MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

2016イギリス語学留学vol.2 念願の留学で聞く力が大幅アップ|MKタクシー河原秀行

f:id:mk_taxi:20190531121730j:plain

1992年に始まり、時代に合わせて改善・強化し続けてきたMKの海外研修。
ハイヤー課の河原秀行社員によるレポートを紹介します。

MKの海外研修制度 

第28期となる今回は、ハイヤー課の河原秀行社員、永野修美社員がイギリス2ヶ月間の中級コースで学びました。

 

 

海外研修出発式

7月1日に京都MK本社で「第28回海外研修出発式」を行いました。 

出発直前インタビュー

海外研修を志望された理由は?

海外研修出発式

海外研修出発式

私は、現在ハイヤー課に所属し5年目を迎えます。
ここ数年、海外のお客様がお乗りになることの方が多くなってきています。
訪日客の増加や、近年の京都の外資系ホテルの建設ラッシュが要因で、我々ドライバーも英語が必要不可欠と考え、社内の英会話サロンへ参加しています。
その延長線上にこの留学制度があり、また自身のスキルアップのために留学を志望しました。

出発が近づいてきましたが、今の気持ちは?

河原秀行 社員

河原秀行 社員

留学は初めてなのですが、高校の修学旅行でホームステイを経験したことがあります。
普段の仕事でも海外のお客様にお供することが多いので、不安よりも向こうでどのように過ごすか、期待の方が強いです。
自身の性格が内気なので、向こうではどんどん発言してコミュニケーションをとりたいと思います。

最後に意気込みを一言

河原秀行社員(左)と永野修美社員(右)

社会人になって会社の留学制度で2カ月も勉強出来る機会なんて一生に一度のことです。
とにかく時間を無駄にしないつもりです。
英語漬けの毎日で少しでも英語に慣れ、帰国後もこの留学がスタートと考えて勉強を継続し、これからますます増える海外のお客様に京都を案内できればと思います。

 

海外研修レポート

アムステルダムで必死の乗り継ぎ

ボーンマス

イギリス有数のリゾート地として知られるボーンマスが今回の留学地

人生、3回目の海外が長期の留学ということで、出発までの準備から向こうでの生活、学校のことなど不安要素が山積みです。
何よりまだまだ英語を勉強中の私の語学力が通じるのかという思いでした。

今回の留学先のイギリス・ボーンマスまでの経路は、関空からアムステルダム経由サウサンプトン、そこから車で1時間という長旅です。
早速関空出発が1時間遅れで、初めての、とてつもなく大きなアムステルダムでの乗り継ぎが40分しかなく、空港スタッフに数回「Where should I do?」と聞きながら何とか乗り継ぎました。

二度目の留学応募で念願かなう

上賀茂の英会話サロン

上賀茂の英会話サロン

今回のイギリス留学に、まさか自分が選ばれるとは、思ってもいませんでした。
実は7、8年前にも一度、留学選考に応募したものの、落選という挫折を経験しているからです。
夢は諦めてはいけないとは、よくいったもので、社内の英会話サロンに参加したり、空き時間に自習したりしてきました。
結果、今回2ヵ月のイギリス研修に行くことができました。
関係各所の皆様に感謝申し上げます。

2ヶ月間の留学生活がスタート

ホームステイ先

ホームステイ先

乗り継ぎ後は、順調に現地空港に迎えのタクシー「ベンツ」に乗りることができました。
先に一緒に行った先輩社員のホームステイ先に寄り、その後私の番でした。
私のホストファミリーは、70歳くらいのおばあさんだけで、他には誰もいない中、留学生活がスタートしました。

イギリス最大級の語学学校へ入学

アングロコンチネンタル語学学校

アングロコンチネンタル語学学校

私たちが通ったアングロコンチネンタル語学学校は、滞在していたボーンマスでは一番大きく、イギリス全体でもかなり大きい規模だと学校におられる日本人スタッフが言っていました。
500人くらいは在籍していたようです。

学校初日にレベル分けのテストがあり、翌日からそれぞれのレベルのクラスで勉強です。
毎日午前中が90分×2コマ、プラス45分、さらに火曜と水曜は午後から120分という時間割でした。

とにかく英語を話せない日本人

クラスメートと(左手前が河原社員)

クラスメートと(左手前が河原社員)

私のクラスのクラスメートは、7月の間はヨーロッパ各地から夏休みを利用してきている学生が多く、8月に入ると何故かサウジアラビアからの学生や社会人が目立ちました。
日本人やアジア人は非常に少なく、彼らと学ぶ中で感じたことは、日本人は文法や筆記はできるが、とにかく話せないという点です。
彼らはその逆で、文法はめちゃくちゃの上、アクセントが強くて何を言っているのか聞き取りにくく感じました。
ちなみに6段階あるレベルの下から3番目のクラスですけど。

 

ヒアリングは向上もスピーキングはまだまだ

クラスメートと

クラスメートと

 

授業中、時折自分が何をしていいか全く分からず、孤独感にさいなまれました。
それでも1週間が経つ頃には少し慣れてきたことに加えて、クラスメートとも仲良くなりました。
私の横にいつも座るサウジアラビアの高校生フェラス君がよく私をヘルプしてくれました。
留学も終わりに近づく2ヵ月が経つ頃には、聞き取りはだいぶできるようになりましたが、話す方はまだまだこれからという時期に後ろ髪を引かれる思いで帰国。
勉強の続きは、普段の自習や英会話サロンに引継ぎです。

休日はイギリス各地へ

ロンドンブリッジを背に

ロンドンブリッジを背に

 

せっかくイギリスに行くのだから、フランスの方まで足を伸ばそうか、と出発前は思っていたのですが、テロやらなんやらで陸路のドーバー海峡渋滞17時間。
鉄道のユーロスターもたびたびストライキをしているとイギリスのBBCテレビ情報で知り、飛行機で行って帰れなかったら困るので、イギリス国内を楽しみました。
ロンドンには数回、その他世界遺産のストーンヘンジ、大学の町オックスフォード、1000年前の大衆浴場を見ることができるバース等に行きました。

女王公邸の豪華な調度品に感動

エリザベス女王公邸

エリザベス女王公邸

 

一番印象に残っているのは、イギリスのエリザベス女王の公邸です。
式典などで使うバッキンガム宮殿の中にあり、夏限定で公開しているチケットを先輩社員が取ってくださって入ることができました。
十数部屋を見ることができ、豪華な調度品の凄さに感動しました。

最後に、留学中、携帯電話が壊れ3週間、音信不通となり、皆様には、ご心配お掛けして大変申し訳ございませんでした。

おわりに

MKでは、外国語で観光案内をできるドライバーを養成するため、1992年から海外留学制度を開始しました。
営業所でもネイティブ講師によるサロン型の勉強会を毎月数回開催しています。

充実した研修制度によって育成したESD(Englishi Speaking Driver)は、海外からのVIPの対応や国際会議の送迎など豊かな経験を積んでいます。

海外からの大切なお客様の対応の際は一度MK観光タクシーにご相談ください!

詳細はこちら

MKの観光貸切タクシーの詳細はこちらをご覧ください

第28期海外研修レポート記事 media.mk-group.co.jp