネスにご利用いただくことが可能です。

英語をはじめとるす外国語対応ドライバーもいます。
厳正な社内審査を通過したドライバーが海外のお客様もサポートいたします。
英語のほか、スペイン語、フランス語、韓国語、中国語も対応可能です。

日常の様々なシーンから特別なシーンまで、上質なひとときをお愉しみください。

www.mk-group.co.jp

トラベルコーディネーターに関する記事

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事