MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

2018イギリス語学留学vol.1 目指せ!女性英会話ドライバー|MKタクシー岡本悠希

f:id:mk_taxi:20190531121730j:plain

1992年に始まり、時代に合わせて改善・強化し続けてきたMKの海外研修。
ハイヤー課の岡本悠希社員によるレポートを紹介します。

MKの海外研修制度 

第31期となる今回は、ハイヤー課の持田歩社員・徳永和彦社員岩田直樹社員山本瑠美社員・岡本悠希社員の5名がイギリス2ヶ月間の中級コース、コールセンターの前田希職員がフィリピン3週間の初級コースで学びました。

海外研修出発式

1月12日に京都MK本社で「第31回海外研修出発式」を行いました。 


出発直前インタビュー

海外研修を志望された理由は?

f:id:mk_taxi:20190918153622j:plain

不安よりも楽しみが大きいと答えた頼もしい6名。 いざ、海外研修へ!

私は、1日でも早く女性英会話ドライバーとして活躍することを目標としています。
私にとってこの海外研修は、入社当初から志望していた上に、私の思い描くキャリアプランを進めていくには、必要不可欠な経験だと考えており、海外研修を志望しました。

出発が近づいてきましたが、今の気持ちは?

2ヶ月のイギリスでの留学プログラムに参加したいと、ずっと希望していました。今回留学メンバーに選んでいただき、とても嬉しく、出発の日が近づくにつれ、わくわくした気持ちでいっぱいです。
自分の英語のスキルを磨くことのできる最大のチャンスだと期待を寄せています。

最後に意気込みを一言

留学中は積極的に英語で会話をすることによって、英語でのコミュニケーション能力を高めたいと考えています。
イギリスの観光地を訪れたり、海外の友達を作って交流することによって、異文化相互理解力を身につけたいと考えています。
帰国後には、社内のESD(English Speaking Driver)ランクを、「観光や文法の正しい知識を持っていて、流暢に話せる」「日常会話であれば問題なく聞き取れる」と認定される、3級に上げることを目標としています。

f:id:mk_taxi:20190918153701j:plain

英語教育担当職員Jakab・Lilla先生と

海外研修レポート

リスニング力とスピーキング力が大きく向上

f:id:mk_taxi:20190918154235j:plain

クラスメイトと

私はこの度の留学で、イギリスのウェールズの首都であるカーディフへ2ヶ月間滞在しました。
ホームステイ先はカーディフの近くのパナーフという町です。50代くらいのホストマザーと犬、そして最初の1ヶ月間はイタリアからの女の子の留学生と過ごしました。
週末は近くに住むホストマザーの娘と孫が遊びに来たり、ホストマザーの友達が遊びに来たりと、とても温かいお家でした。

学校は電車と徒歩で30分ほど離れたカーディフの語学学校に通い、午前と午後の計約6時間の授業を週に5日間受けました。

f:id:mk_taxi:20190918154305j:plain

アクティビティでハイキングへ

語学学校には、スペイン、イタリア、フランス、ドイツ、トルコ、サウジアラビア、コロンビア、ブラジル、アルゼンチン、中国など、多くの国からの生徒で大変賑わいます。
お昼の休憩時間や週末を一緒に楽しむなど、たくさんのいろんな国の友達を作ることができました
授業は1クラス10名ほどでレベル別に分けられていました。
私はIntermediate(中級)のクラスに所属しており、内容は文法を中心として、クラスのみんなや先生とディスカッションをしました。
日本にいるときよりも英語を話す機会がとても多いので、リスニング力とスピーキング力を以前に比べて身に付けることができました。
週末は、友達とロンドンやパリ、ブリュッセルへ旅行に出かけたり、学校のアクティビティでハイキングをしたり、ホストマザーの家族や友人と過ごしたり、有意義な時間を過ごすことができました。

