MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

2019イギリス語学留学vol.3 楽しすぎる勉強とパリへの小旅行|MKタクシー南錫熙

f:id:mk_taxi:20190531121730j:plain

1992年に始まり、時代に合わせて改善・強化し続けてきたMKの海外研修。
ハイヤー課の南錫熙社員によるレポートを紹介します。

MKの海外研修制度 

第33期となる今回は、ハイヤー課の中村豊社員・南錫熙社員、宇治城陽営業所の中村有一社員の3名がイギリス・2ヶ月間の中級コースとしてイギリスに2019年1月12日に出発し、3月9日に研修を終えて帰国いたしました。

 

 

海外研修出発式

1月11日に京都MK本社で「第33回海外研修出発式」を行いました。 

f:id:mk_taxi:20190528101517j:plain

出発式

出発直前インタビュー

海外研修を志望された理由は?

私はもともと語学を学ぶことが好きで、学生時代はオーストラリアへ留学した経験があります。
そこで様々な国の人々と友達になりました。

英語という共通の言語を使いコミュニケーションを取ることにより、すばらしい仲間と出会うことができました。
私は、いつまでも向上心、好奇心を持ち続けたいと思っています。
英語のみの環境に身を置き、自分の英語力・コミュニケーション力を磨きたいと思い、イギリス留学を志望しました。

出発が近づいてきましたが、今の気持ちは?

出発前の今の気持ちは、とてもワクワクしています。
ヨーロッパへは行ったことがないので、写真やテレビでの情報のみです。自分が実際に肌で感じるイギリスはどのようなものなのだろう、どんな食べ物があるだろう、ホストファミリーはどんな方々だろう。
天気は? 学校は? 景色は? 流行は? 生活ぶりは? と、好奇心でいっぱいで、本当に楽しみです。

最後に意気込みを一言

留学中は、もちろん英語の勉強をばりばりやりますが、特に会話を中心的に励みたいです。
せっかくチャンスをいただいたので、積極的に話していきたいです。

写真が趣味なので、たくさんのいい写真を撮りたいです。
外国人だからこそ気付く、イギリスの良さをカメラに収めようと思います。

異国を訪れる側を経験することにより、帰国後、京都を訪れるお客様の気持ちに寄り添うことができると思います。
そして、より一層お客様の良い思い出作りの手助けをしたいと考えています。
「We enjoyed KYOTO very much. Thanks to you!」が聞けるように。

f:id:mk_taxi:20190528101455j:plain

語学教育担当職員の陳先生(右)とGary先生(左)

 

海外研修レポート

勉強が楽しくて仕方ない!どんどん若返る気分

初めてのヨーロッパでわくわく。長い空の旅を経て着いたイギリス。
またも続くタクシーの移動。丸一日かかり留学先のノリッジへ到着。

夜遅くの到着にも関わらず、ホストファミリーは温かく迎えてくれた。
翌日は学校までの道をホストファミリーと下見。これで準備満タン。

初めて見るイギリスの町。
まず驚いたのは道路に無断駐車してある車の多さ。
田舎の町とはいえ、狭い道に何台も止めてありバスの通行が大変。

f:id:mk_taxi:20190627143542j:plain

クラスメートと(写真右から4人目が南社員)

クラス分けテストの結果、プレ中級のクラスに。一緒に行った中村有一さんと同じクラス。
トルコ、サウジアラビア、フランス、イタリア、等々色んな国の人たちと勉強。
毎日の勉強が楽しくて仕方がない。
若い子たちと映画や音楽など、いろんな話をしていくうちに若返っていく気分。

