MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

消費税増税に伴いタクシーが新運賃に切り替わるタイミングは?

f:id:mk_taxi:20190925110130j:plain

2019年10月1日午前0時、消費税が8%から10%へと変わります。
全国のタクシー運賃も、消費税増税に伴い10月1日から運賃が改定されます。

24時間営業のコンビニなどでは、どのタイミングで消費税が切り替わるのかが話題になっています。
しかし、同じく24時間営業であるタクシー運賃は午前0時に消費税10%へと切り替わるのではありません。
タクシーが消費税10%の新運賃に切り替わるのは、物理的な制約があります。他業界ではあまり例のないタイミングでタクシー運賃は切り替わるのです。

 

 

消費税増税に伴う値上げのタイミング

一般的な値上げのタイミング

消費税は10月1日の午前0時をもって10%を適用するのが原則とされています。
例えば消費税が10%24時間営業のコンビニでは、レジのタイミングが午前0時?
レジの列に並んだタイミングが午前0時?などと話題になっています。

一方で、午前0時を越えて深夜営業する飲食店はたくさんあります。
もし、消費税の原則どおり取り扱うなら、午前0時までの注文は消費税8%の旧料金、それ以降は消費税10%の新料金となるべきです。
しかし、実務上は9月30日分の売上として計上される分については、午前0時を越えても消費税8%を適用しても差支えない、とされています。
つまり、午前3時閉店のお店の場合、午前0時~午前3時は10月1日でも消費税8%に基づく旧料金を適用することができるのです。

さて、ではタクシー運賃はどのような扱いなのでしょうか?
タクシー乗車中でも午前0時になった段階で消費税10%の新運賃が適用?
午前0時以降のタクシー乗車から新運賃が適用?それとも?

まず、タクシー以外の交通関係の消費税増税の取り扱いに関する事例を見ていきます。

公共交通機関には消費税軽減税率を適用すべき

多くの国で消費税の軽減税率が取り入れられている公共交通ですが、日本では残念ながら対象外です。
消費税の複数税率制度が実務上様々な問題をはらんでいますが、すでに我が国は消費税の軽減税率を取り入れました。軽減税率の対象となるか否かについて、食料品を中心におもしろおかしい論争が続いています。
贅沢品は通常税率で生活必需品には軽減税率というのが世界的な複数税率に対する原則です。
鉄道・バス・タクシーなどの公共交通機関が消費税の軽減税率対象でないのは極めて疑問です。高齢者の生命線としてなくてはならない存在であるタクシーも軽減税率の対象となるのが当然だと考えますが、今のところそうはなっていません。残念です。

鉄道・バスは終電まで旧運賃

鉄道やバスでは10月1日午前0時を越えても、終電までは消費税8%の旧運賃が適用されます。
確かに午前0時のタイミングに券売機や改札機の新旧切り替えなんてできませんよね。
終電から始発の間に、券売機や改札機はもちろん、駅のあちこちにある運賃表示を一斉に切り替えます。消費税増税に伴う運賃改定のタイミングでついでに駅名の改称が行われることもあります。

消費税10%の例外として、9月30日までに購入した切符や定期券は、10月1日以降の利用であっても消費税8%の旧運賃が適用されます。
なお切符の場合は、JRだと100kmまでや大都市近郊区間内の場合は当日のみ有効なので、ほとんどの場合は消費税8%の例外を利用することはできません。
切符制ではないタクシーとは無関係です。

高速料金は入るタイミングが午前0時まで旧料金

高速料金は、出口から降りた日時に関係なく、午前0時までに入り口から入った場合に消費税8%の旧料金が適用されます。
タクシーで高速を利用する可能性がある方は知っておいてください。

24時間営業であり、時間帯に応じた割引などを常時行っている高速道路では、システム的にもこういった対応が可能なのでしょう。

タクシーは、9月30日出庫車両が入庫するまで旧運賃

タクシー運賃メーター変更の物理的な制約

で、本題のタクシーは、少し複雑です。
9月30日の出庫車両が入庫するまでが消費税8%の旧運賃、10月1日の出庫車両からが消費税10%の新運賃となります。
営業所でタクシーに車載している運賃メーターの変更作業が必要という物理的な制約があるからです。

具体的には、昼夜2交代制のタクシー会社の場合だと、9月30日の夜勤車両が入庫する10月1日午前5時~7時くらいまでになります。
隔日勤務制の場合だと、10月1日午前1時~3時くらいまでの場合が多いです。

一時的に複数の運賃が混在

入庫時間はタクシー会社の勤務体制によって様々ですが、ほとんどの事業者はタクシー車両によってある程度入庫時間をばらけさせています。
これは、消費税増税とは無関係に、街に自社のタクシーが1台も走っておらず、配車が不能という状況を普段から避けるためです。
そのため、昼夜2交代制の場合だと一時的に9月30日出庫の夜勤車両と10月1日出庫の昼勤車両が2種類のタクシーが混在することになります。

