MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

観光

藤袴(フジバカマ)に集うアサギマダラやツマグロヒョウモンなどの蝶

秋の七草のひとつである藤袴(フジバカマ)。藤袴は花そのものもさることながら、蜜を吸いに集まってくる美しい蝶が見どころです。青く輝く美しさと優雅な飛び方から大人気のアサギマダラや、まだら模様が美しいツマグロヒョウモンなど、いろんな美しい蝶た…

京都検定1級受験者必読!1級に合格したMKドライバーが教える勉強法

合格率数%と、難関で知られる京都検定1級合格は、京都の観光業界に携わる者にとってひとつのステータスです。MKタクシーでは、現在4名の京都検定1級合格者が在籍しています。 伊藤司朗社員、柴田大輔社員、塚本彦成社員他の京都検定1級合格者に、合格のため…

秋を彩る名脇役、京都の秋明菊(シュウメイギク)おすすめスポット5選

秋の庭園でも主役とはなることは稀ですが、白と紅、ピンクの花で彩りを加えてくれる名脇役なのが秋明菊です。貴船に多いことから「貴船菊(キブネギク)」ともいいます。実は「菊」とは同じ被子植物ではあるもののかなり遠縁で、見た目や花の付き方が似てい…

海を越えて京都へ飛んでくるアサギマダラと藤袴が美しい写真

はるばる海を越えて京都へやってくる、「海を渡る蝶」アサギマダラ(浅葱斑)。名前のとおり浅葱(あさぎ)色をした半透明の美しいはねで優雅に飛ぶアサギマダラの姿は、古くから日本人を魅了してきました。そんなアサギマダラが蜜を吸いに群れ集うのが藤袴…

秋の七草のひとつである京都の藤袴(フジバカマ)おすすめスポット8選

秋の七草のひとつとして知られる「藤袴(フジバカマ)」。山野で自生しているのはほとんど見かけませんが、京都では「絶滅寸前種」に指定されているのでやむを得ません。 しかし、1998年に再発見された野生種の藤袴が、京都各地の寺社へと広がり、美しい花を…

京都検定は何番目?2018年度の全国「ご当地検定」受験者数ランキング

一時のブームは去ったとはいえ、まだ各地で多くの受験者を集めている京都検定をはじめとするご当地検定。MKタクシーでは、毎年京都検定(京都・観光文化検定試験)を団体受験し、多くのドライバーらが受験しています。京都の観光業界では京都検定は絶対的な…

百人一首の聖地を臨む、「嵯峨嵐山文華館」でディープな和歌の世界へ

京都の嵐山エリアにそびえる小倉山(おぐらやま)の名前はみなさんもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。小倉山と言えば「百人一首」。そんな和歌の聖地・嵐山には、百人一首に関する展示を行う美術館「嵯峨嵐山文華館(さがあらしやまぶんかか…

秋の田園風景を色鮮やかに彩る京都の「コスモス」おすすめスポット6選

9月下旬から11月上旬にかけて日本中を彩るコスモス。 その名称から、外来種であることは誰もが知るところですが、コスモスほど京都の景色に定着した花も珍しいでしょう。 京都でも郊外の休耕田にコスモスが植えられているをよく見かけます。美しい田園風景…

初秋の田畑を真っ赤に染め上げる京都の「彼岸花」おすすめスポット7選

お彼岸の時期に一斉に開花して田畑を真っ赤に染め上げ、一週間程度で散ってしまう彼岸花(ヒガンバナ)。美しい田園を真っ赤な彼岸花が彩る景色は、まさに日本の原風景です。 不吉な花といわれることもありますが、9月下旬から10月初めにかけて彼岸花ほど美…

秋の京都を代表する美しい花である萩(ハギ)おすすめスポット10選

秋の七草のひとつである萩(ハギ)の花。 かつては京都に限らず四季を通じて日本人にとって最も身近で愛された花こそ萩(ハギ)であり、万葉集では萩(ハギ)を題材とした歌が138首も収録されています。これは梅の119首を上回っています。古代の日本人の心を…

