フットハットがゆく【292】「夏目漱石の小説」|MK新聞連載記事