ほんの2時間程度ではありますが、同じ会社のタクシーであっても消費税8%の旧運賃と消費税10%の新運賃が混在してしまうのです。
見分けるには、タクシー後部ドアに貼ってある運賃ステッカーの額を見て新運賃か旧運賃かを判断するか、直接タクシーのドライバーに聞くしかありません。

f:id:mk_taxi:20190925102504j:plain

運賃ステッカー

タクシーの運賃メーター変更作業

では、消費税増税に伴うタクシーの運賃メーターの変更作業とは具体的にはどのようなものなのでしょうか。
昔はかなり大変だったそうですが、今のタクシー運賃メーターはSDカードを挿入して機械内部の演算式を書き換えるだけの簡単な作業です。
2018年5月10日の運賃改定時に行われたタクシー運賃メーター変更作業を見てみましょう。

運賃メーターとは

f:id:mk_taxi:20190913153743j:plain

運賃メーター器

まず、タクシーの運賃メーターについて簡単に説明します。

皆さんもタクシーに乗車した際は、必ず目にする運賃メーター。
ご存知のとおり、走行距離や乗車時間によってタクシー運賃・料金を計算して表示する機械です。

現在、国内では4社が製造しており、MKタクシーでは業界最大手である二葉計器さんの運賃メーターを使用しています。

右下と左下に針金がありますが、これで車両と運賃メーターは厳重に結び付けられています。

f:id:mk_taxi:20190913153855j:plain

計量検定所による封印

針金には合格印が刻印された鉛玉がついており、勝手にほどいてタクシー運賃メーターを別の車両に取り付けることはできません。

実はタクシーの運賃メーターは、計量法に基づく「特定計量器」です。電気・ガス・水道メーターなどと同じです。
タクシーは1年に1回計量検定所でメーター検定を受けることが義務付けられています。
検定に合格すると、計量検定所でこのような「封印」が行われます。

年1回の検定を受けなかったり有効期限切れでタクシーの運賃メーターを使用すると、6ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金が科されています。
ですので、日本では運賃メーターを違法に改造して営業することは不可能です。

運賃メーターを書き換える

f:id:mk_taxi:20190913154000j:plain

MKタクシーでは昼夜2交代制のため、夜勤が入庫してから昼勤が出庫するまでの短時間にメーターの変更を行う必要があります。
夜勤の入庫車両が帰ってくる夜明け前から作業が始まります。

f:id:mk_taxi:20190913154035j:plain

作業は、主に整備部門の職員が担当します。
MKタクシーの場合は、直営の整備部門であるMK自動車が担当します。
整備士といえども、運賃メーターの変更作業をするのは数年に一度程度です。
まずドライバーで運賃メーターの左下の部分をこじ開けます。

f:id:mk_taxi:20190913154053j:plain

よく写っていませんが、中にあるスイッチをドライバーで押すと、メーターの書き換えができる状態になります。

f:id:mk_taxi:20190913154123j:plain

有効期限が貼られた部分を左にスライドさせると、中にはSDカードスロットがあります。

f:id:mk_taxi:20190913154136j:plain

このスロットにタクシー運賃メーターの演算式を書き換えるSDカードを挿入すると、運賃メーターが書き換えられます。
書き換えは10秒くらいで終わります。
このSDカードは、新運賃に対応したものを二葉計器さんに作ってもらいます。
再び書き換えスイッチをオフにしたら作業完了です。
タクシー1台あたり5分もかかりません。

f:id:mk_taxi:20190913154152j:plain

タクシーの車種によって運賃メーターの車載位置はまちまちで、中にはこんな作業しにくいところにもあるタクシーもあります。

f:id:mk_taxi:20190913154214j:plain

チェック表

万が一にも漏れや間違いが起きたら大変です。
タクシー1台ずつにチェック表を用意し、万全の準備をしています。

f:id:mk_taxi:20190925104318j:plain

運賃ステッカー

運賃メーターだけではなく、タクシー後部ドアの運賃ステッカーも消費税10%への値上げ後の額への張り替えが必要です。
その他、タクシー車内の運賃表や広報物なども入れ替えを行います。

f:id:mk_taxi:20190913154430j:plain

昼勤のタクシーが出庫する前に、最後に営業所長が再チェックし、作業は完了です。
消費税10%の新運賃に切り替わった昼勤車両が出庫していきます。 

近年ではアナログ方式の運賃メーターではなく、位置情報等のデジタルを活用したより柔軟な運賃メーターの開発も進められています。
もしかしたら、次の消費税増税時には午前0時ぴったりに運賃が変わるタクシーの運賃メーターが完成しているかもしれません。

消費税増税による値上げ後も京都最安値のMKタクシー

消費税増税により各種物価が上昇し、家計へも少なからぬ打撃を受けることでしょう。
少しでも安くドアトゥドアで移動したいという方には、MKタクシーがおすすめです。
京都のMKタクシーは、2019年10月1日以降も他社より15%安い運賃で運行しています。

MKタクシーなら迎車料金も不要です。

MKタクシーのご予約は075-778-4141まで。

便利な配車アプリも是非ご利用ください! → MKスマホ配車