MKメディア

京都のタクシー会社が運営するライフスタイルメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【367】|MK新聞連載記事

f:id:mk_taxi:20210105161008j:plain

MKタクシーの車載広報誌であるMK新聞では、大西信夫さんによる様々な身近な事柄を取り上げたエッセイ「本だけ眺めてくらしたい」を前身を含めて1988年5月22日から連載しています。
MK新聞2018年11月1日号の掲載記事です。

本だけ眺めてくらしたい

電子書籍を管理するのにCalibreというソフトを愛用している。
電子書籍と言っても、私の場合はほとんどが、自分で紙の本を裁断してページをバラバラにし、スキャナでコンピュータに取り込んだもの。いわゆる「自炊」したPDFファイルだ。

これまで九年間で電子化した蔵書は今日現在、12,873冊になっている(依然、紙の本はそれ以上、数倍?はある……幸か不幸か)。
電子書籍の管理ソフトは、自ら設定したタグを含む書誌データを思いつきの様々なキーワードで検索して、あれこれとリストアップしてみるのが楽しいのだが、当然ながら、これは登録した本の数が多いほどいい。
本好きの人なら共感してもらえると思うが、棚の前で、並んだ本を眺めて、ふと目に留まった本を手に取ってパラパラっとページをめくって拾い読みをしてみたり、それに関連したまた別の本を開いてみたり、あてもなくそんなことをしている時間は実に楽しい。
あるいは、購入するたびに、棚のあちらこちらに場当たり的に収めていた本を改めて著者やテーマ別に分類したり、並べ替えてみたりするのも楽しいひとときだ。
電子書籍の管理ソフトなら、そんな「本棚いじり」が13,000冊という大きな仮想本棚で、デスクに座ったまま(ノートPCならベッドに寝転んで)コンピュータの画面上で出来るのだ。
例えば「老い」で検索すれば蔵書の中から老いに関する三十二冊の本の表紙画像が一瞬で表示される。「差別」なら六十六冊。「源氏物語」なら百六十三冊。「の哲学」なら三十三冊……。

もちろん、画面の本をクリックすれば読むことができる。じっくり再読するなら、iPadなどのタブレット携帯端末にデータをコピーすればいい。
もっとも、この暫定13,000冊の電子書籍は、紙の本で残しておきたい優先順位が低い方から自炊しているのであり、やっぱり紙の本で読みたい小説や好きな作家の本、装幀や質感が気に入っている本、関心がある分野で近年購入した本など、自分にとって主要な本は逆に電子化していない。
したがって、Calibreには登録されていないし、そちらのほうが数も多いというのが難点だ。

しかし、実はその点についてはウラ技がある。Calibreは電子書籍ファイルそのものがなくても書誌データのみの仮想の本を登録することができるのだ! 続きは次回。

MK新聞について

「MK新聞」は月1回発行で、京都をはじめMKタクシーが走る各地の情報を発信する情報紙です。
MK観光ドライバーによる京都の観光情報、旬の映画や隠れた名店のご紹介、 楽しい読み物から教養になる連載の数々、運輸行政に対するMKの主張などが凝縮されています。
40年以上も発行を続けるMK新聞を、皆さま、どうぞよろしくお願いします。

ホームページからも最新号、バックナンバーを閲覧可能です。

MK新聞への大西信夫さんの連載記事

1988年以来、MK新聞に各種記事を連載中です。

1988年5月22日号~1991年11月22日号 「よしゆきの京都の見方」(45回連載)
1990年1月7日号~1992年2月7日 「空車中のひとりごと」(12回連載)
1995年1月22日号~1999年12月1日号 「何を見ても何かを思う」(64回連載)
1996年4月16日号~現在 「本だけ眺めて暮らしたい」(連載中)



本だけ眺めて暮らしたい バックナンバー 

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【400】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【399】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【398】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【397】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【396】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【395】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【394】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【393】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【392】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【391】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【390】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【389】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【388】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【387】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【386】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【385】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【384】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【383】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【382】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【381】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【380】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【379】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【378】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【377】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【376】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【375】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【374】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【373】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【372】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【371】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【370】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【369】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【368】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【367】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【366】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【365】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【364】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【363】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【362】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【361】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【360】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【359】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【358】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【357】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【356】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【355】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【354】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【353】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【352】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【351】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【350】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【349】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【348】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【347】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【346】|MK新聞連載記事 - MKメディア

エッセイ「本だけ眺めて暮らしたい」【345】|MK新聞連載記事 - MKメディア