写真好きにはたまらないノリッジという街

f:id:mk_taxi:20190627143601j:plain

ノリッジツアーにて

週末はノリッジ市内を散策。
写真を撮ることが大好きな私としては、すべてが新しい被写体だ。
ノリッジ城、大聖堂、オープンマーケット。一つ一つをカメラに収めた。

イギリスの人ってこんなに怠け者かな、車が汚すぎる。
しかし何日か過ごしたらそのなぞが解けた。
冬のイギリスは雨が多い。車が泥だらけになるわけだ。

ホストファミリーとの会話が一番の楽しみ

そして1週間が経過、食べ物に困った。
味噌汁が飲みたい、ラーメンが食べたい。日本料理が恋しくなった。

でも、ホームステイ先には恵まれた私。午後4時45分に授業が終わり、家に帰ったら美味しい晩御飯が待っていた。
典型的なイングリッシュディナー。そしてデザート。
晩御飯を食べながら、ホストファミリーと色んな話をした。一日の中で一番楽しいことだったかも。

f:id:mk_taxi:20190627143652j:plain

お世話になったホストファミリーと

週末にはロンドンへ小旅行

3週目にはロンドンへ行った。
他の仲間とリバプール駅で別れ、タワーブリッジへ。
曇りだったため写真は、いまひとつだった。
ロンドンアイ、ビックベン、ブリティッシュミュージアム、バッキンガムパレス、1泊2日のロンドン小旅行は、とっても良い経験だった。

f:id:mk_taxi:20190627143616j:plain

ロンドンビックベン前で

忘れられないパリへの旅

週末の度に各地を旅行した。
クロマー、ケンブリッジ、グレイトやマース。その中でも最高の旅だったのがフランス・パリへの旅行。

金曜日授業が終わって電車でロンドンに移動、ロンドンからユーロスターで海を渡ることにした。
黄色いベスト団体によるデモ体の心配もあったが、このチャンスを逃すわけには行かない。

ロマンス、文化、ファション、「パリ」を飾る言葉が数々あるパリ。
観光の都市らしく遅くまで人で賑わっている。
翌日、朝早くセーヌ川へ。映画「ポンヌフの恋人」のロケ地になったポンヌフ橋。
映画の場面が頭によみがえる。

次に向かったのが、エッフェル塔。
現地のガイドさんの案内でタワーの2階へ。パリ市内が目の前に広がった。とても嬉しい時間だった。
次はルーブルミュージアムへ。
目標は彼女だ。「モナリザ」。
大勢の人に囲まれながら微笑みを浮かべ迎えてくれた。思ったよりは小さい。
「こんなところで会えてとても光栄です。」
彼女はただ微笑んでいるだけ。

次は例のシャンゼリゼ通りからの凱旋門。
デモ隊によって閉鎖されていた。遠くから臨むだけで満足することに。
一日歩き回り、かなり疲れたがモンマルトルの丘から見下ろすパリの市内は、とても綺麗だった。

f:id:mk_taxi:20190627143637j:plain

パリ凱旋門の前で

ビザが無効?イギリスへ帰れないピンチ

そしてパリから帰る日の朝、問題は起こった。
パリのイミグレーション。
イギリスに戻るのにビザに問題が。
一度イギリスを出てしまうと、スチューデントビザは無効となるそうです。それを説明できるものがないと再入国ができない。
学校の証明やフライトのチケットを置いてきてしまった。ユーロスターの時間が迫るなか、幸い学生証が有り、無事通過できた。

学んだ英語でのノリッジ案内が大好評

クラス最後の日、英語でのノリッジ案内はとても良い評判だった。
タクシードライバコースで磨いた実力を思う存分発揮。

そして私の留学生活も終わった。2ヵ月という時間は早いものだ。
英語の能力が上がったかは疑問だが、自分の原点を知ることはできた。
まだまだ足りない自分を。

これからも頑張ろう。

  

おわりに

MKでは、外国語で観光案内をできるドライバーを養成するため、1992年から海外留学制度を開始しました。
営業所でもネイティブ講師によるサロン型の勉強会を毎月数回開催しています。

充実した研修制度によって育成したESD(Englishi Speaking Driver)は、海外からのVIPの対応や国際会議の送迎など豊かな経験を積んでいます。

海外からの大切なお客様の対応の際は一度MK観光タクシーにご相談ください! 

詳細はこちら

 

第33期海外研修レポート記事

media.mk-group.co.jp

media.mk-group.co.jp