綿善旅館「楽しい催しがたくさん。身近に楽しめる老舗旅館」

ひと
綿善旅館「楽しい催しがたくさん。身近に楽しめる老舗旅館」

MKタクシーの車載広報誌であるMK新聞で、柳馬場六角下ルの綿善旅館を紹介しました。
MK新聞2021年4月1日号の掲載記事です。

楽しい催しがたくさん身近に楽しめる老舗旅館

創業約191年の老舗旅館。
老舗というと、堅苦しい、敷居が高いと思われがちだが、綿善旅館は気軽に使っていただける旅館を目指している。
実際に近くの方にも、旅館内の56畳の大広間を踊りの発表会や書道展示の場所として利用いただいている。

56畳の大広間
56畳の大広間

コロナ禍では、大広間の密にならない環境を活かし、近所の子供の学び場としての「寺子屋」や、祇園祭の代わりとして夏にワークショップや縁日を出す。
その後も月一回程度、イベントを開催し、直近の3月にはひな祭りを開催した。

パンダの姿で宅配
パンダの姿で宅配

お部屋は2015年に改装したモダンな部屋と昔の趣きを残した部屋と大きく2パターンある。
お食事も、会席料理だけでなく、手軽なお弁当も作成する。
コロナ禍では、行商許可をとって板前の弁当を駅弁のように屋外で販売したり、節分では鬼の姿で宅配した。また新商品「出汁巻き玉子のオムライス」を開発した。

新開発オムライス
新開発オムライス

若おかみが「うちのよりおいしい出汁巻きを食べたことがない」と自負する「世界一」の出汁巻き玉子を使ったオムライスだ。
今季のピクニックシーズンの土日には、行楽弁当の販売もする。夕食だけでなくお昼も気軽に楽しめる旅館になっている。

お家で京料理キット
お家で京料理キット

ご家庭で旅館の味を楽しめるよう、食材をパックにして宅配する京料理キットも販売した。
一般の家庭でもおいしい出汁がとれるよう、出汁の取り方の案内も入れた。

その他、リモートで人との交流を続けた。
バーチャル旅館経営者になってもらうインターンシップ。スタッフである「スーちゃん」の韓国語講座。
オンラインの接点を通じて実際に泊りに来ていただく方もいらっしゃったという。

花見三色そぼろ弁当
花見三色そぼろ弁当

特典増える結びの木箸プラン

そして現在開催しているキャンペーンが「京都5旅館 繋がるお箸 特典増える結びの木箸プラン」だ。
京都の5旅館が提携。各旅館が、京都の銘木北山杉で作ったお箸を用意している。

京都5旅館 繋がるお箸
京都5旅館 繋がるお箸

京都の木材で箸を作り、それを京都の街で流通させる「地産地消」。
ひとりでも多くの方に使っていただくことで山を健康な状態に保てるようにとの想いで始まった。
各旅館を回り箸箱5つを合わせると1つの絵柄が完成する。また、スタンプカードを5旅館全てコンプリートすると1万円割引券となり、さらに割引後その券は永年優待10%割引券となる。
限定先着100名様ということなので、興味のある方は急ごう。

綿善旅館

若おかみ 小野雅世さん
若おかみ 小野雅世さん

綿善旅館の若おかみ。
「天保元年(1830年)京の中心地に宿を開いて以来、綿善旅館は京の宿として、皆様に親しまれてまいりました。創業当時からずっと受け継がれてきた伝統。京のおもてなしの心を味わいに、ぜひ一度お越しくださいませ。」

京都市中京区柳馬場通六角下ル井筒屋町413
☎075-223-0111

公式ホームページ:京都 旅館 綿善(わたぜん)旅館 【公式サイト】
公式フェイスブック:https://www.facebook.com/watazen/

MK新聞について

「MK新聞」は月1回発行で、京都をはじめMKタクシーが走る各地の情報を発信する情報紙です。
MK観光ドライバーによる京都の観光情報、旬の映画や隠れた名店のご紹介、 楽しい読み物から教養になる連載の数々、運輸行政に対するMKの主張などが凝縮されています。
40年以上も発行を続けるMK新聞を、皆さま、どうぞよろしくお願いします。

ホームページからも最新号、バックナンバーを閲覧可能です。

www.mk-group.co.jp

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

まだ知らない京都に出会う、
特別な旅行体験をラインナップ

MKタクシーでは様々な京都旅コンテンツを
ご用意しています。