京都の夏の終わり、ご先祖様を見送る五山の送り火特別鑑賞会ツアーレポート

毎年8月16日に行われる「五山の送り火」は、京都の夏の風物詩です。京都の夏はお盆の五山の送り火とともに終わるとも言われています。MKトラベルでは京都を取り囲む五山を巡り、京都の真ん中にある絶景スポットから五山の送り火を鑑賞する特別ツアーを毎年実…

大人も楽しめる漢字の博物館「漢字ミュージアム」特別見学会レポート

2016年6月にオープンした「漢検 漢字博物館・図書館 (漢字ミュージアム)」。祇園・八坂神社近くの弥栄中学校跡地という便利な立地にあります。面白そうだなと気にはなっていたのですがなかなか行けず、ようやく行ってきました。体験しながら漢字を学べる楽…

全行程35km!京都で毎年8月22日,23日に行われる「六地蔵巡り」を徒歩での踏破に挑戦

毎年地蔵盆を前にした8月22日23日には、京都郊外に点在する6ヶ所のお地蔵さん巡拝する「六地蔵巡り」が行われます。800年前から続くとされる京都の伝統行事で、家内安全・無病息災のご利益があります。 京都郊外の六地蔵を全て巡拝すると、総距離は35km。こ…

夏に大輪の花を咲かせる、京都の芙蓉(フヨウ)おすすめスポット5選

晩夏を彩る大輪の花である芙蓉(フヨウ)。15cmくらいの大きな目立つ赤・ピンク・白の花を咲かせ、青空に映えます。 中国原産とされていますが、富士山の雅称を「芙蓉峰(ふようほう)」というとおり、日本でも古くから親しまれてきました、寺社はもちろん公…

京都の夜景と提灯1万個の絶景を楽しむお盆イベント「東大谷万灯会」

実に1万個もの提灯が東大谷墓地を埋め尽くす、東大谷(ひがしおおたに)の「万灯会(まんとうえ)」。円山公園と高台寺の間にある東大谷では、毎年お盆のお墓参りを涼しい時間に時期に行えるように、1万個の提灯で墓地を照らし出しています。東山の山腹から…

清水寺「千日詣り」の夜間拝観でお盆の暮れゆく京都の絶景を見る

京都のお盆の風物詩である、清水寺の「千日詣り(せんにちまいり)」。一日のお参りで千日分のご利益があるとされます。本堂の内々陣(ないないじん)まで入って特別に拝観することができ、夜間拝観である宵詣り(よいまいり)も行われます。宵詣りは春秋の…

夏に多彩な花を咲かせる、京都の木槿(ムクゲ)おすすめスポット5選

7月から9月頃にかけて咲く木槿(ムクゲ)は多くの品種があります。一重や八重など色んな形の花が、色も白やピンク、赤、紫など多彩な色で染められ、私たちの目を楽しませてくれます。 たくさんの花を付ける木槿(ムクゲ)ですが、実は寿命が一日の一日花のた…

2019年は台湾が熱い!女子旅におすすめのフォトジェニックな観光コース

みなさんは台湾と聞くとどのようなイメージを思い浮かべますか?同じアジアの島国でありながら、日本とはまた違った不思議な華やかさがある台湾。日本では台湾と言うとSNS映えするスイーツが有名ですが、台湾本土にはもっとたくさんのフォトジェニックな被写…

真夏を彩る赤い花、京都の百日紅(サルスベリ)おすすめスポット5選

真夏の最も暑い時期に京都で見頃を迎える花と言えば、百日紅(サルスベリ)です。百日紅(サルスベリ)の真っ赤な花には、ギラギラと照りつける真夏の太陽が似合います。 「百日紅」という名前のとおり、かなり長期間開花し、庭園や公園だけではなく、街路樹…

「五山の送り火」が全部見られる穴場のイオンモール京都五条の屋上

送り火の日に公開されるイオンモール京都五条の屋上からは、五山の送り火を全てを見ることができます。地元民の間ではそれなりに知られた五山の送り火の穴場ですが、ガイドブックには載ることのない穴場です。 人は多いものの、広いためそれほどの混雑ではあ…