30年ぶりの大雪で町はちょっとしたパニックに

f:id:mk_taxi:20190918154350j:plain

私の滞在していたカーディフでは、3月1日から3日にかけて、異例の大雪が降りました。
学校は2日間閉鎖され、会社やお店、スーパーが軒並み休みなだけでなく、バスや電車などの交通機関も止まってしまいました。
学校の先生によると、カーディフで雪が降ったのは2013年以来だそうで、今回の様な大雪は、1982年以来だったそうです。
大雪と言っても10~15cmほどの積雪量だったのですが、風が大変強く気温はマイナス5℃という天候でした。
めったに雪が積もることのない地域だったので、ちょっとしたパニックが起きており、テレビのニュースはどのチャンネルも大雪について報道がされていました

日本で雪が降ってもなかなか学校や会社が休みになったり、電車やバスなどの交通機関が全て止まるということはありません。
カーディフでの雪に対する対応にとても驚きました。

忘れられない最後の3日間

f:id:mk_taxi:20190918154609j:plain

私たちがカーディフを発つ3日前の3月8日の木曜日、同じクラスのフランス人の女の子が金曜日の最後の授業が終わった後にお別れパーティを計画してくれました。そのパーティでは各自手作りの料理やお菓子や食べ物を買って持ち寄ることとなりました
私は木曜日の学校が終わった後に友達と一緒にパーティで使う食材を買い、留学生用マンションの共同キッチンでスペインの友達3人とフランスの友達1人で一緒に春巻きやスペインオムレツを作りました。
みんながパーティのために一生懸命準備してくれている姿にとても感動しました。

f:id:mk_taxi:20190918154728j:plain

パーティ当日の金曜日、他のクラスにも私と同じ日に帰国する生徒がいたので、隣のクラス3クラスを含めた30名ほどが集まった大きなパーティとなりました。
私は留学初日から最後まで授業が一緒だった5人の友達にメッセージカードを準備しており、そのパーティのときに手渡しをしました。みんなとても喜んでくれてとても嬉しかったです。

コロンビアの友達は、私のために友達との写真をたくさん撮って送ってくれました。オマールの友達は、メッセージカードを一生部屋に飾って孫の代まで私の話をすると言ってくれました。
私にとってはとても感動的なお別れパーティでした。

パーティが終わったあとは、仲の良い友達10人ほどでバーへ行って皆で最後の夜を楽しみました。
別れ際にはお互いたくさんの感謝の言葉などを伝え合って、また必ず会おうと約束してお別れをしました。
みんなと別れるのはとても寂しかったのですが、みんなと盛り上がって楽しい思い出をたくさん作り、笑顔でさよならをすることができて本当に良かったです。

英会話ドライバーになって、友達との約束を果たす

f:id:mk_taxi:20190918154955j:plain

休日には山本瑠美社員とパリへ

最終日のホストマザーと別れる際には、マザーからたくさんのプレゼントとメッセージカードをいただきました。
最後の20分間、ホストマザーととても感慨深い話をし、笑顔で見送ってもらいました。

カーディフから空港へ向かうバスに乗る際には、スペインやスイスの友達がわざわざ見送りに来てくれて、本当にたくさんの良い人たちに恵まれました。
私は今でも留学で出会った友達とマザーと連絡を取り合っており、またいつか会おうと約束をしています。そして私には今、日本へ行きたいという友達がたくさんいます。
その友達のためにも1日でも早く英会話ドライバーになり、活躍したいと強く感じました。

おわりに

MKでは、外国語で観光案内をできるドライバーを養成するため、1992年から海外留学制度を開始しました。
営業所でもネイティブ講師によるサロン型の勉強会を毎月数回開催しています。

充実した研修制度によって育成したESD(Englishi Speaking Driver)は、海外からのVIPの対応や国際会議の送迎など豊かな経験を積んでいます。

海外からの大切なお客様の対応の際は一度MK観光タクシーにご相談ください!

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

media.mk-group.co.jp

第31期海外研修レポート記事 

media.mk-group.co.jp

media.mk-group.co.jp

media.mk-group.co.jp