えっこれが朝顔なの?京都府立植物園の風物詩「朝顔展」の変化朝顔

京都府立植物園の夏の風物詩である「朝顔展」が、2019年も8月2日から6日まで開催されます。びっくりするような大きな花を咲かせる「大輪朝顔」や、とても朝顔には見えない花や葉をした「変化朝顔」がたくさん展示されます。たった5日間だけの開催なのでお見…

京都・祇園の漢字をテーマにした博物館「漢字ミュージアム」レポート

2016年6月にオープンした「漢検 漢字博物館・図書館 (漢字ミュージアム)」。祇園・八坂神社近くの弥栄中学校跡地という便利な立地にあります。面白そうだなと気にはなっていたのですがなかなか行けず、ようやく行ってきました。体験しながら漢字を学べる楽…

無料で予約不要!京都のお寺で夏の早朝に体験できる「暁天講座」とは

京都の夏の風物詩のひとつが、早朝にお寺で行われる暁天講座(ぎょうてんこうざ)です。朝6時ごろのまだ涼しい時間に、著名人やお坊さんなど多彩な経歴の講師のお話しを聞くことができるのが暁天講座です。多くの暁天講座は無料で予約も不要なので、気軽に参…

電柱すれすれ!祇園祭・山鉾巡行の穴場は巧みな技術が見られる新町通

山鉾巡行といえば、四条通など広い通りを威風堂々と山鉾が巡行するイメージが強いですが、新町通に入ると一転して細い道を山鉾巡行します。 電柱を巧みによけながら通過する姿をスリルを味わいながら間近で見られる新町通は穴場です。

京都で蓮を最も美しい時間帯に見るなら早朝拝観の「法金剛院」へ

「花の寺」として有名な法金剛院では、7月の蓮の開花期に早朝7時開門の「観蓮会(かんれんえ)」が開かれます。 早朝に開花し、昼ごろには元気がなくなってしまう蓮は、早朝のうちに見るに限ります。 暑い時期なので少しでも涼しい時間帯に観光できるのもう…

体を動かしてリフレッシュ!伏見稲荷大社のお山巡り踏破に挑戦してきた

千本鳥居のミステリアスな風景で有名な伏見稲荷大社。数ある京都の観光スポットの中でもかなりの人気を誇る場所です。せっかく訪れるからにはぜひ「お山巡り」に挑戦してほしいです!今回はエクササイズも兼ねて、実際に私が健康祈願のために挑んだ「伏見稲…

京都人にとって大切な生活の一部。「祇園祭」で京の街は祭ムード一色に

京都人にとって、7月は特別な一ヶ月です。 もちろん、祇園祭が始まるからです。7月の京都は祇園祭一色に染まります。 千年の長きにわたり続いている祇園祭は、山鉾巡行だけではありません。京都人にとって生活の一部であり、祇園祭への誇りを感じずにいられ…

3日間かけて巨大な山鉾が組み上げられていく!祇園祭の「山鉾建て」

重さ10トン、高さ25mを超える巨大な祇園祭の山鉾は、7/10から3日間かけて組み上げられていきます。宵山や山鉾巡行では見られない内部構造や、縄がらみなど伝統的な技術が見られる「山鉾建て」は祇園祭のみどころのひとつです。

夏にも涼を感じられる、京都の桔梗(キキョウ)おすすめスポット6選

酷暑で知られる京都の夏に、涼けさを与えてくれる花が桔梗です。爽やかな青紫色は清涼感にあふれます。暑い時期に少しでも涼を感じるために訪れて欲しい、そんな桔梗のおすすめスポットを6つご紹介します。

京都人がおすすめする「祇園祭」のツウな楽しみ方と1150年の歴史

1250年の歴史を誇る、日本三大祭りのひとつである祇園祭。祇園祭りの概要と、京都人ならではのちょっと違った視点からのツウな楽しみ方をご紹介します。